江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201703 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 201705
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お安い自転車、求む (2010/11/24(水) 00:28:42)
pn2125.jpgここのところ出揃ってきた2011年モデル。 円高というキッカケなのか、グッと価格が下がった感じがします。

私にとって最もセンセーショナルだったのが“DE ROSA R848”でした。 あの高価なデローザが、フルカーボン完成車にして30万円を切るなんて。 聞くところによると、生産や製品輸送のコンセプトを変えた結果だそうですが、こういったものが身近になるのは嬉しい事です。 それにしても、R848、カッコいいなぁ~

これに示すように、各メーカーとも充実したのは“完成車20万円台”のロードバイク。

うぅ。。 残念ながら、今の私には殆ど関係ない世界。 ツバメ号があるし、今の課題はリタノフなのです。

pn2266a.jpgママチャリ並みだったリタノフをULTEGRA等で改造してきました。 フルカーボンで軽量、速く快適なツバメ号とまではいきませんが、リタノフだってイッパシなロードバイクの乗り味近くまで仕上げたつもり。 リタノフ元来のガチガチ感が好きで、100km程度だとツバメ号よりもリタノフの方が面白いくらい。 リタノフなら、200kmだって走れちゃいます。

しかし、所詮は元の作りが雑なリタノフ。 ヘッドチューブの緩み、シートステーの左右の歪み(後輪のセンター位置ずれ)、RDハンガー穴の緩み、その他細部に問題があり、そう長く使える感じがしません。 遠からず『フレームだけ交換』という日が来そうで、常にオワリを覚悟して乗ってる気持ちが拭えません。

それならば、考え方を変えよう。
気に入ってる物をヤメた上にお金を使って代用品を得る、というのはいかにも損した感が多い。 自らすすんで動いた方が何倍も楽しいではないか。

今回のお題はリタノフの後釜の 「お楽しみのフレーム」 です。 素人によるバーチャルな話ゆえ、自転車選びの参考にはなりません。 それでもよければ、続きをご覧くださいませ。

pn2188.jpgリタノフでこれだけ楽しんだんだから、またリタノフにすれば? と考えた事もありました。 リタノフのように廉価(同時に低品質)なナンチャッテ・ロードは他にもあります。

廉価ロードに高級パーツを装着するという変態的な楽しみ方も悪くはないが、リタノフをバラして弄れば弄るほど、細部のひとつひとつに「数か月でも動きさえすればそれでいい」とさえ思えるような製造者・販売者のいい加減さを感じます。

改造は自己責任である事に相違ありませんが、同じやるなら、メーカーの看板を背負った最低限の安全は守られている土俵でするものだと、強く思いました。

前提論はこのへんで終わり。 どんなロードバイクを選びたいか。

 ○ フルアルミで廉価
 ○ 自転車誌に掲載される程度のメーカー(ブランド)
 ○ メジャーな物より、できればマイナーな物
 ○ フレーム単体がベスト、完成車でも廉価なら可
 ○ 各部(コラム径、エンド幅等)が標準的なロードバイクの規格
 ○ RDハンガーが交換可である
 ○ ホリゾンタルが理想、スローピングであっても浅め
 ○ スタイルや色が気に入ったもの(これ、かなり重要w)
 ○ 信頼できるプロショップで購入する(さらに重要)

カーボンがどうの、レース仕様がどうの等の「こだわり」はありません。 「楽しく乗れればそれでいい」という程度のものが主体です。

条件内で調べた範囲から、見た目が好みなのだけを抜き出してみました。

fr2202.jpg

fr2201.jpgFausto Coppi(ファウスト・コッピ)Daiamond (製品サイト

フレーム(アルミ/カーボンバック)+カーボンフォークで 129,150円。 シマノ、カンパ共に完成車があります。

フレーム単体の写真ではRDハンガーがフレーム一体型のように見えます。
リタノフのRDハンガーはネジ山がアウト寸前なので、ここが使えなくなっただけでフレーム自体が使い物にならなくなります。 一般的な話、転倒等でRDハンガーが曲損したときはRDハンガーを交換することでフレームが生き延びます。 それほどに、RDハンガー交換の可否は重要チェックポイントなのです。

fr2203.jpgその点、サイクルモードに行ったときにチェックしたら、実物はRDハンガーはセパレートされていました。
(写真では反対側に銀色のハンガーがチラリと見えます)

