江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201709 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201711
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
太陽に近い西湘バイパス (2012/05/26(土) 17:11:56)
de12-02.jpg一昨年10月から毎月欠かさず200kmライドをやってきましたが、3月だけは忙しくて走りに行けず、連続記録が17ヶ月で途切れてしまいました。 まー、仕事の目標がクリアできたから、それはヨシとして。

一方、4月は天候に恵まれ、5回訪れた休日のすべてがライド可能。 5回のライドのうち4回が200km超で4月全体の距離が1040kmとなり単月の自己記録を更新しました。
(めでたし、めでたし)

毎々の200kmは問題ないとしても、これがほぼ毎週となると話は別です。 疲れが取れないとか、キツイのが続くとしてしまうと楽しさが半減したり。 ずっと200kmライドを続けていくには、強弱をつけるべし。
具体策はちゃんとありますので、それは次回以降のスレッドの話とさせていただきます。

de12-01.jpg慢性的に記事が追いついておらず、5月12日(日)

いつもの様に小田原方面への200kmライドですが、今回はノンビリと走ってきました。

大磯でR134から西湘バイパスが分岐し、小田原までずっと海沿いの自動車専用道となります。 同じ大磯から一般道は数百mのR134、その先は少し内陸をR1(=東海道)が並走します。 

冒頭の写真(2枚)は、西湘バイパスが始まってすぐの桁下をくぐった場所にある砂浜で、すぐ西側に大磯港が見えます。
常に海沿いとなる西湘バイパスですが、その海岸はどんな風になっているんだろう?、、、といつも気になっておりまして、今回はその所々を見に行くことにしました。

de12-07.jpgde12-06.jpgde12-05.jpg

de12-03.jpg夏にこの付近を自転車で通ると海水浴をやってるらしき人々が道路から出入りしているのをよく見かけます。 それが海水浴場かどうか私には不明ですが、7・8月などはきっと海岸に人がいっぱい居るんでしょうね。

西湘バイパスの橋桁にはいくつもの壁画が描かれており、色とりどり、かなり目立っています。
最初に見たときは落書きだと思っていましたが、よく見ると落書きにしては絵が上手すぎます。

帰宅してからネットで調べてみたら、大磯町商工会青年部が海岸の美化を目的として、壁画を毎年募集しているそうです。 同団体のブログには壁画ギャラリーがあって、こりゃ面白い! 私が撮影した壁画はつい先日(4月?)に描かれたものの様です。

de12-08.jpgde12-10.jpgde12-09.jpg

de12-13.jpg海岸を出て西湘バイパス沿いに西に進むと大磯港への入口と西湘バイパスの進入路があり、その脇が『太平洋自転車道』の起点となっています。
バイクで入ろうとしている人が居ましたが、自転車と歩行者だけOKでバイクはNGの様ですヨ(笑)

西の方から来たクルマが大磯港へ下りる車路と交差し、橋を渡って自転車道は続きます。

「大磯港」の出口案内板から先(西側)は、昨年9月に自転車で走りました。

自転車道はこの先3kmほど西湘バイパスに隣接して設置され、最後はで砂だらけの駐車場に突っ込んで終わります。 砂を巻き込むと後の掃除が大変なので今回はパス。 R1へ戻り、その先の海岸線を見に行くことにしました。

de12-15.jpgde12-16.jpgde12-17.jpg

de12-18.jpg日が差しているのに雨が降る(狐の嫁入り?)という変な天気だったので二宮駅前のコンビニに退避、雨が上がったら再びR1へと戻り、今度は二宮市内の海岸を見に行ってみました。

二宮のあたりは、住宅地と西湘バイパスの間に護岸と一体化した狭い道があり、それも途中で行き止まりとなっていました。
舗装されてますが自転車道ではなくクルマも通行可能。 クルマが入れとしても生活圏の人だけが使うような感じでして、他所から来た人が気軽に通り抜けるような雰囲気ではありませんでした。

de12-20.jpgde12-21.jpgde12-22.jpg

de12-23.jpgR1を西へ進んで国府津駅の少し手前を左へ、海岸へ下りていく道があります。

ここも同じく護岸と一体化した道で、先ほどの二宮より多少はクルマが走りやすそうですが、やはりここも生活道路の様です。

西湘バイパスの橋桁の向こうには青い海が見えて、ちょっとした穴場のようにも感じます。 というか、その先の森戸川(親木橋交差点付近)に阻まれ、ここも途中で道が終わりました(笑)

de12-26.jpgde12-27.jpgde12-29.jpg

de12-30.jpg見たところどうやら、自転車道は大磯の3km(砂で通りにくい部分もアリ)の他には全くなく、海沿いを通り抜ける道は西湘バイパス以外にありません。 地元の方々の生活に迷惑だから、よそ者はウロウロしない方がいいかも。。

R1の山王橋交差点(小田原IC)を過ぎると小田原市街へと入り、小田原城まで1kmくらいとなります。
このあたりの海岸線近くは高潮(津波)防止の堤防の上を人が歩ける道があるというくらいの静かな場所。 人さまの家の軒先みたいな場所ですし、車止めもあるのでクルマやバイクは通行できません。

海は静かでキレイです。 小田原城近くでは「御幸の浜(みゆきのはま)」と言われています。

de12-33.jpg

de12-34.jpgde12-36.jpgde12-38.jpg

de12-37.jpg最後はやっぱり小田原城

小田原城で見た花ですが、青いほうは「あやめ」と書いてありました。 並んで咲いていた紫色の花は何という花なのでしょう?
(ご存知の方がいらしたらコメ欄で教えてくださいませ)

ゆったり来た小田原。 メーターもゆったりしてて、買ったばかりなのに故障。 相変わらずメーターには恵まれない私ですが、いつも走ってる場所だから距離はほぼ正確(笑)

本日の走行距離は 211km 

今回はゆっくりと来たので、疲れもなくとっても気が楽でした。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ← やっとこさ2週間前の記事をアップしました。 ポチッとネ!
 

コメント
この記事へのコメント
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。