江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201704 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201706
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10tdc040.jpgツールドちば2010 Stage-2(10月10日)

昨日の雨をキレイにしてくつろいだ国民宿舎・サンライズ九十九里。 よく寝て気持ちいい朝。 ハワイ風に言うとオーシャンビューどころか真正面に海が広がるオーシャンフロントの部屋ですが、、、、なんだ! この海は?

雨どころか、こんなに風が吹き荒れて。。 台風ですか?

過去に出た雨の大会で学んだ事は沢山。 雨が降っても濡れるだけの事だ、これが結論。

濡れることは運と思ってあまり気にしていませんが、そもそも大会が中止になったりしないだろうか。 もしくは、決行したとしても、雨の中を進まず渋滞して寒い思いをするのはさすがに凹む。

朝だし、まずスタート地点へ行こう。 意を決してサンライズ九十九里を出発しました。 出て数分後にはビショビショです(笑)

10tdc041.jpg7km走り、Stage-2スタート地点の白子荘へ到着。

「いつものスタート地点」の芝生の広場に自転車を置きに行こうとするも、誰も居ない。

へっ? 中止?? 走る気満々なのに・・

皆さん、別の場所で集合していました。 MC・朝生つぐみさんのブログ記事によると、芝生の広場が水没して、受付・ステージ・スタート地点が変更になったそうです。

移動先の場所(駐車場)にまとまった場所がとれない事情があり、荷物預かりのトラックは通常2~3台で受け付けるところ1台しか待機できず、荷物を預ける参加者で長蛇の列。 荷物を預けてる最中にスタートの合図が出てしまいました。

アリャリャ、出遅れたぁ~!

10tdc042.jpg荷物を終え急いでスタートラインへ走り、ギリギリで25km/hのGグループにつく事ができました。 やっとこさ、ツールドちば2010・Stage-2の始まりです。 フゥ

 
10tdc043.jpg日在浦海浜公園AS(1st/22.9km)

昨年は快晴で海の景色が爽やかだったのをよく覚えていますが、今日は荒れてます。 こんなときに自転車に乗ってる我々は物好きなんじゃないかと思った矢先、海に人がいっぱい! そっか、この人たちは濡れても何ら変わりないのか、羨ましい。

長い列のトイレを終え、補給食をチョッと。 荒れる海を見ながら一服(だからタバコはやめなさいってw)して自転車のところへ戻ると、、、うわっ!   ツバメ号がポツンと。

やられたぁ、、Gグループが行ってしまった。 よく見ると、HグループもIグループも居ない(汗)

何やってんだ、、、おいら  仕方なく、Jグループでスタートです。 ぜってぇ、Gに追いついてやる!

ASを出ると間もなく登り坂の連続。 ペースの速そうな参加者を見つけ、ついていく事に。

この偶然見つけた参加者が今回の私のツールドちば Stage-2 どころか Stage-3 の最後の最後まで影響してくる同志となったのです。 HNが無く偶然にも同じ歳なので、“S君”と名付けておきます(笑)

10tdc045.jpg登り坂でも飛ばすわ、飛ばす! S君速いっす! だけど、途中で疲れちゃうみたいで(笑)前後の位置が変わると、S君が追ってくる。

他の参加者を平坦や下り坂で抜くのはいろいろな意味でNGと思い、登り坂だけが私とS君の遊び場所。

次のASまで19km、登坂や向かい風で頑張りました。 序盤からこんなに飛ばして良いのだろうか? ASの手前でGグループに返り咲き。 頑張った甲斐がありました。

大多喜小学校AS(2nd/41.6km)

降りしきる雨、早くスタートしたい。 ここから先が本日の本番。

偶然にもチーム足軽の杉さんと出会い、互いに雨に濡れて寒いくせに 『テンション上がりまくり』 のフリをしていたら、本当にテンション上がりまくり。 大多喜の山へと臨みました。 距離が離れても時々視界に入ってくるS君との位置関係も、走ってる感がたっぷりでした。


10tdc047.jpg昨年は脚が攣ってストップしてしまった勝浦ダムの激坂もクリア、Fグループに食い込んで次のASに到着しました。

内浦山県民の森AS(3nd/65.6km)

抜いて前に出る事に何を焦ってるのかとお思いの方もいらしゃるでしょう。
このコース構成は、ここまでが登りの連続で、後半は下り坂か平坦しかないのです。 前へ出るガンバリどころはこれで終わり、あとはゴールまでグループ速度で行くのみです。

10tdc050.jpgお弁当タイム! オナカへったし、このあとは下り&平坦でノンビリいきしょう。

それはそうと、雨が激しいし寒いから早く出たい。 サッと食べトイレ(毎回行ってましたw)、一服(だからタバコはやめろって)、ちょうどFグループの指導員さんが出口付近に固まっていたので、出発の支度して車列に並ぶ。

れれっ! やっちまった。 休憩早上がりで、Eグループに繰り上がってしまった。。

昨日もチョンボ。 本日もチョンボ(汗)

もう細かい事を考えるのは面倒(いかにもA型?) 明日のStage-3でベストを尽くそうと、最終日に課題を残してランチ会場を後にしました。

10tdc051.jpg旧和田中学校跡地AS(4th/92.4km)

最後の休憩。 僅かに雨足が弱くなってきました。 これで天気が回復してくるのだろうか。


10tdc053.jpgStage-2終盤の海岸線は気持ちいい。

ツールドちばの全コースの中では、この区間が最も海を感じる場所だと思います。

路面が濡れているので指導員さん(この方も競輪選手ですって!)も飛ばすことなく安全速度で安全な速度でゴール地点である“ちくら潮風王国”を目指します。

最後のASから走ること15km、遂にゴール! 110kmの Stage-2 を無事完走いたしました。

お疲れさまでした~! 皆さま

10tdc055.jpg赤いフレームとオレンジのウィンドブレーカーがS君。
今日は一緒に走ってくれてありがとう。 頑張りたいと思わせてくれる、良い走りでした。

うーん、、ずっと雨だったのが勿体ない。

あとは天気さえ良ければもう少し風を切れたのに

、、、と思ったところで。 おっ!!