サイクルモードで聞いたところでは、比較的柔らかめなフレームだそうです。

ファウストコッピ・ダイヤモンド。 カッコいいロードバイクですが、私はカーボンバックまでは求めておらず、この分お値段もちょっと高いかな。  一応、候補です。

fr2204.jpgBasso Montza(バッソ・モンツァ) (製品サイト

アルミフレームでカーボンバック、TIAGRA完成車で135,450円。

Bassoに乗ってる人をなかなか見たことがない、っていうのが選択の理由(笑)

Anchor・RCS6・Sport(ティアグラ完成車:160,000円/フレーム単体105,000円)に近いものを感じます。 細部までチェックしていないので根拠なき単純比較ですが、モンツァはコストパフォーマンスが高い自転車かと思います。

こんなカッコよくて手頃な高性能アルミ自転車があるのに、何故売れてないのか。 アンカーRCS6の方が断然売れてる気がしますが、比べる事自体が違うのかなぁ。。

よくよく考えたら、前段の2機種は高すぎる! それに、フルアルミという点で、この記事の趣旨からは外れます。 ここいらでフルアルミを。

fr2205.jpgBasso CORAL(バッソ・コーラル) (製品サイト

アルミフレーム+カーボンフォーク+シマノ2300 完成車 86,100円

2010モデルまでは94,290円で、ただでさえ廉価だったのがさらに安くなりました(FCが仕様変更)。 が。 金銭感覚がズレてしまったローディな方々には安く感じるでしょうけど、世間一般からすれば、これでも高級ロードバイクと呼びます。 これが普通の金銭感覚ですよぉ、、覚えておきましょう。w

コンポは2300を中心としてフロントチェーンホイールは48-34T(スギノ)です。 ダブルというのがロードバイクらしいところにアウター48Tはエントリーモデルらしくて扱いやすそう。 最初に買うロードバイクとしてこの自転車に出会いたかったなって思います。(^^)

もしも、「これからロードバイクを始めようと思うけど」と相談を受けたら、価格面を含めてお勧め候補です。 後からコンポも付け替えられそうだしネ。

fr2206.jpgAnchor RA6(アンカー) (製品サイト

アルミフレーム単体:90,000円(105完成車:180,000円/TIAGRA完成車:150,000円)

やっぱり信頼のアンカーでしょうか。 フルアルミのフレーム単体で9万円はちょっと食指が動きますが、フォークは付属されていません。 一方、完成車の場合はフロントフォークがフルカーボンだそうです(コラムもカーボンという意味?)

同じRA6を選ぶなら、完成車の方が価値がありそうな気がします。

このRA6は加速性能を重視したフレームの様ですが、同じ価格帯で、RFA5があります。

fr2207.jpgAnchor RFA5(アンカー) (製品サイト

アルミフレーム単体:90,000円(105完成車:180,000円/TIAGRA完成車:150,000円)

このクニャリとしたフレーム&フォークは、アルミにして快適さを求めたロングライド仕様で、2011モデルでは注目の品の様です。

素人の私レベルで一概には言えませんが、これもRA6同様に完成車ありきという感じがして、フレーム単体で遊ぶには勿体ないかも。

fr2208.jpgBianchi VIA NIRONE7 ALU(ビアンキ・ビアニローネ7) (製品サイト

アルミフレーム+カーボンフォークのSORA完成車で 105,000円。
色は白×赤、青×白、チェレステの3種類。

これ、 めっちゃカッコいい! トップチューブが美しいッス。

しかも、完成車にしては随分と安いんでないかぃ?  ビアンキ、欲しいぃ!!

私の場合は、即座にSORAをULTEGRAに換装してしまうし、カーボンハンドル化してしまいますが(笑)、SORAのままでも十分な性能でしょー  贅沢を言えば、フレーム売りがあるともっと嬉しいかな~

fr2209.jpgOrbea AQUA(オルベア・アクア) (製品サイト

アルミフレーム+カーボンフォーク
フレーム+フォーク:73,500円 SORA完成車:98,700円 TIAGRA完成車:136,500円

オルベアですよ、オルベア! アクアって昔はカーボンバックだったような気がしますが、今はフルアルミです。 私はそれでOKなんですが、この価格帯にしてフレーム売り(+フォーク)があるのがありがたい。 ただ、25,200円を加算するとSORA完成車というのも捨てがたいところです。

うん。 実はこれが候補の一番。 オルベアアクア、大本命!

