江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
200811 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 200812
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試練の全天候型ライダー (2012/09/08(土) 02:47:12)
di01-01.jpg 全天候型ライダー

前スレッドでふざけて“全天候型”って書いたつもりが、僅か1週間後に試練がやってきました。

9月1日(土) いつもの様に200kmライドで小田原を目指しました。
横浜経由で鎌倉へ。 R134への突き当りとなる滑川のコンビニに入った途端にザーッ!と豪雨

ここに来るまでの間も、空を見ると晴れた所と雨の所がハッキリと分かれており、方角的に鎌倉上空は雨なのかな?と思いながら来たら、本当にこの雨でした。
写真のとおりリタノフはビショビショですが、ごく一部の地域だけ雨が降っているような天候で、雨は一気に降ってすぐに晴れました。

di01-02.jpgご存知のとおり私は雨男ですし、こうして濡れてしまったことで自然と諦めがつきます。 路面が濡れているのも構わず出発しました。 その先は晴れてたお陰で、江の島に着く頃には路面はだいぶ乾いていました。

雨の事はやがて忘れましたが、今回はリアの変速の調子が悪い。 ここ最近、変速のレスポンスが悪くなり、調整をしてもピッタリと合いずらくなってました。 それが今日になって症状が悪化、アジャスターで調整してもすぐに狂ってくるようになってきました。
これは、ワイヤーの固定が緩んでるか、もしくはワイヤーが切れる直前の症状です。 以前ツバメ号でワイヤーが切れたときもこんな状態でした。

この先に“ワイズロード茅ヶ崎”があるけど、とりあえずワイヤーの固定の緩みをチェックしてみて少しの距離を走ってみれば、ワイヤー交換の要否が分かると思い、江の島で停止、ワイヤーを締め直してみました。

シフトの調整をしようとレバーを動かしたら、、、

   ガシャッ! うわわ!!

 
di01-03.jpgワイヤーが切れてしまいました(大汗)

むむむ! ワイズロード茅ヶ崎に着けば解決だったはずなのに、あと8km。 R134でも最もスピードが乗る場所で僅か15分の「あと一歩」という場所なのに、今ここで切れなくてもいいぢゃんか。。 自ら仕事を増やしてしまった感でイッパイ(苦笑)

切れてしまったものは仕方ない。 リアは必然的に10速で固定、フロントをインナーに落とせば、フロント34×リア12の固定ギアの出来上がりです(否応なし) これで茅ヶ崎まで頑張るしかありません。

漕ぎ出しが重い上、チェーンラインが斜めになる為にチェーンワークは心地よくありませんが、32~34km/hで速度を固定して走り続ければ意外と問題なく進みます。 帰宅して検証してみたら、このギア比でケイデンス90だと、32km/hという計算になるんですね。 ナルホド。

di01-04.jpg信号が少ないおかげで、ほどなくしてワイズロード茅ヶ崎に到着しました。 R134を走ってる身にすると、ここにワイズがあるだけでも安心です。 緊急用ですから、ワイヤーのグレードは問わずに105円(シマノ)を購入。

di01-05.jpg前記のツバメ号の時もそうでしたが、切れてしまったシフターのワイヤーを交換するのは非常に大変です。

ワイヤーが正常な状態での交換であれば5~10分程度の簡単な作業で済みます。 しかし、今回のようにワイヤーがシフター部分で切れてしまった場合は、ワイヤーがシフターの中で絡まってしまい、太鼓部分の取り出しに難航します。
今回は30分ほど苦心しましたが、これも用心のために先の細いペンチ(ヤットコくらいの細いやつ)を常備していたからこの作業が出来たわけで、一般的にアーレンキーだけ持ってる程度だとこの作業は困難です。

それにしても。 道具を持ってたとか作業が出来た事を喜ぶよりも、こういう事態にならないようにワイヤーは早期交換しましょう。 原因を作らないことが先決ですネ。

ワイヤーにしても105円。 高級なワイヤーを大事に使い続けるより、安い物でいいから1年に1回、不具合がなくても交換した方がよっぽど快適で安心で安上がりじゃないかって、つくづく思いました。

di01-07.jpg先ほどの通り雨とワイヤーのトラブルで受難の日だと思っていましたが、こんなのはまだ序の口でした。 もしも神様が居るとしたら、『このあたりでライドをヤメて輪行で帰れよ』と親切に教えてくれてたのかもしれません。

このアドバイス?をスルーした結果
雨がザーッと降ってきました again

この先どうしようか?と思いまして(それでも帰る気なし)、ネットで雲の配置を見ると、、、降ってるのはこの近辺だけらしい。 雨が上がって小田原方面へとスタートしました。 もともと私は雨男(雨ネ申)です。

 雨なんか、降りたきゃ好きなだけ降れ

di01-08.jpgdi01-09.jpgdi01-10.jpg

di01-11.jpg西の空を見ると殆どが雨雲で、僅かな隙間?だけ晴れています。 目的地は小田原だし、西に向かえば何かいい事がありそう。(^^)

