江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201707 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201709
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ci19pd03.jpgこちらはリタノフの新ペダル。

 PD-6700

アルテグラ(ULTEGRA)グレードへ昇格となりました。
数週間前にはゲットしておりましたが、なんとな~く誕生日を過ぎてから装着しようと思い、しばらく装着せずに眺めておりました(^^)

今でもまだ装着せずに眺めているんですが(苦笑)、新品の輝きたるや僅かな期間の事。 傷が無い今のうちに眺めとかないと損なのデス。

リタノフにはスタンドがありませんので、外出時には壁に立てかけるしかありません。 立てかける場所が無い場合は、寝かせて置く、段差にペダルを引っ掛けて立たせる等、この行為だけでペダルは傷だらけになります。

換装の機会ですので、今まで使っていた「傷だらけのペダル」がどれくらい酷いかをご覧いただければ、と。
 

ci19pd08.jpg

ci19pd09.jpgこのめっちゃ傷だらけのペダルは、今まで使用していたPD-5600です。 特に左の傷がスゴイのがお分かりいただけるかと思います。

4年前に購入したものですが、以来、SPD-SLペダルは1個しか持っておらず、ツバメ号とリタノフの2台で1個のペダルを使い回していました。 2台分買えよ、という意見が出そうですねw

そして6月頃の話。 ツバメ号を漕いでいると、クランクの回転と同じタイミングでカチカチと小さな異音が聞こえてきました。 BBあたりが原因と思ってライトサイクルさんに相談したところ、『そういった異音の9割くらいはペダルが原因だ』との事で、その場で潤滑剤を入れるという応急処置をしていただきました。 異音はすっかり消えましたが、後日きちんとしたメンテは必要との事。

ci19pd11.jpgPD-5600は見た目にはボロボロですが壊れてはいません(と思います)

2年半前の事ですが、このPD-5600をライトサイクルさんで分解清掃していただいた事があります。 見本に左側だけメンテをしていただき右は自分でやれという宿題、触発されて工具を揃えまでは良いが、2年半を経て今日という日まで手付かずでした。

工具として、シマノ製TL-PD40、36mm薄型片口スパナ(=ヘッドスパナ)、7mmレンチの3種類が必要です。 加えて、ベアリングをセットする為の先端の尖った千枚通し等。
非常に難しそうな工程がうまくいったとしても、素人には玉押しの加減が難しいはず。 締めすぎてゴリゴリしてはダメだし、締めが甘くてガタガタしてもダメ。。 なんかドキドキするなぁ。。

このたびPD-6700を入手した事だし、現に不調なのだからメンテは必須という事で、近々、分解清掃にチャレンジしたいと思います。

ci19pd05.jpgci19pd06.jpgci19pd07.jpg

ci19pd01.jpgPD-6700は1組・317gで、PD-5600(326g)より9gの軽量化です。

PD-6700とPD-5600では作られた年代(モデル)が違うし、形状も異なります。 少し幅広となった現代のモデル同士で比較してみると、カタログデータ上はPD-6700は314g、PD-5700は322g(いずれも平均重量、クリート70gを除く)となっています。 値としては“ULTEGRA”と“105”で僅か8gほどの差ですが、あの躯体で1円玉8個分ものアルミが削られているのかと思うと、すごい技術な気もします。

なお、SPDペダルのPD-A520は315g。 廉価なわりにあっさりとULTEGRAの重量を割ってしまってます。 なんだかなぁ。。。w

ci19pd10.jpg冒頭に触れましたように、まだ装着せずに眺めているので、取り付けに関するレポは有りません  w
装着自体は、ネジ部にグリスを塗るだけなので3分ほどの作業。 ビンディングの強度調整は走りに出た時にやってみたいと思います。


最後に、リタノフの機器構成です

 ST-6600G (STIレバー)
 BR-6600 (ブレーキ)
 FC-R700 (フロントチェーンホイール)50-34T
 SM-FC6600(ボトムブラケット)
 FD-6600G (フロントディレイラー)
 CS-5600 (カセットスプロケット)12-25T
 RD-6600 (リアディレイラー)
 CN-7801 (チェーン)
 WH-6700 (ホイール)
 PD-6700 (ペダル)