“Bianchi VIA NIRONE7 ALU”と“Orbea AQUA”だけですっかりテンションが上がってしまいました。

何故アルミフレーム?かと言うと、乗ってる時のカタイ感じが好きなのです。 カーボンもドライ感が好きですが、ちょっと乱暴には扱えないので、好きなようにガシガシ乗るにはアルミフレームへ戻ってきてしまいます。

fr2210.jpgここまで全く話題に出なかったのがクロモリ(鉄)フレーム。

しなやかな乗り味。 フォルムが美しく、ロードバイクらしいロードバイク。 各メーカーで、廉価にて入手しやすいモデルも多数あります。
(例:GIOSのこんなにカッコいいロードが実勢で10万円を大幅に割ってる!)

半年前の事、Anchorの試乗会があったので わりと高級なRNC7(2011モデル・フレーム単体16万円/105完成車24万円)に乗ってみました。 (製品サイト

跨って漕ぎ出した瞬間に、学生の頃乗っていたBSユーラシアを思い出しました。 何とも懐かしい感触だろうか。 これをしなやかさと言うのか(感動!)
しかし、踏んだチカラの伝わり方が自分のイメージ通りではない。 素人の私にもハッキリと分かるくらいフレーム特性が違いました。

今のところ、クロモリの選択肢はなさそう。 やっぱりアルミにしよう。

あ。 これは個人的な好みであって、良し悪しとは全く関係ありません(断じて関係なし)。 くれぐれも誤解なきようお願いします。 クロモリの感触が好きな方は沢山います。



fr2212.jpg最後に番外編。
“チタン・フレームとの出会い” とでも銘打っておきます。

日曜日。 ツルちばの雨でやられたホイールのメンテが出来上がったという連絡をもらっていたので、ライトサイクルさんへ行ったときの事。

店長 『ゴードンさん! 面白い自転車が入ったよ、乗ってみて!』 って差し出したのが、地金が剥きだしの金色がかったチタンフレームのロードバイク。 ほぉ、チタンですか。 私にゃ高くて買えませんがな。。 正直、あまり興味もなかった。

さらに言われました。 『雨男のロードバイクだよ』

なんじゃ、そら?? 雨を降らせる事が出来る私向けだというのか。

fr2214.jpg渡されたのは、まだ名前がついていないロードバイク。 フレームには何にも書いていません。 プロトタイプ?

チタンフレームというものを良く知らない私。 そりゃ見たことはありますが、乗ったことはない。 カメラのボディとかに使うアレでしょ(意味不明w)

見た目には鉄フレームっぽい感じでしょうか。 きっとしなやかな乗り味なのでしょう。 アルミやカーボンのような乾いた感じの乗り味がいいと言ってる私には、ターゲット圏外かな。

店長、ニヤニヤと笑って、乗ってみろと。 ハイ。 乗りましょう、乗った、走った。。

fr2217.jpg うぎゃお!!

ドライな感触、まるでカーボン?? オシリが軽くなった感触。 即座に分かった。 200kmは楽勝で走れるでしょー

 漕いでて笑いが止まらないですよ、ハハハ

カーボンホイールを履いておりSRAM REDをはじめとする軽量パーツで固められている、それを差し引いていない点は書き添えておきますが、こいつの車重は完成状態(ペダルなし)で5.74kg。 チタンでそんなに軽いのが作れるんか。。

※ Vellumのカーボンフレームより若干重い程度らしい
       → ライトサイクル・ブログ 記事1 記事2 

fr2213.jpgfr2215.jpgfr2216.jpg

fr2218.jpgこのチタンロード。 フレーム自体がフルオーダーで、好みの形状に仕上げられる。 各チューブの長さはもちろん、写真のような湾曲したシートステーでなく、ストレートなシートステーが欲しいと言えば、その通りに作れるって。

