江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201705 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 201707
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30回目のロングライドは (2011/08/13(土) 23:55:32)
ch07-16.jpg夏も真っ盛り。 大人になった今でも子供の頃の夏休みの気分は味わいたいもので、たとえ暑くても外に出ないと損をした気分になります。

自転車という趣味を持った私。 人様からは「わざわざこんな炎天下に・・」などと呆れられること多々。 いい歳して母親にも注意される始末です。

でもね。 暑い中を汗だくで走って、涼しい場所を見つけた時の嬉しさは格別。 これこそ、自転車をやっててよかったと思えるひと時です。
冷房の涼しさも有難いですが、自然な風や日陰の“涼(りょう)”は、その嬉しさ倍増です。

8月7日。 “涼”を味わえたのは鎌倉でした。

R134へ頻繁に来ているため、その都度、鎌倉を通ります。 鎌倉に慣れた気がしていますが、よく考えればそれは通過しているだけの事で、鎌倉に何があるかほとんど知りません。

そこで、報国寺。 いつも走る鎌倉街道(=鶴岡八幡宮)から少し東へ反れた場所にあります。

ch07-11.jpg

ch07-09.jpg報国寺は臨済宗建長寺派の禅宗寺院。 本堂裏の竹林が有名です。

ここまで自転車でアスファルトの上を走ってきた身には、竹林の中はやはり涼しく、竹の間から差し込む陽が心地よいです。 それに、何という風情なのでしょう。 やっぱり来てよかった。

昨年9月に来てから11ヶ月ぶりの訪問となりますが、初めて見る景色と2度目の景色の違いがここにありました。 昨年訪問したときは、無数の竹が天に向かって伸びるさまが壮観そのものでした。

2度目の今回。 竹の高さは変わらず壮観ですが、石畳でぐるりと回る竹林は思ったほど広くない場所であることが分かりました。

ch07-10.jpgch07-14.jpgch07-20.jpg

ch07-06.jpg壮観な第一印象だったのに、よく見ればさほど広くない。 これって凄い事だと思います。

狭い場所に茶屋や石灯籠との配置が工夫され、竹は集まり過ぎないくらいの程よい密集度。 秩序をもって間引きされたのでしょう。

どんな意図をもって手入れされているか、私には不明です。 それでも、限られた敷地を無限の地に見せるのは、明らかに計算しつくされた知の結晶なのではないかと、思わされる場所でした。

本堂裏の竹林に限らず、境内全体が石と緑とを融合させる意思を感じさせるものでした。

心が涼しくなるひと時を過ごし、いつもの様に自転車で走りだしました。

ch07-23.jpg

ch07-28.jpg鎌倉を後にし、走行ルートは変わり映え無くR134を西へ。 R1へと入ります。

こちらは大磯。
このあたりはいつもスピードが乗っていますが、大磯町役場のあたりでいつも視界を瞬時に通過してしまう 『太平洋岸自転車道』 という看板があります。 ずっと気になっていたので、今日は看板の矢印方向へ曲がってみることにしました。

ch07-29.jpg実際に来てみると、この通り。

西湘バイパスに沿って、海がよく見える自転車道の様です。 ただ残念なことに、この先が工事中らしい。 おまけに砂だらけ。 まだまだ往路で残り120km以上あるところでチェーンに砂が絡むと始末悪いし、後から自転車の清掃が面倒そうです。 砂だけはパスしたいな。

何百mか先からの自転車道はちゃんと走れる様ですが、どのみちR1へ戻らないといけません。

もともと、自転車道をゆっくり走るよりも、国道でクルマと走ってるほうが好きな私。 一旦R1へ戻って再び自転車道を探すのは気分が乗らなかったし、大磯だったらこの先何度も来るつもりので、またの機会に(をぃをぃ)。 今日のところは見るだけにして、R1で小田原方面へと向かうことにいたしました。

ch07-25.jpgch07-26.jpgch07-27.jpg

ch07-30.jpg大磯の町をフラリとしたところで、ご当地マンホールです。

海をバックに、町の木:クロマツ、 町の花:サザンカ、 町の鳥:カモメ がデザインされています。
この中で「町の鳥:カモメ」というのがありますが、この大磯町では町の鳥が2種いて、「アオバト」という綺麗な鳥も2番目の町の鳥とされています。

アオバトは渡り鳥で、8~9月頃にピークを迎えるようです(今が見頃らしい)。 大磯ロングビーチ付近の海で観察できる様なので、近々見に行ってみたいと思います。
 ■2012.07訂正:アオバトは季節により日本国内を移動しますが渡り鳥ではありません■

ch07-33.jpgこの日、真鶴まで走るもつりでしたが、小田原に着いた頃にはこの日は少しバテ気味。 このまま帰れば200kmは超えるし、無理をしてもくたばるだけ。 ちょっと休憩をしてからこのまま帰ることにしました。

ch07-36.jpg何人かのブログでは“ガリナシ(ガリガリ君・ナシ味)”が流行っている様です。 私も、ナシ味&ソーダ味と共に食しましたが、今回は「つぶつぶラムネがおいしいコーラバー」という長い名前のアイスにしてみました。 氷系のアイスは美味しいねぇ~

ch07-42.jpg小田原の人気のない海で休憩、これから帰ろうとしている方向を見るとドンヨリ雲。 天気が悪そうなので急いで帰路につきましたが、残念ながら大磯から雨が降り始めました。 江ノ島で少し雨宿りをしましたが、派手に濡れるほどでもない軽い雨でした。

