江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201709 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201711
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チキン野郎のバーテープ (2011/06/15(水) 03:46:35)
cf12-07.jpgリタノフは自分でいじっているけど、ツバメ号に関しては基本ショップ任せ。

・・と豪語したいところですが、現実には、自分では出来ない部分や精度を要する部分だけをお任せし、リタノフ同様に自己メンテナンスです。。

限られた予算の中ではやはり自分でメンテナンスを行わないといけないし、そうそうショップに往復している時間もない。 走行前点検や日頃のメンテナンスも然り。 そうでないと最善の状態は保てないかとも思います。

そんなツバメ号(Vellum Verve)は2008年2月に購入して、間もなく3年半になろうとしています。

ここでついに バーテープが擦り切れ 、 ブラケットカバーに穴 があいてしまいました。
 
cf12-03.jpg自転車のパーツの中では目立って消耗品であるバーテープですが、このOGKのバーテープは、白いのに汚れないし摩耗にも強い。 よくぞ3年半も持ったものだと、すごく感心しちゃいます。

満足がいくほど天寿を全うしたので、ここで交換する事にしました。

当ブログにご訪問いただいている皆さまはご存知のように、私は改造が好きなくせして、バーテープ巻きが苦手です。 リタノフでも失敗の繰り返しで、キレイに巻けた記憶がないw
ここぞツバメ号についてはショップ任せにしたいのや山々ですが、それではいつまで経っても進歩がないので、意を決して自分でやる事にしました。

では行きますよっ! バーテープ&ブラケットカバー交換。

 
cf12-08.jpgcf12-09.jpgcf12-10.jpg

cf12-11.jpg納車時にライトサイクルさんで巻いてもらって、3年半一切崩れることの無かったバーテープ。 かなりキッチリした巻き方だと素に思います。 ある意味、これは芸術。

幸いにして現物は目の前に有る。 これを真似て、同じように巻けば失敗はしないだろう?

そこで、 バーテープを剥がす作業の終始を記録する事にしました。 貼るときはこれを逆に辿ってけばヨイ。 今後のため、備忘録にもなるし。 ウッシッシ

ていうか。 どんだけ小心者なんだよ? チキン?

cf12-12.jpgcf12-13.jpgcf12-14.jpg

cf12-16.jpgバーテープを剥がす作業。 記録を開始。

ふむふむ。 付属の化粧テープを貼る前に、ビニールテープを巻いてバーテープを固定しておくのが一般的な方法です。
しかし、ツバメ号ではここに普通のビニールテープではなく、OGKの化粧テープと同じく艶消しのテープを使っていました。 恐るべし裏技。

テープ末端は斜めにカットしてあって、先ほどの艶消しテープは貼り終えたバーテープの端をピッタリ隠す位置に合わせており、ハンドル本体にはかかっていません。

ブラケットを通過する部分が一番の勝負所です。 下ハン部分から均等に巻いてきて、いかにブラケットのギリギリを通すかが難しいのです。。
 
cf12-17.jpgcf12-18.jpgcf12-19.jpg

cf12-22.jpgバーテープ裏面の両面テープ部分は、らせん状に巻いたテープの末端に沿って貼ってます。 説明書の「1/3重ねる」というのはこの要領を指しているのでしょうか。

カーブ部分にはコツがいりますが、広い方を基準に1/3重ね、狭い方は多めに重なるくらいが適切な様です。

バーエンド部は斜めにカットせず、テープが半分弱飛び出るくらいにしておくと、エンドキャップが入りやすいです。

 
cf12-23.jpgcf12-24.jpgcf12-25.jpg

cf12-26.jpgツボはこれだっ! ブラケット裏側の目隠し。 テープを巻く前に、予め切って取っておくのはいわば常識ですが、貼り方にコツが要ります。

長さを合わせた上、外側はブラケット金具の上め、内側は真ん中近くに若干斜め気味に貼ってあげると、うまく目隠しができます。
両面テープが残ってしまった箇所を見ると、少し斜めになってるのが分かります)

この貼り方がうまくいかないと、バーテープを巻き終わったときにハンドルの地が見えてしまいます。 現に私。 片方は失敗してハンドルの地がチラリと見えています(内緒ですよ)
 
cf12-27.jpgcf12-28.jpgcf12-29.jpg

cf12-30.jpg素人主催の料理レシピみたいですが、これにて、チキンの備忘録・出来上がり!?(嬉)

バーテープを剥がした後は、そこら中に残ってしまった両面粘着テープをキレイにしないといけません。

ハンドルの表面に残留した糊をキレイに剥がすには、シーサーバー(スキー滑走面のワックス取り)を使用すると簡単にできます。 自転車用品ではありませんが、これならば樹脂を痛めないし、念のため最後に水拭きしとけば完璧です。

拭きあげて、ハンドルがピカピカです。
 
cf12-31.jpgcf12-32.jpgcf12-33.jpg

cf12-37.jpgこのハンドル。 今まではハンドルの殆どの部分にバーテープが巻かれていたので見えていませんでしたが、上ハンの裏側にワイヤーを通す溝が通っており、バーテープを巻かなくてもワイヤーハンドル内に固定することができます。
リタノフのハンドルにも同じ様な溝があります

