江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201707 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201709
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨男のロードバイク (2010/11/08(月) 18:31:19)
pn2126.jpgリタノフのハンドル交換の続き、、といきたいところですが、その前にやらねばならない事がありました。 それは、ツバメ号のメンテナンス。

ツールドちばのStage-1、Stage-2は雨。 パーツクリーナーとチェーンルブは持っていたので、二晩連続、宿でメンテナンスをして3日間を乗り切りましたが、それは応急レベル。 改めてチェックすると自転車は汚れまくり。

皆さまからは「雨男」だとか「雨ネ申」とか笑われていますが、ホントによく降られる気がします。 自分はいくら濡れたところでダメージもなく風呂さえあればOKですが、自転車は人並みにダメージを受けるので、事後のメンテナンスは必須です。

ホイールを外し、付着した泥や砂を落とすべく水洗いから開始。 洗ってるうちに、不具合が見えてきました。 2日も降られりゃこうもなります。

日常ポタなら雨天中止ですが、ツルちばに関しては雨ごときで放棄する気はない。 それは佐渡も同じ。 雨なんぞ、降りたきゃ降れ。

それじゃ。 簡単そうに見えて、かなり面倒な『雨後のメンテナンス』といきましょう。

 
pn2128.jpg最も雨の影響を受けるのはチェーンなのですが、清掃しやすいようにジョイント対応しているチェーンを外すとすぐ、プーリーに異変を発見しました。

ツバメ号のリアディレイラー(RD)はmicroSHIFT-ARSISですが、プーリーは2つともシールドベアリング。

普段は面白いくらいにクルクルと回るのですが、ジャリジャリと動きが悪くなっちゃっています。 こんな小さなパーツでもチェーンの動き全体を大きく左右する点ではリタノフでも立証済みなので、これは何とかしないといけない。

外してみると、回転部に異物(草のようなもの)が挟まっており、砂も噛んでいました。 ベアリングに悪影響がない様に、パーツクリーナをしみこませたウェスでよく拭き、回転部にVT-09(チェーンルブ&潤滑剤)を吹き付け、RDに装着。 元通りクルクルと回るようになりました。

pn2129.jpgフロントチェーンホイール(FC:クランク部)を清掃。

FCを手で回してみる動きがノロノロでした。 最近までは調子よかったので、この雨が原因っぽい。
この近辺は掃除の手が届きにくいばかりか地面に近くて汚れをもろに受けます。 ボトムブラケット(BB:FCの回転部)が詰まってしまったのでしょうか。

BBが原因だとしたら、手間や価格を考えて、いっそ交換してしまうという線が濃厚です。 あー・・・ここで出費やむなしでしょうか(悲)

pn2131.jpgいよいよ、ここがパーツクリーナーの清掃における「いつもの箇所」です
 ○ チェーン
 ○ カセットスプロケット(CS:10段の歯車)
 ○ ホイール(特にリム部)
 ○ ブレーキシュー

ツルちばで応急メンテをしてた時もCSの汚れが落ち切らないので、帰宅して分解清掃しようと思っており、迷うことなく取り外してバラバラにしました。

pn2132.jpgpn2137.jpgpn2130.jpg

pn2133.jpgツルちばで2晩連続でメンテした後、Stage-3は天気がよかったのですが、それでも丁寧にパーツクリーナーをかけると、かなり汚れていました(汗) チェーンは縦方向にパーツクリーナーをかけると、汚れが出るわ出るわ。。。 左の写真だけでも汚れがお分かりかと思いますが、ウェスで拭き取った汚れも含めるとかなりなものです。 

問題はハブ(車輪の中心部/上の3枚目の写真)です。 中心部に細かい砂が入っていました。 パーツクリーナーでやってしまうとグリスが流失してしまうので、ここもクリーナーで湿らせたウェスで清掃しましたが、ちょっとキリがない。

