江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201707 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201709
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
富士山は手ぶらで登れ! (2012/08/01(水) 19:08:05)
dg22-02.jpg中央自動車道を快適ドライブ。 しかも人さまの運転で、こんな有り難い話はないです。(^^)

7月22日(日)
自転車仲間のQさんのお誘いのもと、nabeoさんなかこ~さん、そして私の4名で、富士山へ行ってきました。 自転車は車載!

山梨県側から富士山へ登るルートは富士スバルラインで、毎年6月には自動車を遮断した『Mt.富士ヒルクライム』という自転車競技が行われます
麓(ふもと)から5合目までの全長約24km、標高差約1200m。 走り出したら上りが終わることのない坂ですが、山好きなローディの方に言わせれば初心者向けコースだそうです。 そう言われても、、、私みたいな坂が苦手な者には厳しい上り坂なんですけどね。

dg22-03.jpgそんな富士山へはQさんの運転でアッという間に到着、そのまま富士北麓公園の駐車場へと参りました。 Mt.富士HCが開催されている時は、この場所がスタート会場でテントが沢山設置されている場所ですが、何もやっていない今日はとっても静かで、駐車車両もまばらでした。

林の向こうに富士山がどーん!と見える筈ですが、今日はあいにくの天気。 出発で柴又に集合した時は雨が降っていたし、肝心の富士山も天気悪そうですヨ。 「また雨を降らせやがった!」と責められましたが、どうやら雨男は私だけではなさそうです。 ねっ、なべちゃん!

雨なんか降りたきゃ降れ。 構わずみんなで富士山に向かおう!

 
dg22-04.jpgそこで、本日のマシン! リタノフ!

平地ではツバメ号(カーボン車)もリタノフ(中華アルミ)も大差ありませんが、登りに於いては、リタノフは重量で不利です。 せめてもの抵抗として、装備に工夫をしたいと思います。

登りは汗ダクですが、下山は凍えるくらいに寒いので着替え&防寒の準備が必須です。 富士HCであれば5合目まで荷物を運んでくれて走る事だけに専念できますが、自己計測だと防寒グッズを自分で持たねばなりません。

前回自己計測したときは防寒グッズをリュックに入れましたが、3合目から先は背中にズッシリと来て辛かったです。
今回は、すべての荷物をリタノフに持たせて、自分は何も持たないようにしました。 具体的には、フロントバッグを装着して衣類の一部を。 シートポスト後ろのボトルケージの片方に工具ボックス、片方に衣類を丸めて養生テープで固定(ださっ!) 飲料はフレームのボトルケージへ(ロングライド仕様ですからボトルは3本載ります) ガス(霧)が濃そうなので、QR部にライト装着。

自分の身は軽い。  自転車はいろいろくっついて重い!

  ・・・走れるのかな、これ?

dg22-05.jpgこのスバルラインを走るのはこれで4回目となりますが、毎回のように手を抜く事なく真剣に走っています。
  2009.06 1:59:03 Mt.富士ヒルクライム
  2010.06 1:37:19 Mt.富士ヒルクライム
  2011.06 1:32:06(1:34:56相当) ライトサイクル走行会

Mt.富士ヒルクライムの場合は、料金所500m手前から計測を開始して料金所は通過しますが、自己計測の場合は料金所で通行料(200円)を支払ってからの計測開始なので500m短く、私の速さ(遅さw)だと2分50秒の差となります。 よって、自己計測1:32:06の場合は富士HCで1:34:56相当と読み替えることとします。

富士HCを70分切るとか切らないとか凄い人もいますし、自己ペースで120分とか、人それぞれです。
平地専門の私は体重もそれなりにあって坂は苦手です。 今までのタイムを考えて、富士HCで「ブロンズ入賞」とされる90分切りを目指したいと思います。 料金所スタートだと、87分10秒切りが目標となります。

dg22-06.jpg

dg22-08.jpg料金を支払って一息ついてスタート、、、と思ったら、ありゃりゃ。 皆さん行ってしまった(汗)
気を取り直してスタート。 ハンドルに付けた腕時計のストップウォッチをスタートさせた途端に、気の良い料金所のおじさんが声をかけてくる(笑) 話しかけてくれたら当然返答するわけで、それはそれで楽しいんだけど、、、いつになったら、スタート出来るのやら。。