チェーンがDura-Aceでスプロケットが105である以外は、すべてULTEGRAとなりました(^^)v

スプロケット(以下、CS)は、ULTEGRAと105共にニッケルメッキ仕上げで、一般に、ULTEGRAの方が作りが丁寧で表面仕上げも美しいと言われています。

ツバメ号にCS-6600(12-25T)が付いており、登坂用にCS-6700(11-28T)も持っています。 こうしてULTEGRAのCSを手にしてみた上で、個人的には、CS-5600の安っぽいキラキラ感が好みかな。 105が好きだからULTEGRAに変える気なし。 CSが磨り減って使えなくなったら再考しますが、リタノフのフレームが壊れる方が先かも。

ということで。
実に4年半もかかって複数回の改造を重ね

 “アルテグラ・コンプリート (※CS除くw)

となりました。 ウッヒャッヒャッ!

世の中は67アルテ主流だとは言え、かなり調子いいですヨ、リタノフ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ← 温故知新にポチッと。 使い倒したペダルのメンテに燃えちゃってますw
  ♪♪♪
 

コメント
この記事へのコメント
素晴らしい。
こんばんは。19日も午後芦ノ湖にちょっくら行って来ました、びっくりするほど涼しいかったですね~。 今週の24日にはウッズさんつながりの方々と三浦に行く予定です。
しかし、最後の落ちで25万のフレームに交換したは無しですよ(笑)
2011/09/20(火) 20:09:16 | fuji.san | URL | [ 編集]

☆ fuji.sanさん

あひゃっ! 25万のフレームは100%無いです。
フルアルミなリタノフの後釜が有るとしたら、やっぱりフルアルミです。 幸いにして、高い素材はあまり見当たらないのですが、殆どがフレーム売りされていないのが悩みです。

芦ノ湖、押えてますなぁ~
坂ダメな私にとってはなかなか到達できない地です。 距離的な要素よりも高低差という要素は大きなハードルです(苦笑) せっかくですから、箱根ライドを教えてほしいです。

で、24日は三浦ですか。
その日の私は伊豆半島です。 どっかですれ違って、対岸で楽しめますネ(^^)
2011/09/23(金) 00:37:31 | ゴードン | URL | [ 編集]

ペダルの清掃
この記事を読んで、思い出しました。
あまり力を加えていない時には無音なのに、自分の限界近くまで負荷を掛けるような時にだけ、何やら異音が発生。カチ、カチ、カチッという感じで。

BBなのかなぁと心配しつつ、そういえば最近ペダルも掃除していなかったなぁと思い出すことができました。

ところで今回新規購入したことにより、めでたく2台分になりましたね~。新しいのをリタノフに付けて、今までの物はつばめ号とかですか。
2011/09/23(金) 15:40:34 | スターチャンネル | URL | [ 編集]

☆ スタさん

異音については、ほぼ書かれた通りです。 私と同じ症状なんじゃないですか?
ペダルを均等に回してるときは音がなく、踏みが強いとカチカチと音がします。 まるで、ペダリングのテストをされているかのような。
『踏みが禁止されたペダル(笑)』って、いい練習になりますヨ。 体力を消耗せずスピードが上がります。

PD-6700はリタノフ用のつもりですが、ツバメ号で出かけるときは、やっぱりPD-6700に換えてしまうんでしょうね。。

いや、しかし。 外したPD-5600もあなどれません。
現状で、笑っちゃうくらいクルクルと軽快に回ります。 玉当たりが緩んだためにガタが出てるのだと思いますが、メンテさえ上手くいけば、コンディションが上がる可能性だって大いにあります。

近々、ペダルメンテをやりたいと思います。 楽しみッス。
 
2011/09/23(金) 16:01:47 | ゴードン | URL | [ 編集]

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。