ホイールのハブのメンテは自分では出来ないので、これはショップ依頼の可能性大です。 大事なホイールなので、またもや出費かな(泣) うーん、、、ハブの分解清掃くらい出来るようにならなきゃ。

pn2135.jpgCSの清掃を終え、VT-09で潤滑処理をしてハブに装着。 見た目だけでもキレイになると、非常に気分が良いです。

ホイールのリムの清掃。 フロントホイールのリムは元々擦り減っていましたが、リアのリムは昨年のツルちばで折損したのを修理したため、けっこうキレイなリムでした。
・・・が! リアのリムも減っちゃっていました。 すぐに出費はありませんが、長期的には痛手となります。

リムが減ると同時に、ブレーキシューもかなり減っており、ツルちばの前と後とではブレーキレバーの引きしろが変わってたほどでした。 シューはそのうちに交換として、今はワイヤー調整をしてOKとしました。

pn2134.jpg壊れた、摩耗した、要交換とか、暗い話が続いたので、ここでキレイめな話(笑)

フレーム清掃はチェーンや車輪が外れているときにやり易い。

ここは、いつもの“プレクサス
戦闘機のキャノピーに使用できるというほど、樹脂を痛めない材質のワックス。 クルマのワックスだと樹脂を痛めるものがあるので購入には要注意です。

ウェスに吹き付けてフレームに塗って、少し経ったらサッと拭き取るだけ。 ピカピカになるしフレームがツルツルになって気持ちいいです。

pn2138.jpgワックスを終えたところで、ホイールとチェーンを装着。

チェーンルブを慣らそうと思ってクランクを回転させると、本来は気持ちよく回るはずのチェーンがちょっと重い。 前段にあったBBの渋さとは別でチェーンにガタつきがあります。 回転させてよく見るとチェーンがブレてるし、、、、ひょっとして?

チェッカーで計測すると、チェーンが伸びてしまってるのが判明。

そっか。 チェーン交換したのは1月末。 4月頃から毎月のように200kmクラスの長距離を走り、6月には富士HCだったり、トルクをかけた走りの練習もしてきました。 ツルちばが直接の原因でもなく、単なる交換時期だった様です。 
チェーン伸びを放置するとスプロケットが摩耗しやすくなるので、伸びたチェーンは早急に交換が必要です(汗)
参考:チェーンチェッカーの記事

シマノのチェーンって安い分、交換時期が早い様です。 高価なチェーンを長く使うよりも新しいチェーンを交換しながら使うのが良いと思っていたのですが、よりによって今とは(汗)

pn2139.jpgここまでダラダラとした文を根気良くお読みいただいた方には失礼なのですが、これまでの作業は普段やってる事なので、復習のようなものです(すみません!)

表題には「雨男のロードバイク」とありますが、本当の話題はここからです。 雨で濡らしまくったロードバイクはここまでやらんとダメという話。

前段にあるプーリーのメンテナンスで不明な事があったので、ライトサイクルさんに電話をして方法を相談していました。
その際に店長から『あれだけの雨を走ってスプラッシュ(水しぶき)を直接浴びてるから、ヘッドパーツも清掃した方がいいよ、自分で出来るでしょ?』と言われ、大見栄を切って『大丈夫です』と言ってしまった私。 うっひゃ、バカだ~

たしかに、リタノフやアンジェリーナ号のフロントフォークを交換ましたが、ツバメ号は通常オマカセ姿勢なので、そこまで自分でやった事がありません。
んん、、でもこの際だから挑戦してやってしまおう。 困ったらライトサイクルに持っていけば快く助けてくれるし。 最後には他力本願なのだw

pn2143.jpgpn2144.jpgpn2145.jpg

pn2146.jpgまず、フロントブレーキを根元から外します

コラムを圧縮していたトップ部を外し、ステムを緩めて抜くと、ブレーキとハンドルがワイヤーでぶら下がった状態になります。

ヘッドパーツのグリスの摩擦でフロントフォークがぶら下がってるだけの状態となったところで、ヘッドパーツ上部を外してコラムを軽く手で押すと、フロントフォークがスルリと下に落ちます。