いざ、富士スバルラインへ。 この先どんなに飛ばしてもスピード違反になる心配は一切ないから、全力で行こう~

dg22-09.jpg走りだすも、やっぱり天候がよろしくない。 nabeoさんも最近雨づいてるらしいから、原因はそのあたりかw
雫が垂れるほどでもないけど、霧雨が舞ってる状態でした。 濡れたくなければさっさと雲の上に出ろ、というものでしょうか。

毎々呪文のように、スタート直後の注意事項。。
1合目下駐車場(料金所から2.9km弱)までは勾配がキツく、そこで体力を使ってしまうと後半のすべてがバテバテになるので心拍を上げないようにゆっくりとウォーミングアップ。 看板を過ぎると平地が現れるので、そこからスピードを上げる。

こうでもしないと最後まで持たないので遅い者なりの作戦なのですが、どうも気が競ってしまって前回記録より30秒早く着いてしまいました(ちょっと息が上がり気味)


dg22-10.jpgdg22-12.jpgdg22-14.jpg

dg22-15.jpgこのスバルライン、今年からは100mおきに5合目までの距離が表示されるようになりました。 1000m毎には斜度も表示されています。

昨年はこんな便利な物は設置されていなかったと思いますが、カウントダウン式というのが憎いですね。 クルマ向けにも作られたものであろうと思いますが、スローに進んでいく自転車にとっても良い目印だと思います。

dg22-16.jpgdg22-17.jpgdg22-18.jpg

dg22-19.jpg肝心の走行ペースですが、思ったより速かったのは最初だけの事で、早くも2合目から遅れ始めてました。

荷物をリタノフに持たせたおかげで昨年のような荷物の苦しみが無かったのですが、今年は自転車ばかりでなく自分自身の体重が重い! タバコをやめたキッカケなのか体重がプラス3kgほどw 自転車を語る前に自分を何とかせい、って感じですね。 真剣に減量しなきゃ。。

遅い原因を自分の中で話し合ってるうちに5合目が近付いてきました

ギョッ! 渋滞!?

5合目の2kmくらい手前から駐車場があり、5合目まで徒歩なりバスに乗るなりするのでしょうか。 途中ではクルマがあまり居なかったのに、5合目がこんなに大盛況だなんて、驚きでした。

あと僅かのところでテンションが下がりましたが、渋滞を避けながらゴールを目指します。

dg22-20.jpgdg22-21.jpgdg22-27.jpg

dg22-23.jpg1時間35分06秒

富士HCコースに換算して98分相当で、前回のツバメ号より3分ほど遅いタイム。 記録が衰退するのは不本意ですが、本当にくやしかったら体重を落としてチャレンジするしかないですね。(一応、2分ほど反省会でした)
しかしま、ゴチャゴチャしたハンドルまわりです、ハハハ

5合目はガスってて、山頂は見えないし下界も見えない。 皆さんと話してるのが唯一の楽しみですが、何をしてても寒いので下山をする事にしました。 荷物を抱えてきた甲斐あって、防寒はバッチリです。

dg22-28.jpgdg22-29.jpgdg22-30.jpg

dg22-32.jpg路面は一部を除いて大体乾いていました。 登るときの景色はゆっくりと進みますが、下山するときはすべての景色があっけなく過ぎていきます。 クルマと同じスピードですから運転に集中すほ他になく、景色は殆ど見ていないかな。

下山の平均速度:45.5km/h。 下り坂だからこそ出せる平均速度ですが、個人TTの平均速度が51km/hを超えてるカンチェラーラは一体何者だ?(笑)

さておき、下山したらオナカが減ったので、Qさん推薦のうどん屋さんでランチ。 最後は、いい歳した男が4人、ギャーギャー騒ぎながら渋滞を抜けて夕方に帰京でした。 素敵な企画をしてくれたQさん、一緒に遊んでくれたnabeoさん、なかこ~さん。 ありがとうございました!

