江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201705 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 201707
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くじらに乗ってヨコハマ (2010/11/30(火) 23:58:30)
yk22-14.jpg11月27日(土) ~前スレッドからの続き~

三浦半島1周・200km走を企てていたMuirwoodsさんに途中までご一緒させていただき、横浜の手前(約40km)で離脱しました。 私はそのままみなとみらい(MM)へ。 位置的にはMuirwoodsさんが離脱していったという方が自然でしょうか。

今月に入って、自転車で3回横浜に来ています。 しかも3週連続。 なんか、ヨコハマって好きなんですヨ。 日本の地でありながら異国の文化と融合できている独特な空気がヨイ。 沿岸もヨイし、坂を上がった先にある港の見える丘公園や山手あたりはますますヨイ。

ここのところ続けている200kmほどの長距離を走るとき、必ずと言っていいほど、最後にヨコハマを抜けて帰ります。 生まれた地でも育った地でもないのに、帰ってくると何故かホッとする景色。 東京まで繋がってる気がする街です。

yk22-15.jpgロングライドなら横浜を通過してどこかへ出掛けていくところですが、今回はヨコハマをぶらぶらするだけの為に来ました。

MMだけでも行きたい所は沢山ありますし、他にも色々行きたい。 しかし、知識の無い者がただやみくもに動き回っても迷うのが関の山。 ある程度目的を絞って何回かに分けて訪問するのがベターに思います。

そこで今回は大桟橋(おおさんばし)近辺に絞ってリタノフで散策する事にしました。 大桟橋の近くには、前スレッドで予告した“K・Q・J”があります。

   ing   ueen   ack

トランプの絵札がヨコハマの街に。

リタノフに乗って、いざヨコハマ。 絵札を探せ。

 
yk22-19.jpg ジャックの塔

横浜市開港記念会館。 竣工:1917年(大正6年)6月
横浜の開港50周年を記念して市民からの寄付金をもとに建設された建物です。

横浜三塔と言われるうちのひとつがジャックの塔。 昔まだ建物も多くなかった頃、横浜港に入港してくる船の目印ともなっており、外国人船員がトランプのカードに例えて名付けた愛称が、横浜三塔として今でも親しまれています。

このジャックの塔は、細身でシャープな感じを受けます。

 yk22-20.jpg

yk22-21.jpg キングの塔

神奈川県庁本庁舎。 竣工:1928年(昭和3年)10月

1923年(大正12年)の関東大震災で前県庁舎が焼失し再建、洋風の鉄筋コンクリートに和風の瓦を模した帝冠様式の建造物。

ジャックの塔から目と鼻の先の近さ。 威風堂々とした重厚さがあります。

海へと臨む東側の通り(=キングの塔の正面かな?)では歩道に座って絵を描いている人やカメラを持って撮影している人が多く居て、人々を寄せる魅力を醸し出した街の一角でもありました。 なんか素敵な風景ですねー

 yk22-23.jpg

yk22-24.jpgyk22-25.jpgyk22-29.jpg
 
yk22-31.jpgキングの塔からクイーンの塔へも近いのですが、そのまま進んではあっけないので少し遠回りしてみました。 萬国橋からランドマークタワーを眺め、横浜ワールドポーターズ、赤レンガ倉庫の前を通りました。 そして。

 クイーンの塔

横浜税関。 竣工:1934年(昭和9年)3月

キングの塔と同じく関東大震災で倒壊、税関業務自体は別の建物で代用できていたものの、失業者救済のための土木事業として税関の庁舎が建設されることになったそうです。

イスラム寺院を連想させる緑青色のドームを有する塔は当初は47mの計画でしたが、『日本の表玄関たる国際港横浜の税関の庁舎なら県庁より高くすべき』との意見から51mに変更されました。 大桟橋を正面にするよう、塔を中心に建造されています。

yk22-33.jpgたしかに、海(港)に対して目立つように建てられており、キング・ジャックとは異質な配色で、ベージュの壁面は優美なイメージ。 美しくあってこそクイーンなのでしょうか。

いえいえ、素人の私にはこれが歴史的建造物とも思えず、これがクイーンだと指さして言われなければさっぱり分からない。 昭和初期の男尊女卑な世界、女性に対してはいい加減だったのか?と思ってしまいました。 なんて、美的センスの無い男だ?(私がこう言ったのは内緒ですヨ)
 
yk22-35.jpg
 
yk22-37.jpgクイーンの塔を後にすると、すぐそばには

 大桟橋  (おおさんばし)

遠くからでもよく見えるほどに大きな客船が横付けされており、先ほどから海を見るたびに気になっていました。
 
yk22-32.jpgその名は

 飛鳥II  めっちゃ豪華!

