江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201707 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201709
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
芽吹きの花見川 (2011/03/26(土) 03:12:52)
cc20a-01.jpgここ暫く、神奈川をはじめ南の方へ走ることが多かったです。

考えてみれば、自転車で行動できる狭い範囲で地球規模の緯度を気にしたところで気温なんて変わりはしませんが、寒さが苦手な私にとっては、冬場に北へ向かう事自体が精神的にキツイのです。

そんな3月20日。 そろそろ暖かくなったので、いつものメンバーに会いたくなり声をかけてみました。
前日の夕方にもなって「明朝7時半、柴又に集合!」と、しかもたった1通の携帯メールに宛名を並べるだけという、手抜き・身勝手・無礼な声かけに応じてくれたのが、つゆつゆ監督Qたろうさんtakaさんmasakingさんの4方でした。 ありがたや~

cc20a-03.jpg集合場所は江戸川CR・柴又にある寅さん記念館。

70km先にある古河まで走って“桃まつり”の往復140kmへ行きたかったのですが、この日は夕方から雨の天気予報だったので提案さえせずにヤメ。 集まった皆さまに意見をお聞きし、手賀沼へ向けて走る事になりました。

江戸川CRは菜の花で土手が黄色く染まり始めていました。 去年走った感じでは、このまま関宿へ北上すると菜の花が異様なまでにビッシリと咲き乱れているであろうと思われます。 綺麗なのを通り越して異様なまでの数なんですけどネ。。 

今日は菜の花ライドへは行かず、CRから途中で降りて(しかも階段でw)流山へ入っていきました。

cc20a-04.jpgここは流山市。 早速ですが、マイブームなご当地マンホールです。

市の花である“つつじ”が描かれています。 つつじ柄が3つ同時に拝める場所も発見しました。 ちょっとお得な気分です(^^)

街を抜け、何故か階段が多いコースですが、ほどなくして手賀沼に到着しました。 私にとっては2回目の手賀沼です。

江戸川区に住む私にとって広いサイクルロードといえば荒川CRですが、手賀沼のCRはさらに広く快適です。 練習走行をしているローディが多いのも頷けます。


cc20a-07.jpgcc20a-08.jpgcc20a-09.jpg

cc20a-10.jpg言いだしっぺのくせに道順を理解しておらず、すっかり皆さまにオマカセしてますが、皆さまの口からは「印旛沼」と聞こえてきます。 ハイ、ハイ。 印旛沼でも何処でも行きますヨ~

ご当地マンホール・Part.2
通りがかりで見つけた、印西市のマンホールです。 市の花である“コスモス”がデザインされています

cc20a-11.jpg

cc20a-13.jpgcc20a-14.jpgcc20a-15.jpg

cc20a-16.jpg道をまるで分かっていない私は連れられるがまま、あれま&あれまで印旛沼に到着しました。

先ほどから、“手賀沼”“印旛沼”って沼が続いていますが、“沼”って何だろう?
調べてみると諸説がありますが、概ね「水深5m以内の透明度が低い沈水植物(水草)の生育する水域」とされている様です。
子供の頃は、「ハマったら沈んで二度と出られない池」みたいに誤解していました。


cc20a-17.jpgご当地マンホール・Part.3

印旛沼のマンホールですが、前記の「印旛沼捷水路」をデザインしたものです。

帰宅してから写真整理してて、景色が美しくて偶然にシャッターを押した上の写真とそっくりな情景なの自分で驚きました。w

いかんぜん連れらてただけの身なので、それが「印旛沼捷水路」だったのかどうかも不明です(すみません)

cc20a-18.jpgcc20a-19.jpgcc20a-21.jpg

cc20a-22.jpg通りがかりの「ファーマーマーケット・グリーブ」という施設(ドライブインっぽい)の中のうどん屋さんでランチ。

太麺と細麺が選べる(または合盛)ので太麺を選んだら、なんと、極太なうどんがきました。 ラザニアでも食べてるのか?というくらいで笑えるうどんです。

、、、ごちそうさまでした。 皆さまには細麺か合盛をおすすめいたします(笑)