しかし、その頃の横浜では凄い雨だったそうで、本格的な雨雲は私の頭上には来なかった様です。 ウッシッシ

走行距離: 213km
  平均速度:24.6km/h  最高速度:55.4km/h


続けてきた200kmライドは、今回で30回目となりました(※佐渡ロングライド3回、200km未踏2回を含む)。
それらの多くは神奈川県で、R134経由が全体の半分くらいです。 特に最近は小田原方面を目指す比率が上がってきました。

こんな私でも30回も走れば200kmライドには慣れてきましたが、それでも200kmは短い距離ではありませんので毎々のように達成感があります。 本当に楽しいので、ずっと続けていきたいと思います。

最後に雨に降られつつ、今回も楽しい&楽しい200kmライドでした。



ch07-01.jpg最後に、番外編。 相変わらず記事を書くのに1週間かかっているので、当事者の方々は忘れてしまってるかも(汗)

8月7日の朝、横浜方面に向かう途中の江戸川橋でふと目に飛び込んできたのが物欲党ジャージ。

誰だ?と思う瞬間さえないくらい、青いAnchorというよりシルエットで一発で分かりますがな(笑) つゆ監督、普段からよく会うから顔は見慣れてるし、今日は今日で偶然にしちゃ出来すぎじゃね?というくらいビックリしました。 もちろん、待ち合わせなんぞしておりません。 出会う運命なのネンw


ch07-04.jpg都内イベントの“東京アースライド”に参加するというのは元々聞いておりました。 ということで、気ままライドな私、待ち合わせ場所(浜松町)を襲撃。

masakingさん、おはよぅ! 前輪でオシリを突っつく前に気付かれました(残念) 本日お初なのは、Dさん、たきちゃん。
『ヨロシクお願いします』と言うや間もなく私は失礼しちゃいました。 この後にヒカルロボさんも合流したそうで、もうちょっと待ってればよかったな。。

偶然の出会いとは続くもので、前日(6日)は江戸川CRでQさんと。 自転車の世界は、こんな大きなフィールドに居ながら、仲間との距離は近いもんですネ。 なんか、とっても楽しい土日でした(^^)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ← また31回目に向けて、ポチッとくださ~い
 ♪♪♪


コメント
この記事へのコメント
うん、確かに某監督のシルエットは1km先からでも分かる( ̄▽ ̄;)
自転車やってるといろんな所で知人と出会いますよね。
そーゆー偶然も楽しみの一つですよね!
2011/08/15(月) 15:33:35 | masaking | URL | [ 編集]

☆ Mきんぐさん

そそ(⌒▽⌒) ずっと遠くからでも分かる。
富士山の4合目で偶然?会ったときも分かったし~

イベントに出れば必ずと言っていいほど知人に会うし、道端で偶然というのもこうやってあるし、それについて行くとMきんぐさんもw
仲間との近さが嬉しいです。 自転車は楽しいッス~
 
2011/08/15(月) 19:02:24 | ゴードン | URL | [ 編集]

こらーーー

俺様のチャーミングな後姿がなんだってー

2011/08/15(月) 19:39:51 | 某監督 | URL | [ 編集]

☆ つ○監督

毎々私のブログにご出演いただき、ありがとうございます~(^^)v
2011/08/15(月) 21:11:58 | ゴードン | URL | [ 編集]

鎌倉
そうですかー。鎌倉は通過点なんですか~。

私は鎌倉を目的地にして行ってみたいです。
だから鎌倉まで行ったら、帰って来ちゃう。

あの砂らだけの自転車道は、入った瞬間に落車した人がいます。
結構深いみたいですよ。
2011/08/16(火) 15:35:14 | スターチャンネル | URL | [ 編集]

☆ スタさん

ロングライドに行くと、自分自身でも最も遠い場所に注目しがちですが、その途中には良い景色や癒される場所が数知れずあります。
とは知りつつ、ついつい距離を伸ばしたくなってしまいますw

太平洋岸自転車道もそうですし、R134に沿っての自転車道もあります。 他の自転車や歩行者への配慮が必要な上に砂とか考えると、どうしても国道に逃げがちなんですヨ~
 
2011/08/17(水) 09:23:42 | ゴードン | URL | [ 編集]

どうも最近、遠くへ行くとマンホール見てしまうのよね。
一体だれがデザイン考えるんでしょうね?
メーカー側なのか?はたまたご当地ごとに?
センスが違うようなきがするんですよね~
あ、自転車の話じゃないですが…(; ̄O ̄)
2011/08/20(土) 19:56:01 | Ryu | URL | [ 編集]

☆ Ryuさん

そそっ、最近ンホール写真見せてくれるもんね。(^^) まさか、興味持つ人が身近に居るとは、笑える。。

地域の特色を知るには近道だと思っているんですが、デザインのセンスが違うというのは、そう言われると確かにその通りだと思います。

こんな面白いマンホール蓋をやってるのは下水道(汚水・雨水)関連なのですが、これは全国的な範囲なのかな(未確認です)

まー、たまには自転車以外の話でw  そうだっ! 東京マラソンの当選、おめでとう!!

 
2011/08/21(日) 01:42:56 | ゴードン | URL | [ 編集]

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。