ヘッドパーツのグリスが汚いの何のって。。 触りたくないくらいベトベト。

pn2147.jpg本日の最も困った状態がコレ。 自転車を置くことができず、お向かいの部屋の鉄柵をお借りしました、ご迷惑おかけしてすみませんねぇ。。 片手には一輪車状態のフロントフォークがあるし、手が3~4本ないと出来ませんがな。。

フロントタイヤやフォークを外した状態で固定できるメンテナンススタンドの必要性を強く感じました。 新たな物欲だ(笑) 本格的なメンテナンススタンドでなくても、フレーム下方だけ固定するスタンドがあったかな?
pn2148.jpg下玉の方も、えらい汚い。 ベトベト。。 微妙に錆びっぽい汚れも。

pn2149.jpg下玉押しだけ残った状態。 汚いのはもう見慣れましたが、ギョッとしたのはコラムが濡れていた事。
ある程度密着してるから水なんて漏れないと思っていましたが、洗ったりひっくり返したりしてる間に、ここにも水滴が入ってくるというのが驚きでした。 雨だともっと入っているんだろうなぁ。

コラムのカーボン樹脂やヘッドパーツのベアリング部に悪影響があってはいけないので、ここもパーツクリーナーでウェスを濡らし丁寧に磨きました。 ウェスは真っ黒。 汚れ具合から見て、けっこう砂を呼んでいる感じがしました。 今まで掃除しなかった分までキレイにできたのが嬉しかったです。

pn2150.jpgpn2151.jpgpn2153.jpg

pn2152.jpgせっかくの機会なので、ヘッド部やフロントフォークを観察してみました。

ヘッド部は中までカーボンですが、内部を見ると繊維が細かい事がわかります。 さらに覗くとトップチューブやダウンチューブの付け根が見えて面白い。
フロントフォークもフルカーボン。 コラムの肉厚がガッチリとしているのがVellumのウリなんです。 そこで、重量を計測。

ツバメ号のフロントフォークは421g(下玉押し・アンカー含)

参考までに、その他のフォーク(下玉押し、スターファングル含)は、

pn0486.jpg リタノフに装着のEaston EC70は 484g
 アンジェリーナ号に装着のFELTは 548g
 リタノフ純正鉄フォークは 1097g

pn0487.jpg アンジェリーナ号純正鉄フォーク(白)は 1112g

やっぱりフルカーボンは軽いのかぁ~ それでいて頑丈そうなのが嬉しいです。

pn2157.jpg

重量計測を楽しんだ後は、フロントフォークの装着。 実はちょっと装着順に難航しました。 ハンドルはスムースにと回っていますが、ショップでチェックしたもらった方がいいかも。

これにて、本日分のメンテナンスはオワリです。 ピカピカ。

雨男のロードバイク。 自己メンテナンスの結果、残った課題は以下のとおり。

 ○ BB交換の可能性あり
 ○ ハブ清掃依頼の可能性あり
 ○ チェーン交換・必須
 ○ ブレーキシュー交換(そのうち)
 ○ ヘッドパーツ点検依頼

これ、まさに散財ネタですが、特にチェーンやハブに関してはきちんとメンテナンスをするのが最もお金かからない方法でもあります。

いっぺんに出来ないので、しばらくはリタノフで頑張ります。 バーテープ貼らなきゃですヨ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ←退屈な話を読破したついでにポチッとやってください(^^;

コメント
この記事へのコメント
色々御自分でされてるんですね~。
自分は自転車屋さん丸投げ派wなので、スゴイって
思います。
2010/11/08(月) 22:19:19 | いずも | URL | [ 編集]

リンクの件、快諾していただきありがとうございました!
こんな形のプーリーあるんですね。初めて見ましたv-62

自分の場合ここまでばらしちゃうと、元通りに組み直せそうもないです。笑
2010/11/08(月) 22:46:51 | yum36 | URL | [ 編集]