根拠なき期待は、やはり気のせいでした。 先ほどの晴れた隙間はどこかに消えてしまったし、雨宿りやシフターの修理での足止めの時間が意外に多いところへ雨雲がどっさり。 だんだんと薄暗くなってきて、小田原市に入った頃には再び雨が降り出しました。 ちょっと心細くなる空気です。

江戸川区から来ている私の場合、小田原市の並木あたり(小八幡~酒匂)まで来れば往復で200kmとなります。 帳尻合わせ丸出しですが、天候が悪化するばかりなのでココでUターンとしました。

di01-12.jpg戻っていくうちに日没となり、途中でまた雨が降っては停車したり、、、あたりは真っ暗になりました。
どうも、夜になるとエンジンがかかってくる私、小田原城まで行く事ができなかった腹いせに進路を変え、ちょこっと寄り道する事にしました。

 夜の湘南平

何もこんな時に?というバカげた行動ですが、テンションが上がってしまってまして(笑)

坂を登るのに走りだしたら、またまたザーッと雨。 仕方なく木の下で雨宿り、雨が上がったらスタート地点へ戻って再スタートです。 昨年7月にも来ましたが、この2kmの登坂にて、今回の計測は6秒遅くなってました。 大差ない結果を見ると、遅いなりにもやっぱり自分自身が競争相手なんだって、よく分かりました。

di01-14.jpgdi01-15.jpgdi01-16.jpg

di01-13.jpg以前の記事にも書いたとおり、ココは神奈川県の方々には有名な場所ですが、山の上に設置された電波塔からの景色は絶景でして、「二人の名前を書いて施錠し鍵を捨てると、そのカップルは絶対に別れない」という伝説があり、電波塔の金網やらそこら中に南京錠が沢山かけられています。

公共物に云々という冷めた意見(←当たり前の話なんですが)もありそうですが、電波塔の随所に照明が設置され、常時出入り自由(駐車場もある!)なところを見ると、けっこう容認された事なんでしょうね。

こうして私が訪れてる間にも多くのカップルが居ましたが、雨でずぶ濡れのレーパンを履いたオッサンは明らかに場違いなので、さっさと撮影をして去ることとしました。
(デートスポットには最高ですヨ)

di01-17.jpg

di01-18.jpg距離的には、このままR1で東京に向かうのが近道ですが、信号待ちを考えると多少の遠回りでも進みの速いR134へ。 ただし。 この悪天候は最後にも襲いかかってきまして、R134・七里ガ浜にて長時間の豪雨となりました。

コンビニで雨宿りをしていましたが、同じく雨宿りをしたかった50台ほどの暴走族とコンビニで鉢合わせ。 しばし店内で共存となりましたが、コンビニに入ることさえ出来ない人も多く居たので雨が降る中を出陣!? 雨の中をビショ濡れでカップ麺を食べてた暴走族の若い男に「頑張ってください!」なんて激励されちゃいました、ハハハ

本日の走行距離: 216km
 平均速度:24.7km/h 最高速度:58.4km/h

雨のライド。 自分が濡れるのは殆ど気にならないのですが、荷物が濡れないかとか、帰宅してから自転車の掃除が大変だとか、自分よりも周辺の事で大変です。

こんなんで全天候型ライダーとか言っていいのでしょうか?

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ← 今さら全天候型でもありませんが、再確認でポチッと

コメント
この記事へのコメント
そうですね。全天候型ですね
あとは冬の雪と台風かな。うそです。
全天候型だと思うよ。私は好天候型かな。
2012/09/08(土) 14:17:47 | kaol_supple | URL | [ 編集]

☆ kaol_suppleさん

東京湾1周をして久里浜に上陸したら雪だったというのは有ります。 台風は事前に中止にしてるから、経験ないかも。

いや、真に受けて実体験を語ってる場合でなく、常識的に行動しようという事ですよね。 今度から雨はヤメようかなぁ(うそ) 大人だから、そろそろ行動を見直そうっと(大ウソ)
 
2012/09/09(日) 01:56:28 | ゴードン | URL | [ 編集]

大きく違うような気がする
全天候型というのは、なんかもっとこう違うもののような気がする。

蒸れない高級なレインウェアを装備して、激しい土砂降りでも体は乾いているみたいな。
あるいはまた簡易泥除けをささっと取り出し、自転車に装備とか。

今回のは、雨の中泥だらけになっても試合を続けるラグビーを思い浮かべてしまいました。
2012/09/10(月) 11:22:43 | スターチャンネル | URL | [ 編集]

☆ スタさん

わはは! そんなに違いますか(あいたた・・) カラダが全天候型って事でw

これでも、ちゃんとテクが身についててね。
自分はシューズはもちろんパンツの中までドロドロなんだけど、荷物は殆ど濡れずに済んでるんです。 さすが、ドイターって感じでしょ~ テクは全く無かったりして。。

スタさん。 今度、一緒にシクロクロス・デビューしませんか?(うそ)
 
2012/09/11(火) 23:56:49 | ゴードン | URL | [ 編集]

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。