巨大なホテルが海に浮かぶ図は、話には聞いていたけど実際に現物を見るとぶったまげモン。 これ、乗り物でしょ? ウチのマンションより何倍もドデカイですよぉ~!
 
yk22-38.jpg
 
yk22-42.jpgお嫁さんだぁ~! 、、って騒ぐ歳でもありませんが、大桟橋で挙式なんて洒落てる! この船に乗ってふたりの世界へ旅立っていこうというのか。 素敵ですねー!

大桟橋はその形状が変則的な建物。 クネクネと登る小路を奥へと歩いてみましょう。 なぜ、こんなヒネくれた形をしてるんだろう?

挙式の後片付けちう。。 雨ネ申には、屋外の挙式は無理な計画か。 雨に濡れても挙式は出来るでないかぃ

yk22-41.jpgyk22-43.jpgyk22-44.jpg
yk22-53.jpgyk22-47.jpgyk22-45.jpg
 
yk22-54.jpgヒネくれた建物。 なだらかに大きな波を打ったかのようなウッドデッキの屋上を持つ大桟橋は、一般公募で「くじらのせなか」という愛称がつけられています。 全体を見渡すと、本当にくじらに見えます。

うっひゃ! イルカに乗った少年ならいいけど、くじらに乗ったオッサンなんて到底素敵とは言えんだろ。

くじらの背中の頂点にあたる部分からの眺望が良く、ここから横浜三塔を同時に見る事ができます。

そっか。 入港する船から見た人がK・Q・Jを名付けたのだから、大桟橋から三塔すべてが見えて当然と言えば当然?

ウッドデッキ上には横浜三塔が大きく描かれてます。

yk22-58.jpgしかしデスヨ。 今は飛鳥IIが停泊しているから、クイーンの塔は船のあっち側。

この船、あまりにも大きすぎだ。。
クイーンが見えないから、どいてくれよ。
 
yk22-50.jpg
 
yk22-59.jpg途中から斜めに降りていくヒネくれた通路を発見。 ビンディングシューズを履いてウッドデッキの下り坂は滑りそうだ。 偉くもないのに「威張った歩き方」になってしまいます。

ヒネくれた下り通路を抜けると、階下の広大なイベントホールに出ます。 くじらのオナカとでも言いそう? ここは平らでヒネくれていません。w

クイーンに立ちはだかるように停泊している飛鳥IIを含め、大桟橋に入港する船の紹介などがありました。 端の窓際に売店やレストランがありますが、大半はこのホールが占めており、人は沢山いても全体に静かな落ち着いた場所でした。

大桟橋。 建物全体がヒネくれていましたが、ノンビリするにはいい場所でした。

自転車は持ち込めず、入口スロープ手前の駐輪場に置く必要があります。 自転車で行く場合は、厳重なキーロックを持参される事をお勧めいたします。 ビンディングシューズで転ばないように気をつけてくださいマセ。
 
yk22-64.jpg大桟橋を出て東へ。
横浜の人でなくても分かるというくらいに有名な山下公園があります。 このゾーンだけでも見る場所が沢山ありますが、まずはマリンタワーでしょうか。
 
yk22-66.jpg
 
yk22-67.jpgタワー系の建物では普通の事ですが、全体の大きさの割に施設が少ない。 アッという間に見終わってしまうのは、東京タワーでも同じ事。

タワーの一覧表っぽいパネルが有ったので見てみると。。。 スカイツリーがまだ無い。 建設中だからかな。 そもそも、“全日本タワー協議会”という存在を初めて聞きました。 聞いたことのないタワーが紹介されています。

yk22-73.jpg
 
yk22-70.jpg今日の締めくくりに、山下公園

目の前には氷川丸、さっきまでいたヒネくれた大桟橋や視界を遮る豪華客船もよく見えます。

前の海から後ろの陸までいろいろな物が見えて、特に高さもないのに色々な眺望があって楽しい。 横浜の街はここを中心に作られているのでは?と思ってしまうのが山下公園。 ってゆーか、それしか知らないからね、、私。w