雨の後
雨の後は掃除が大変ですよね。
私はだいたい単に台所洗剤で洗車して終わりですが、(スプロケもチェーンも)念入りにやるときは、ワコーズのフィルタークリーナーを使っています。
車のエアフィルタ清掃用で、油汚れはハケで塗るだけであっという間に分解します。しかも、水をかけると乳化するので、大量に流さない限り面倒がありません。パーツクリーナーだと、チェーンの油汚れ自体は流れるものの、分解されないのですが、フィルタークリーナーは油そのものを分解してしまいます。
チェーンはチェーンブラシで汚れを落としてから、さらに洗剤で汚れを取ります。キレイになったチェーンはすぐにワコーズのラスペネかクレ556を袋に入れて水分を飛ばします。
スプロケも付けたままでチェーンブラシでこすって、洗剤で洗えばある程度キレイになります。外して歯ブラシでこするよりもお手軽でおすすめです。
ただし、猛烈にくさいです。灯油と同じようなにおいです。
におい以外はワコーズのフィルタークリーナーおすすめです。
2010/11/08(月) 22:53:26 | つっきー | URL | [ 編集]

|ω ̄)え~っと。。。
写真で見る限りではハブというか
フリーの部分の根元あたりのようですが
フリーをはずせばあっさりきれいになります^^

難しくありませんよ♪
シマノはわかりませんが今時の上位グレードは
大体ヘックスではずせるかと。。。
ダメならハブコーンレンチで行けます♪

グリスの流失や劣化、乳化に関してはなんとも言えませんが
シールベアリング、シールドベアリングに関しては
ダメージは少ないと思われますが…
よくシールを引っぺがして中身を見ますが
砂や汚れはシールの中まで入っていませんし^^
拭くよりクリーナーをかけてしまっても大丈夫な気がしますが
これはやり方次第であろうかと。。。

何より小さなパーツであるのに
一番回転する部分であるプーリーなので
グリスうんぬんよりベアリングの磨耗やキズを考えて
やっぱり…
( ̄ω ̄)♪交換がベストであろうかと(爆)
2010/11/08(月) 23:26:21 | rook | URL | [ 編集]

☆ いずもさん

分解とか改造とか大好きですw

でも、自転車によって使い分けています。 この記事に出てくるツバメ号(Vellum)を除く他の自転車はそこら中からパーツを調達しては改造してますが、ツバメ号に関しては掃除は自分でやるものの、せっかくのフルオーダーなのでパーツを含め基本的にショップ任せ、自ら改造をする気もありません。

それが今回はフロントフォークを外すところまで至ったので、自分でもチョイ驚きです。 何ていうか、パンドラの箱を開けてしまった感じw 分解したい病になりそうです、ハハハ
2010/11/09(火) 17:54:23 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ yum36さん

このプーリーはもともとRDに装着されているものですが、面白いくらいにクルクル回るので気に入っています。

本文で「リタノフで立証済み」と書いてあるのが、この記事ですが
  前編 http://roady.blog4.fc2.com/blog-entry-1176.html
  後編 http://roady.blog4.fc2.com/blog-entry-1178.html
同じく穴だらけの軽量プーリーですが、プーリーを交換しただけでビックリするくらいにチェーンの運びが良くなったというものです。

3千円チョイでここまで変貌してしまうのか!というくらい、小さくても重要なパーツです。 無理に改造をお勧めするつもりはありませんが、作業は非常に簡単なので、やっぱりオススメです(笑)
 
2010/11/09(火) 17:54:59 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ つっきーさん

「チェーンを一晩灯油に浸しておく」という話はよく耳にしますが、臭いや灯油の管理が面倒なので、私はパスしています。 エアーフィルターの洗浄剤というのは初耳です。 私の前職(17年も昔w)はホテルマンですが、厨房の換気扇のフィルターの洗浄剤の油の分解パワーには驚かされました。 薬剤に金属フィルターを浸けると、ブツブツと泡が立ってみるみる間に油汚れが浮きだしてくるというものでゴム手袋が必須。 汚れは非常によく落ちるのですがいかにも環境に悪そうな薬剤でした(苦笑)