チタンは形成・修正ができる金属。 表面に傷がついても研磨で元通りになるし、凹み(場合によっては曲損)でも修正ができるという点。 パーツにさえ気を配れば雨でもフレームの腐食は無い。 輪行でガシャガシャに扱っても雨に濡れても平気なのか。 いっそ、通勤でも使っちゃう?w

価格はまだ決まっていないそうですが、チタンフレーム+チタンフォークで20万円は切る設定。 むしろ、カーボンフォークだともっと安いそうです。

今の私には買えない値段なのですが、このカーボンみたいな乗り味に加え、フレーム自体がフルオーダーでフレーム自体がトラブルに強いという点に、目覚める思いでした。 面白いねぇ、これ。



最後の最後。 このスレッドは廉価版のアルミロードのお話。 すべては未知だし、ゲットして初めて分かるものですが、好みの自転車に出会えると楽しいですね~

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ← 買うのはいつの日か? 背中を押すつもりでポチッとw

コメント
この記事へのコメント
CAAD10とか
下手なカーボンより軽いCAAD10とか、もしくはCAAD9はいかがです?クランクをホログラムSLにして、SRAM RED+ZIPP202あたりにすれば、7kg切れるかもとか妄想します(笑)

それはともかくレーシングフレームとしては破格の値段です。
アルミエントリーとかだとCAAD8のSORA完成車とかありますねー。
2010/11/24(水) 02:13:57 | つっきー | URL | [ 編集]

TNIをお忘れでは~
まささんやいっくんが使用しているフレームっす
フレームで三萬位からあるフレーム
アルミも7,000番台だし
最高では?
2010/11/24(水) 07:23:09 | 寝熊まさと | URL | [ 編集]

☆ つっきーさん

そっかー Cannondaleを忘れていました。 私の考えは古いのかもしれませんが、アルミといえばキャノンデールみたいなw

CAAD8 7 SORA ¥99,000
 http://www.cannondale.co.jp/bikes/11/model-1RJ87C.html

国際自転車競技連合(UCI)のルールでは車重は6.8kg以上とされていますが、私たちは競技に出るわけではないので、安全性が確保されていれば、どんなに軽いロードバイクに乗ってもいいわけです。
6kgほどのロードバイクは、普段乗ってる7.2kg(ツバメ号:ペダルなし)より圧倒的に軽く、面白いです。 

SRAM REDを買うだけのお財布があれば。。。w
 
2010/11/24(水) 11:34:13 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ 寝熊まさとさん

TNIですか。 7005MK-Ⅱでしょ? こんなに身近なマサさんやいっくんが持ってるんでよーく知ってます。 忘れるはずがありません。
が。 TNIは最初からスルーです。 聞けば悲しい理由です(ハンカチの用意してね)


マサさんはULTEGRA+105の混成ですよね。 いっくんに至っては、Dura-Aceです。 こんな変態さんが身近に居るのに、今さらULTEGRAを導入したところで、マネッ子以外の何者でもない(猛爆) だからボツ。 どうですか? 子供みたいな理由で涙が出たでしょ?ww

CoppiとかBassoに着目するのは、一種の隙間狙いでもあります、ははは

現状だと、ビアンキかオルベアですけどネ。 カッコいいから。
 
2010/11/24(水) 11:52:40 | ゴードン | URL | [ 編集]

アルミですね!
キネシス=KINESIS ってのもありかも、、。

以下参考サイトです。

http://tamalpais.heteml.jp/blog/?p=1387

値段は26Kあたりらしいです。まじお手頃価格です。

2010/11/26(金) 12:54:47 | trueblue66 | URL | [ 編集]

Kinesis
キネシスのサイトです。

これはアルミフレームです。
http://www.kinesis.com.tw/frames/r250-2006.php

以上参考までに。
2010/11/26(金) 12:59:18 | trueblue66 | URL | [ 編集]

サーベロS1に一票
一見カーボンっぽいけど実はアルミ
重量は1400g位だったかな?

でもゴードンさんは体が大きいから細身フレームで綺麗なホリゾンタルが似合うと思いますね
2010/11/26(金) 16:47:24 | taka | URL | [ 編集]

本日はお付き合い頂きありがとうございました!」
初めて、リタノフ拝見させて頂きましたが。。。。

超変態ですわ(爆)

ここまで変態を極める人は、日本中探しても居ないのでは??