夜から仕事があり、そろそろ現実の世界に戻らないといけない。 もっと居たかったけど、また次回からということで出発。

楽しかった!ヨコハマ  またフラリと来よう。
 
yk22-68.jpgいま、ヨコハマがますます楽しい。

横浜が主目的であっても通過点であっても、自転車でどれくらい来たか、このブログを遡ってみました。 この2年間で今回を含め17回ほど来ていました。

全体数は特に多くないのですが、その半分以上がこの半年以内に集中していました。 最近の行動がヨコハマ中心になってるのが自分でも分かります。

  2010.11.27 横浜三塔巡り(今回)
  2010.11.21 横浜までお見送り(記事後半)
  2010.11.13 横須賀&平塚 208km
  2010.10.16 小田原往復 213km
  2010.10.02 シーパラ 140km
  2010.09.12 江の島しらす丼(輪行あり)
  2010.09.05 二宮往復 194km
  2010.08.21 東京湾1周 222km
  2010.07.09 三崎港往復 211km
  2010.05.01 三浦半島1周クリア 212km
  2010.04.11 三浦半島ほぼ1周 190km
  2009.12.12 逗子マリーナ(輪行あり)
  2009.10.31 横須賀(輪行あり)
  2009.07.20 シーパラ(輪行あり)
  2009.07.05 港の見える丘公園(輪行あり)
  2008.12.12 赤レンガ&山下公園
  2008.11.09 ベイブリッジ&東扇島(MM未到達)
 
yk22-74.jpgせっせとリタノフを漕ぎ、東京へ戻ったのは夕方でした。 夏ならばまだ明るい時間帯かもしれませんが、冬は日没が早い。

写真は日本橋クレド。 いつも夜遅くに通るので静かな街も、少し早目に通ると街が活気づいています。 ヨコハマもいいけど、東京もやっぱりいいなぁ~ 地元ですから(^^)

楽しいヨコハマ。 前夜になって突然思い立つという行動が多い私には、片道2時間半~3時間程度のこの距離が心地よい。

都心を抜けてヨコハマ。 次は何処へ探索に行こうかな~

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ← 100kmチョイしか走ってません、次回は200km行きますのでポチッと!

コメント
この記事へのコメント
横浜は風情がありますよね
僕も横浜はよく行きますが、「K・Q・J」は知りませんでした。 そんな由緒ある建物がまだあるんですね。

相変わらず、飛んでる鳥の撮影上手ですねぇ!!

ご自宅着が17時過ぎくらいですか?
僕は帰路の横浜通過が17時くらいでしたね。

横浜観光(?)お疲れ様でした!

5日は、よろしくお願いします!!

2010/12/01(水) 21:07:58 | Muirwoods | URL | [ 編集]

☆ Muirwoodsさん

実は。 R15で帰るときにMuirwoodsさんにどっかで会うんじゃないかと思って走っていました。 16時すぎくらいに横浜を出て、とにかく飛ばした&飛ばしたで、江戸川区に自宅まで2時間ジャストでした。
(私の普通のペースで2時間半~3時間くらいかかります)

横浜から三浦半島をぐるりと回ってきたMuirwoodsさんに再び横浜で会ってしまったら、いかに横浜でダラダラしていたかが露見してしまって非常に恥ずかしいので、できれば会いたくなかったってのが本音です(爆) 夜の仕事のアポが入ってなかったらもう少し横浜に居たでしょうから、R15で会ってたはずですw

かもめの写真ですが、やはり偶然の産物です。 と言ってもウソっぽいですよね。

私、学生の頃は鉄道の写真を撮ってまして、それも駅のホームではなく、走ってる電車が相手です。 当時のカメラ(ニコンF3等)はピントが手動だったのですが、今のカメラは安物のコンパクトデジカメです。
電車と違って、カモメはランダムに飛びます。 それなりの撮影方法はありますが、意外と難しいんですよ~w ピントはピッタリだけど構図が気に入らないとか、その逆もしかり。 何枚も撮ったうちの1枚ですが、今回のはピントがイマイチです(汗)

5日のポタまであと3日を切りましたね。 また一緒に走れるのがウレシイです。
 
2010/12/03(金) 01:29:06 | ゴードン | URL | [ 編集]

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。