cc20a-32.jpgみんなが目指していたのが、この風車です。

 本格的オランダ風車・リーフデ

“本格的”とか“高級”とか本場物を思わせる言葉にめっぽう弱い世代である我々の心をくすぐるネーミングです。(風車の説明

記念撮影をしている我々に対し、スタッフのお兄さんが風車について丁寧に説明してくれました。
風量により風車に張る帆の枚数を調整でき、背面外側に取り付けられた5本の腕を歯車で転がすことで風車上部は360度回転し風向きに合わせることが可能。 羽根と可動部が10tもあるので、正反対に向けようとすると手作業で30分ほどかかるって。

風向きが安定しているオランダならではの風車であって、風向きがコロコロ変わる日本の気候に風車は向いていないそうです。

cc20a-36.jpg印旛沼を後にし、印旛沼放水路(印旛疏水路/新川)へと入ります。

利根川水系により利根川が増水すると印旛沼周辺が水害となるのを防ぐべく東京湾へ水を逃がすように造られた放水路で、下流へ向かうと途中から自然河川の花見川へ続きます。

これが噂に聞く花見川サイクリング道路か(^^)v

一部に未舗装路があるので一般道へ出たりして自転車道は一貫していないのですが、自転車に乗るようになってから一度走ってみたかったので、ちょっとした感激です。

途中で桜並木があり、少し咲き始めていました。 1~2週間して来たら、すごく綺麗なんでしょうね。

cc20a-39.jpg

cc20a-47.jpg懲りもせず、ご当地マンホール・Part.4

いろいろな行政区を通るとその分だけマンホールもある、収穫の多い日?

こちらは千葉市。
市の鳥:コアジサシ 市の花:オオガハス 市の木:ケヤキ がデザインされています。 雨水と汚水は共通のデザイン、小さいサイズの物もありました。

CRにマンホールは有りませんが、未舗装路などで一般道を抜けるときに走りながら地面ばかり見ていました。
下の左のマンホールは無数にあったものの、同デザインのカラーは1つしか見つけられませんでした。 カラーを見つけると無性に嬉しいです。

cc20a-45.jpgcc20a-44.jpgcc20a-41.jpg

cc20a-48.jpg千葉市内で一部一般道を通りつつ再び花見川CRに戻り、河口まで出てきました。 何処へ出掛けても、それが自転車であってもクルマや電車であっても、海に出る景色は嬉しいです。

cc20a-49.jpg

cc20a-52.jpg

cc20a-51.jpg海沿いの橋を一旦くぐり、ぐるりと回って橋の上に出ると、海がパ~ッと広がって見えます。

私が通ったときがちょうど海がキラキラ見えた時間。 この場所はもう少し遅い時間になると夕日がキレイなのでしょう。 最高のデートスポットなのかもしれない。 橋の手摺には沢山の文字が・・・!

この夕日を見ながら愛を誓ったのでしょう。 なんかグッとくるなぁ。。

と言いたいのですが、、、非常に残念な景色です。

悪質なイタズラと何ら変わりない。 過去の落書きが消された跡は、次の人が書きやすい為に掃除した跡ではない。 来年も再来年も、わざわざ銀色のマジックを買って書きに来るのか。
過去にも鎌倉・報国寺の竹林に刻まれた落書きを見て非常に腹が立ちました。 それに、文化財や建造物に愛する人の名で恥をさらしてはいけません。 本当に愛してるなら、そして再び訪れたら、今度は別の形で表現しようよ。。 ねっ!