200km走ってきましたよ♪
2010/11/27(土) 21:25:09 | Muirwoods | URL | [ 編集]

☆ trueblue66さん

キネシスですか。 初めて聞きました。

価格26Kにして評判いいみたいですね。 台湾製というのがむしろ信頼がありそうな感じします(ジャイのイメージかな)

入手方法はどんなんでしょ? なかなか気になる存在です。
 
2010/11/28(日) 21:48:54 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ takaさん

サーヴェロはノーマークでした。
だって、高いから(と言ったら話が終わってしまうw)

http://www.eastwood.co.jp/lineup/cervelo/s1.html
S1(178,500円)って、本当にカーボンに見えてアルミなんですね。

http://www.eastwood.co.jp/lineup/cervelo/t1.html
T1ってどーですか? めっちゃTTバイクに見えてアルミ。 お値段は168,000円なりw

http://www.giant.co.jp/giant09/bike_datail.php?p_id=R0206027&action=outline
この路線でいくと、ジャイのFCR1はタチ悪い自転車だと思いませんか? こんなエライ姿をして、129,150円 しかも完成車(笑)
 
2010/11/28(日) 22:07:04 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ Muirwoodsさん

うっひゃ~ リタノフに対する最高の褒め言葉の「変態」の称号をいただき何よりです。

しかし、私のレベルは大した事ありません。 Dura-Aceやカンパの方々。 そして、全塗装という未知なる世界がありまして、それこそ神。 私なんぞはまだ地上から離れておりませんがな。。w
 
2010/11/28(日) 22:10:44 | ゴードン | URL | [ 編集]

T1は
私も最初は良いなと思ったんですが
トラックレーサーですのでピストバイクになります
シングルで坂頑張ってみます?(笑)

FCR1は上野のY'sで実車見ましたが、結構迫力でした
でも、その風貌からゆっくり走るのは許されませんね(^^;)

何気にありますよ、アルミで軽いフレーム
http://bit.ly/gcKOnR
840gってなに?(爆)
でも一応デダパイプ使ってるみたいですね
2010/12/02(木) 12:49:00 | taka | URL | [ 編集]

☆ takaさん

おっと。 やっぱりHARPですか。 目をつけていなかった訳ではないのですが、なんとなく圏外でした。 S-2009 はスカンジウム合金なんですね、だから軽量なんでしょうか。 トップチューブがホリゾンタルなのでしょうか、カッコいいなー

しかし、お値段が(汗) タキザワとは言え、ちょっと手が届かないかも。 A-1600 なら59,800円。 リタノフの後継にピッタリですよん。

サーヴェロT1はトラックレーサーでしたか。 こんなので坂を登れと? takaさん、遠慮なくやっちゃってください。 私は坂の下で見ていますww せっかくなら、DHバー付きで(^^)
 
2010/12/03(金) 02:08:50 | ゴードン | URL | [ 編集]

コメント遅くなりました。
オルベアアクアは私が乗っている2008年モデルまでフルアルミと+Z50というカーボンバックがあったんですよ。フレーム単体重量1600gと最新のハイエンドクラスの2倍もあるんですよ。
2009年モデルから生産拠点がアジアに移り値段が大幅に安くなったけどカーボンバックがなくなりました。
2010/12/03(金) 15:39:25 | ASHIGAL0001 | URL | [ 編集]

 ☆ ASHIGAL0001さん

オルベアアクアはもともと目を付けてました。
ASHIGAL0001さんと最初にお会いした館山自衛隊基地に行ったときにオルベアアクアを見たのを覚えていますが、あれはASHIGAL0001さんのだったんですね(納得) 

フレーム単体1600gはたしかに重そうですネ。 きっとリタノフの方がもっと重いと思います(未計測)が、普段平地を走ってる分にはツバメ号(フルカーボン)との差を大して感じないです。

っていうか、フレームの重さなんて、私には無関係っぽいです。
自分の体重を考えたら、ロードバイク完成車1台分以上を消滅させるだけの「伸びしろ」がココにあります。 減量前から比べると既に1台分は消えていますので、成功すれば2台消滅!? ある意味、スゴイでしょっ?(自爆)
 
2010/12/03(金) 17:23:21 | ゴードン | URL | [ 編集]

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。