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ← この記事を書くより先に次のライドへ。 雨のライドの次は灼熱ライドですw

コメント
この記事へのコメント
あぁ~、もう忘れちゃったけど...
ブログアップが遅いから、記憶が薄れてきちゃったけど....。
お疲れ様でした。(2週続けて。)

リタノフでこのタイムなら良いじゃないですか。次回は是非ミニベロで!

自分も登坂は2年前がベストだったかなぁ。
最近は自転車に乗っても体重が減らない....、何故だ?
2012/08/01(水) 19:33:15 | なかこ~ | URL | [ 編集]

☆ なかこ~さん

そ、そうだよね(汗) 一昨日、別の場所で会ってるしw

自転車のせいにしてくれて優しい助け舟ですがw、平地だと大差ないから富士山でもそう差はないだろうと思っていました。 でもね、フレームに違いはあってもコンポーネントはほぼ同格だから、有るとしたら重量の差でしょ。

だったら、答えは簡単! なかこ~さん! 一緒にダイエットしよう!!

自分が軽くなれば自転車なんかどれに乗っても同じ。 それでもミニベロは違うでしょ(試す価値アリ)
 
2012/08/01(水) 19:47:50 | ゴードン | URL | [ 編集]

体重も重量も
重そうなリタノフと、下山装備一式を取り付けた状態で35分なら
本番は30分切れると思いますよ。

私はまだ15分切りが出来ず。。。

来年はニューマシンで記録更新を目指します4。
2012/08/02(木) 22:11:54 | らすかる | URL | [ 編集]

☆ らすかるさん

をっ! らすかる師匠! インタマ・ヴァルブレンボで挑むんですね!

1合目まで飛ばすな等々この一連のアドバイスは貴殿から教わったものです。 が。 どう頑張っても90分を切る気配すらない。 それどころか昨年よりタイムが悪いからねぇ~

と、気弱に構えてるわけではありません。 200kmライドの練習はまだまだ続いてます。

5ヶ月前にタバコをやめて3kgくらい太ってしまったので、まずは減量からかな。 こればかりは、ガンガン汗をかいても何故か減らないのだ(自爆)
 
2012/08/03(金) 10:20:29 | ゴードン | URL | [ 編集]

減量ですか
私も現在、減量中。だいぶ痩せました。結局、成果をあげているのは食事療法ですけどね。最近、お会いしていないですが、なんとも親近感がある。
そうだ、先週のBRM728新雛鶴200青葉のブルベで物欲党ジャージの方をみましたよ。
2012/08/04(土) 17:12:44 | kaol_supple | URL | [ 編集]

☆ kaol_suppleさん

親近感だなんて嬉しいです、ホント。
過日のコメント欄に「我々はロングライダー」って書かれてましたけど、これ、けっこう気に入ってます(^^)

この記事では山を登ってますが、本文のとおり登坂は苦手です。 かと言って、ロングライドは得意というわけではありませんが、好きだという事は間違いないです。 センスの有無はこの際無視して、気持ち的に200~230kmクラスのロングライダーだと宣言しときます。 

さて、“BRM728新雛鶴200青葉のブルベ”ですが、それは多分はまちょさんだと思います。
 ブログ → http://ameblo.jp/hmt1969/
彼はクライマー系だと思ってたんですけどね(笑)
 
2012/08/06(月) 02:31:08 | ゴードン | URL | [ 編集]

へ~!富士山行ったんですか~!良いな~?ってあ~!俺も行ったのね~・・・もう昔の事で忘れました!

所で何時 富士山行きます??? (*^_^*) ウシシ

  もちろんミニベロよ!!
2012/08/06(月) 21:35:05 | Q | URL | [ 編集]

☆ Qさん

うわわっ! ミニベロで富士山!?

ハイ、たしかに私、折りたたみ自転車でスバルラインを登るって言いました(大汗)
本当に行くんですか? マジですか? ルイガノで行くんですか?

4時間かかると思いますよ、本当に。。 下りが超コワイっす!

、、、いつ行きますぅ?? 
 
2012/08/08(水) 00:50:12 | ゴードン | URL | [ 編集]

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。