上ハン部分が平らに仕上げてあり、ここに手を添えると、向かい風で腕の開きをコンパクトにしたい時や、登坂で上ハンをグイグイ引きたい時などに重宝します。

今回からはリタノフと同様に、バーテープを短めにして上ハンをじかに持てるように仕上げたいと思います。

cf12-40.jpg続いて、ブラケットカバーの交換です。

今まで使用していたのが黒。 新しいのが赤。

特に赤に変えたかったのではありませんが、ツバメ号のシフターは microSHIFT-ARSIS(マイクロシフト・アルシス)という3本レバーの珍しい品でして、殆ど流通していません。

3年前はプロトタイプだったと思いますが、今でこそ FELT と KHS の完成車の一部にインストールされるようになりました。 そこで、やっと入手出来たのが赤いブラケットカバーでした。

最初見た時はギョッとしましたが、入手困難だし面白そうなので使ってみる事にしました。

cf12-39.jpgcf12-41.jpgcf12-42.jpg

cf12-43.jpgブラケットカバーを交換するのは、思いもよらず大変です。

ハンドルからブラケットごと外すだけでなく、ブレーキワイヤーを全て抜かないと出来ないことが判明。 ワイヤーを抜くにはキャリパー側の末端を切り落とさないといけないからワイヤーが短くなってしまいます。 必然的にワイヤー交換となります。

、、、風が吹けば桶屋が儲かる、、、と同じ仕組みの話っぽいけど。

あぁぁぁ、面倒くせぇぇ、、、 手は油だらけになるし。。

ブレーキワイヤーの予備は1本だけ持ってました(2本必要)が、そもそもワイヤーを交換した方が良い時期です。 ワイヤーを通すには潤滑等をきちんとやりたいので別作業と割り切り、今回は短くなってしまったワイヤーを無理矢理固定してしまいました。
 
cf12-52.jpg先ほどのバーテープを外したのと逆の要領で、丁寧にバーテープを巻き、作業が完了しました。

予定通り、上ハンはむき出し仕様です。

バーテープがうまく巻けたかって? 、、、、んまぁ、次回は上手く巻こうと思ってます、ハイ(汗)

完成したツバメ号ですが、、、、どうもイメージが変わってしまった気がしてならない。 白地に赤いのがニョキッと出てるのって。。 これはツバメじゃなくて?
 
cf12-62.jpg
 
cf12-57.jpgcf12-58.jpgcf12-59.jpg

cf12-60.jpg ツバメ号 改め ニワトリ号!? コケッ

チキン野郎だからニワトリ? 黄色いリタノフはヒヨコ号?

ニワトリって飛べないけど、地面をバタバタさせて走ると、けっこう速いんですヨ。 あのロッキーでさえニワトリを捕まえるのが大変だったくらい、スゴイ奴です。

戦闘的な色に仕上がるつもりが、緊張感の無い色になっちゃいました。。

次の日曜日、ライトサイクルさん主催で富士スバルラインを登ってきま~す。 もちろん、ニワトリ号で。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ← 一応、ツバメ号と呼んでやってくださいませ
 ♪♪♪ 

コメント
この記事へのコメント
ニワトリ万歳
「VELLUM」のロゴを「CHIKIN」にしてみては?
2011/06/15(水) 20:16:47 | らすかる | URL | [ 編集]

自分で巻いたんですね~~偉いです!
直にユルユルと緩んで来てもそこは愛嬌です
2011/06/15(水) 21:15:03 | ちか太郎 | URL | [ 編集]

最近使ってるfizikのバーテープも良いですよ
赤のブラケットカバーカッコいい~
言われてみれば鶏にも見えますね(笑)
2011/06/15(水) 21:50:52 | taka | URL | [ 編集]

むふふっ、色のセンスはさておいて。
ネーミングのセンスはさすがです。
ニワトリ号&ヒヨコ号でいきましょう~
2011/06/17(金) 15:39:51 | つゆつゆ | URL | [ 編集]

☆ らすかるさん

チキンって、、、しかもローマ字ですか?
せめて、“NIWA-TORI”くらいにして欲Cぃです。 リタノフは“Hi-Yokko”で。
2011/06/18(土) 15:09:37 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ ちか太郎さん

失敗してバーテープの無駄を出すくらいならショップに任せて工賃を支払った方が良い結果は生まれます。
下手だからといつまでも逃げてるわけに自分でやりましたが、正直、逃げたい気分ですヨ。。
2011/06/18(土) 15:10:09 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ takaさん

fizikですか。 そろそろリタノフのバーテープを探さないといけないので、昨日Y'sに行ったついでにfizikの実物を見てきました。 種類が多くて、takaさんがどれの事を言ってるのか分からなかったです、ハハハ 薄手のやつに特徴がありましたけど。
2011/06/18(土) 15:11:01 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ つゆつゆさん

色のセンスをさておいてしまうのですか(少しくらいは褒めようヨ)
次の記事から本当にニワトリ号と書いてしまいそうです。 本当にニワトリ色です。
2011/06/18(土) 15:11:43 | ゴードン | URL | [ 編集]

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。