それでも、ココは素晴らしいロケーションです。 天気が良い日の夕方に、好きな人と一緒に行ってみてくださいね > 皆さま(^^)

cc20a-53.jpg

cc20a-55.jpg稲毛海岸、幕張の地を抜け、R357経由で帰路へつきます。

つゆつゆ監督はR357が嫌だということ途中離脱しのんびりご帰宅w Qたろうさんははぐれたのをいい事に、江戸川CRへエスケープしちゃいました(ずるいぞ)

私は、takaさんとmasakingさん(またこの2人かよ・汗)と共にシゴキのような走りで江戸川はアッという間に通過し、汗だくで荒川CR(葛西)まで車道の爆走となりました。 車道走行は交通ルールですが、クルマと同じスピードで走れなんて頼んだ覚えはないんですけどね。。

cc20a-59.jpgこの爆走コンビも車道ではクルマ並みの走りですが、CRに入れば周囲と同スピードですから、私にも楽チンです。 荒川CRに入ってホッとしました。

雨が降るかもしれないので古河までの往復140kmはヤメ、、、と冒頭に書きましたが、そんなモノではありませんでした。
、CR主体でゆったりした走行ながら走行距離は140kmを越え、最後のR357で体はガタガタになりました。

走行距離: 148km  むしろ多い!?  平均速度:22.2km/h 最高速度:56.8km/h

前日になって突発で決めたサイクリング、楽しかったッス。 皆さま、ありがとうございました(^^)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ←ポチッと押して春をお呼びください(^^)

コメント
この記事へのコメント
おぉ~手賀沼CRに上陸したんですか!!
私はいつも手賀沼CR周辺を走っているので
他のブロガーさんの記事で見るとなんだか不思議な気分です笑
この階段のところはちょっと遠回りすると降りずに行けるコースがあるんですよ~。
ともあれここは道幅が広くて走りやすいですよね(^O^)

私も印旛沼の風車にこないだ行ってきました!
かなりド迫力ですよね。
2011/03/26(土) 04:09:52 | yum36 | URL | [ 編集]

次回は
マンホール撮影、続いているんですね。
花見川CRは、そこがCRと知らずに一度だけほんの短い距離を走り、次には花見川CRの上に架かる橋をただ通り過ぎ・・・

しばらくしてから、そこが花見川CRであることを知ったときはショックでした。走ってみたいものです。
2011/03/26(土) 20:23:44 | スターチャンネル | URL | [ 編集]

☆ yum36さん

そうです、手賀沼です。
yum36さんのホームグランドを荒らして参りましたww

しかし、本文に書いたとおりで、独りで手賀沼へ行けと言われても喋りながら走ってて道はまるで覚えていない始末です。 あと3回くらい行けば覚えるかも?? それまでは階段で担ぎますw
 
2011/03/28(月) 01:47:20 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ スターチャンネルさん

マンホール、続いてますよ~
行く先&行く先で撮影したいですが、私が通過する行政区は数が知れているので、次は何のシリーズをやろうかと思ってます。 何にしようかねぃぃ。。

花見川CRは「これが花見川CRだ!」って確認してこなかったんですか? そりゃ勿体ない。
そろそろ桜の季節だし、いっちょ、行ってみてくださいマセ。
 
2011/03/28(月) 01:51:34 | ゴードン | URL | [ 編集]

お疲れ様でした~

なんか最近過大評価されすぎてます、わし。
あちらこちらのblogでmasakingにシゴかれた~、とか
虐められた~、とか書かれてますwww

本当のいじめっ子は・・・takaさんかと・・・
2011/03/28(月) 17:55:06 | masaking | URL | [ 編集]

☆ masakingさん

わわわっ! 虐めっこが来たっっ!!
過大評価なんかしてませんってば、、、普通に走ろうと言ってるだけですっ(爆)

大問題は、つゆ監督。
決してペースを合わせる事なく数百mも後方に鎮座し、用件があるとtakaさんを伝令に寄こすとは、、、こっちもまた罪深き人。。
有り得ない事に、今回は「あのQさん」がまともに見えました。

厳しく指導するための反省会やる必要がありますね。。
 
2011/03/28(月) 18:37:53 | ゴードン | URL | [ 編集]

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。