スプロケットに関しては普段は装着したままパーツクリーナーを使用していますが、今回みたいに本格的に洗いたいときはやはり取り外します。 というのも、ハブ内に洗浄剤が流れ込んでしまうとグリスまで分解しちゃいそうなので、それを避けるためです。 パーツクリーナーで洗ってウェスでゴシゴシ磨く感じです。

チェーン&スプロケの清掃方法は人それぞれ、いろんな方法があるもんですね(感心) 参考にさせていただきます(^^)
 
2010/11/09(火) 17:55:31 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ ( ̄ω ̄)さん

いんや、、、ハブをバラすのは勇気が要ります。 やった事がないので知識ゼロなのですが、私がビビってしまうキーワードは「玉押し」です。 どんな風にやればいいのか、とっても不安。

しかし。 こう言ってても何も進まず永久にショップ任せになっちゃいます。 いきなりデュラってのも何なので、リタノフから取り外したWH-R500かアンジェリーナ号から取り外したSPINFORCEのような低価格な物から一度やってみようと、内心企んでいます。
要は、ハブを分解して古いグリスを洗浄してキレイにしてからグリスと共に玉を並べて蓋をするわけですよね? 言うのは簡単だけどさぁ(大汗)

ついでに、ペダル。 シマノのペダルを分解するための工具(特殊なサイズのレンチ先端)は購入してあります。 ただ、怖くていつまで経ってもやらないままで(笑)

プーリーは、そのうちに派手派手なのに交換しちゃいます。 ( ̄ω ̄)さんに言わせりゃ、セラミック製のベアリングでしょうかww
 
2010/11/09(火) 17:56:02 | ゴードン | URL | [ 編集]

普段はあまり気にしてないけど、プーリーって意外と汚れてるんですよね。
あたくしも先日掃除しました。
そしてまたすぐ汚れる( ̄▽ ̄;)
まぁオールウェザー&アウトドアスポーツですからしょうがないですよね。
2010/11/09(火) 18:25:34 | masaking | URL | [ 編集]

☆ masakingさん

そーですね、プーリーはあんなに小さな歯車にしてチェーンの動きの全てを受け止めてるし、地面からも近い。 汚れるのも頷けます。

本文にあるのは、その中心部の動きの悪さ(詰まり)です。
同じ詰まりでも、クランクなら50歯数ほどの直径の大きさで抵抗も少ないでしょうけど、プーリーはたった11という小さな直径だけに大きな抵抗もかかるわけです。 プーリーの動きが悪いとチェーンワークが非常に重くなるので、ここは放置できない部分かも、、です。

うーん、、masakingさんだと非常に高級なプーリーをつけてそうです(笑) 今度見せてちょっ(^^)
 
2010/11/09(火) 18:37:28 | ゴードン | URL | [ 編集]

ご無沙汰しています
やはり雨の中の走行後のメンテナンスは大事ですよね。
うちはスプロケ掃除する時は細かい所まで綺麗に出来るのでホイールから外しちゃいます。ただ単に分解組み立てが好きなだけかも?
フロントフォークも外して清掃するとは驚きです。うちも外してみようかなぁ・・・


2010/11/10(水) 21:28:42 | a-rou | URL | [ 編集]

☆ a-rouさん

オヒサです~! ツルちばでお会いしたかったですネ

やっぱりスプロケは外しちゃいますか。 私も同じく、分解&組み立てが好きです。 ぜんぜん苦にならないし、隅々どころか裏側までキレイにできるから楽しいです。

フロントフォークですが、本文にあるように物凄く汚れているはずです。 是非、外してやってみてください。 上下にベアリング&玉押しが入ってます。 a-rouさんくらいに慣れていれば、順番さえ間違わなければ大丈夫です(^^)
 
2010/11/11(木) 13:48:01 | ゴードン | URL | [ 編集]

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。