江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201707 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201709
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パンクしないルイガノ (2012/06/10(日) 15:48:06)
de27-31.jpg新車の ルイガノ LGS-POP
あれから荒川を116km走り、ほかに街乗りで少々、合計で160kmくらい走ってきました。

この自転車を買うにあたっては、いろいろと研究をしましたが、折りたたみ自転車といっても千差万別で2万円の物も有り、20万や30万は当たり前、上は100万円とか(驚)
ザッと特徴を挙げると、2万円クラスの物の多くはハンドルが溶接T字の折れそうな物だったり、リアがバンドブレーキ(ママチャリと同じ)、変速が3~7速グリップシフトが主体だったり。
値段が上がるにつれ、Vブレーキ、リア8速以上でトリガーシフター、アヘッドステム、大径チェーンリング、高圧タイヤなど、、、、そして、折りたたみ自転車の多趣味な世界の入口となります。 いかにも、物欲の危険な香りがしますネw 深入りはヤバイっすよ、ホント。

これまでリタノフを弄ってきた私には、KHSのF20系統はアヘッドステム装備だったりして、魅力が満載です。 F20-T(定価77700円)がエントリーモデルですが、こいつをゲットした日にゃ、リタノフみたいに改造しまくりな予感が(汗) うーん、、こいつもヤバイ!

いえいえ、私の趣味はロードバイクですから、折りたたみ自転車に金銭の多くを投じてはいけません(←重要)

df09-02.jpg他の自転車の事はさておき、このルイガノLGS-POPは4万円弱(定価46200)で折りたたみ自転車としては安い部類です。 これでいて、8sカセットでトリガーシフターを装備しているのは、この時点でコストパフォーマンス“◎”だと思います。 小額な出費のくせにロードバイク並みの走りを求めるような法外な要求さえしなければ、これは明らかにお買い得品! お得感は妥協策の上で生まれるものです。

ただし、『やっぱり』というか。 タイヤがショボイです。 近所をちょっと流してくるにはいいけど、遠くへ行くのはちょっとムリだろうね。。 せめて100km、大好きなヨコハマくらいは自走で往復したいな。

現状を見ますと。 左の上下2枚の写真は同じルイガノのタイヤですが、先日の116kmライドを終えた後、上は前輪の様子、下は後輪の様子です。

df09-01.jpg前輪はまだバリが残ってるほどに殆ど磨耗がありませんが、後輪はバリが無くなっただけでなく明らかに減っちゃってます。 自転車は後輪が早く磨耗するものですが、小径車だから負荷の差は歴然なのでしょうか?
ただでさえ後ろ加重なところ、軽いギアでロードバイクみたいな漕ぎ出しをすると自然とウィリーしてしまうので、後輪への負荷はさぞ強烈なのでしょう。

磨耗はともかくとして、この後輪は116km走った際に往路でパンクをしました。

そのパンク箇所はチューブの裏側の1箇所でした。 推測するに、リム打ちパンクか、リムフラップのズレか、そのあたりが原因だったと思います。 少なくとも貫通パンクではなく、装着が悪かったのが原因。
これは事前整備だけで防ぐ事が出来た筈のパンクです。

という事で。 きちんとした整備をし 『そう簡単にパンクしないタイヤ』 を目指したいと思います。 安全にも関わるので、即断で改善ですよ~
df09-03.jpgdf09-04.jpgdf09-05.jpg

df09-06.jpg早速タイヤを外しまして。 現スペックを挙げますと。

純正タイヤは、KENDA・K-WEST 20×1.50(ETRTO:40-406)
純正タイヤの推奨空気圧は、40-65psi チューブは英式バルブ

20インチには406と451があって互換性はまったくない点が要注意です。 KENDA・K-WESTは100psiまで可能な製品もありますが、装着されていたのは65psiの低廉なタイプでした。

リムフラップはゴムシートを15mm幅に切っただけみたいな柔らかい物、引っ張ればすぐに外れる物でした。

先日の120kmライドのときtakaさんが発見したホイールの継ぎ目?で、内部にバリが出ています。 スポーク穴は切断面がガリガリしているし、非常に雑な作りです。

df09-07.jpg現状の酷さと言ったら、ホイールばかりでなく、タイヤのセンターが合わずに走行中に見た目の回転軸がフラフラと動くし、体重がかかってる後輪は回転毎に異音がします。 ママチャリに有りがちな、バルブを踏む音のような気がします。

どう考えても、この足回りは、かなり残念な仕様だ。

でもね、車体の総額を考えればコスパの高い自転車という点には変わりなく、これは想定内の事です。 ただ、足回りは大事な部分です。 速くなくていいから、パンクせず安全に100km走れるタイヤに変身させたいと思います。 超前向き(^^)

最初の一手は、ビニールテープでバリを無くしてあげる所からです(笑) 分解した時にひと目で思い出すよう、白いビニールテープを使う事にします。

リムフラップは頑丈は18mm幅を手配。 タイヤは高圧に対応できる物にして、仏式バルブのチューブに換装する事とします。 もともと英式バルブが装着された大きめな穴なので、バルブスペーサーなる物を併用すれば、もとのホイールは使う事ができます。

タイヤは既に購入済みですが、他がまだ届いていません。 タイヤ交換は次回また。

ローディーな皆さまからは『ホイールを交換しちゃおう』というご意見をいただいてますが、今回ばかりは有る物は極力生かしていきたいので、ホイールはそのまま続行いたします。 現状でハブの具合がイマイチですが、とりあえず現状維持です。

de26-34.jpgそこで注目!(私だけw)
このホイールの特性として、ロードバイクのようなクリックリリース(QR)でない点が重要です。 最近、いろんなフォールディングバイクを見てて思ったのですが、意外にもQRでないのが多い気がします。 実際はどうなんでしょうか?

今や想像さえ出来ませんが、リタノフだって最初はQRじゃなかったんです。 そんな人がパンクしてチューブ交換となると、スパナは必需品です。

自転車の車輪のナットは15mmという場合多く、ペダルも15mmです。 肝心のレンチはセット品では14mmから17mmに飛んでおり、15mmは自転車専用みたいな存在です。

df09-14.jpgdf09-16.jpgdf09-17.jpg

df09-15.jpg長い方は私が気に入って使ってるKTC製のコンビネーションレンチです。 短いほうは、QRでないリタノフ用に持っていた短いコンビネーションレンチで、ダイソーでゲットした物です。

15mmのペダルレンチという自転車専用工具が売られています。 ペダルの着脱部は隙間が少ないため専用工具は薄手なのですが、KTC製のレンチはそれなりに薄手なため問題なく使えます。 ダイソー製の短いのはさらに薄手ですが本体の丈が短すぎてチカラが入らず、固着しがちなペダルには向きません。

しかし、ホイールの着脱にはこの短さでも十分にチカラは入るし、コンパクトで携行に向いています。 出先で緊急にペダル着脱なんてまずないでしょう。 よって、この短いコンビネーションレンチは、QRでない自転車をお持ちの方には是非ともお勧めしたいと思います。

ダイソーではすっかり見かけなくなってしまいましたが、一般売りで『スエカゲツール(SEK) スタビーコンビネーション 15mm』というのが、よく似た商品です。(^^)

 ◎ Amazon:スエカゲツール(SEK) スタビーコンビネーション 15mm
 ◎ Amazon:KTC コンビネーションレンチ (15mm) MS2-15

(予告)次回はタイヤ交換かなぁ~(^^)v


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ← 改造やるって、けっこうワクワクしますヨ

コメント
この記事へのコメント
一応ルイガノの看板入ってる自転車ですからね
もしかしたら、買った先に問い合わせればホイール変えてくれるかもですよ?
でも、こーダメな子をコツコツ改良していくってのも楽しいですよね
出来上がっちゃってる、高級車はする事なくてつまらんもんです(笑)
2012/06/10(日) 16:19:25 | taka | URL | [ 編集]

僕のミニベロも それはもうひどい物でしたが
ハブやBBの当たり調整だけでもかなりの改善がありましたよ

で現行タイヤはお決まりのシュワルベですが
じつはチューブは購入時のままなんです
ただしバルブをダイソーのスーパーバルブに変更してます

結構高圧に耐えられるし、どこでも空気入れられるし、虫ゴムの劣化の心配もなし!
仏式に慣れると、??なとこもありますが、なかなかですよ!
2012/06/10(日) 18:59:42 | けび | URL | [ 編集]

こんばんは。
15mmスパナは100均で購入した物を使っていますよ!(笑)
しかしゴードンさんのエンジンに対して非力な足まわりだったのですね!(爆)
2012/06/12(火) 23:29:24 | kanoka | URL | [ 編集]

☆ takaさん

そうそう、その看板が重要です。
あまり安い品はどっかに歪みがある筈ですが、その点ルイガノと言えば、カナダの一流ブランドです。 いくら廉価とは言っても安全性を損なうような物は作らないと思うんです。 それがブランド力でしょうか。

不具合を問い合わせるのもひとつの手ですが、ハンドル取れちゃったとか致命傷ではないので、このまま自分で手直ししてダメダメちゃんを改良していきます。
 
2012/06/13(水) 20:02:47 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ けびちゃん

あー! そうですよね。 普段はトレックにデュラ履いてるけど、中華ミニベロでしたっけ?
車体はもちろんですが、そのスーパーバルブっていうのがどうしても気になります。

じゃっ! 今度はそのミニベロを見せてくださいませ。 せっかくだから、100kmくらい走ろう~
 
2012/06/13(水) 20:04:51 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ kanokaさん

あひゃっ! 100均の15mmスパナをお持ちですか? ホームセンターでも珍しいのに、意外と廉価な物に15mmが混じっていたりするもんですよね。

ダイソーは品質の良い工具が意外とあって、よく見たりしています。 ただ、同一の品が長続きせずすぐに仕様が変わってしまうのが、少し残念です。
 
2012/06/13(水) 20:05:29 | ゴードン | URL | [ 編集]

最近はのりまわしていますか。ルイガノさんの調子はどうでしょう。
2012/07/01(日) 21:24:25 | kaol_supple | URL | [ 編集]

☆ kaol_suppleさん

ハイ~ いつも気にかけていただいてありがとうございます。
記事は3ネタほどあって、1つはほぼ書き終えているのですが、アップする時間がなくって(汗)

リタノフで200kmも行ってきましたし、ルイガノもタイヤ交換して走ってきました。 ブログは私自身の備忘録でもあるので、そろそろアップしたいと思いますw



2012/07/03(火) 22:36:57 | ゴードン | URL | [ 編集]

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。