10tdc058.jpg

10tdc061.jpgキラリと太陽が!

  ※写真出演は物欲党からtsuneyanさん(左)、足軽から杉さん(右)

ゴール地点でお会いできる仲間、誰の顔を見ても楽しい。
『お疲れさまでした』 『さっき○○で会ったね』 『どこそこの坂が・・・』 『明日は天気いいっすね』 っていう笑顔。

今までのツルちばではこんなのなかったな。 自転車をやってたからこそ知り合えた方々の顔を見るたびにホッとする。 皆さんがいるから自転車が楽しい。

10tdc063.jpg帰ってきたサイスポ誌・岩田編集長。 お疲れさまでした!

サイスポ誌の記事でもお見かけするのが、このDedacciai(デダチャイ)フレーム。 カッコいいですねー

しばらく楽しんでいると、今度は『チャリ部』のお帰りです。 毎年目立っているママチャリの集団。 実は家ではロードバイクを持っている子もいる様ですが、ここではママチャリ限定らしい。 今年からディスクホイール(もどき)が登場ってのは笑えます。

10tdc065.jpg10tdc067.jpg10tdc069.jpg

10tdc071.jpg本日の宿泊は、ゴール地点から6kmほど戻った“かもめ荘”

16畳に6名での相部屋です。

旅館はツルちば参加者で忙しいせいかウェルカム体制は全然ありませんでした(笑)が、宿泊料金の安さの割に朝食までガッツリ系で食事には不自由しない感じ。 自転車も屋内保管させてくれて、サイクリストにや嬉しい宿かも(^^)

10tdc072.jpg夜には玄関前で自転車の整備をし、次の朝。 快晴。

昨年の記事にゼッケン1桁シリーズなんてやっていましたが、ここにも居ました。 ゼッケン0002、ゼッケン2002。

では、皆さん。 今日も頑張りましょう。

快晴の Stage-3 は次スレッドで。(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ←ここまでの雨ネ申の悪行にポチッと。 明日は快晴!
 

コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした!
ゴードンさん、
ツール・ド・ちばの2~3日目で、時折ご一緒させて頂いた"S君"です。会社の同僚に誘われて15年ぶりくらいにサイクリングのイベントに出てみましたが、2日間の大雨だったり、ゴードンさんとの出会いもあったり、非常に想い出に残るイベントになりました。自分自身も結構走れそうなことも分かりましたので、これからも色々とイベントに出てみようかと思います。
今回はかなりクラッシックバイク(約20年前のANTALES)での参加でしたが、次回に向けては少しリニューアルも考えてます。その際にはお知らせしますので、またよろしくお願いします。
2010/10/17(日) 21:00:05 | bunbun | URL | [ 編集]

雨男、いや・・・
正直、あの雨は2009佐渡を超えていましたねwww

さすがは雨のネ申!!

呼ぶものも大物すぎて言葉になりません。
また、最後のサイクリングロードにおける砂交じりの水ごう障害は
すごいを通り越しておもしろかったよ(笑)

次は晴天の1・2日目を走行してみたいねぇ。>本音
2010/10/17(日) 23:19:36 | tsuneyan | URL | [ 編集]

登り坂以外追い越し禁止なんてゴードンさんは参加者の鏡ですね~ 雨さえ降らさなきゃ…
なんて冗談はさておいて我々指導員は登り坂はどうしてもバラけるのでお役目免除なんです。大多喜小学校ののんきにトイレに入っていたら我がVグループが先に行ってしまったので追いかけようとしたら中盤20㎞/時のリーダーがもう一グループつくろうというので30人位を率いて出発本格的な登りがはじまるまでは25㎞/h位で巡航して登りがはじまってからはストレス解消とばかりにペダルを踏む足に力が入り先に行った同じVグループの指導員に追いついた頃に後ろは6人に途中の下りや平坦区間はゆっくり走り(仕事ですから)何度目かの登りを越えた頃には5つ前のグループ指導員のお魚ちゃんをパス後ろをついてくる参加がいるのでこちらも負けられません。勝浦ダムを登って休憩した時には後ろには3人しかいませんでした。ちょっとイタズラしすぎたかな~
その後の平坦区間ではきちんとお仕事をして25㎞/h巡航で最後はサイスポ編集長と一緒にほぼマンツーマンに近い状態でゴールしました。
2010/10/18(月) 23:11:10 | ASHIGAL0001 | URL | [ 編集]

☆ bunbunさん、ようこそ!

“S君”お待ちしてました~! Stage-2から3の最後の最後まで楽しかったですねっ!
結構走れるどころか、日在浦海浜公園ASから登り坂はずっと怒涛の追い上げでしたよ。 頼もしいかぎり。
面白い事に、組んでペースを合わせて走ってるわけでなく、いつの間にか姿が見えなくなったと思ったら、どこからともなく現れる、、みたいな付かず離れずみたいなのがあって、あの雨でもたっぷりと楽しませていただきました。 それでも2日間ともゴールは同時でしたよね。 ほんと、楽しかった。

ANTALESの鉄フレーム+Wレバーというカッコいい自転車でしたが、リニューアルしちゃうんですか? 何をどうするのか、興味アリアリw この先、聞かせてくださいな(^^)

次スレッドでもS君改め、bunbunさんが登場しますので、引き続きよろしくお願いいたします。 これから先もね(^^)
 
2010/10/19(火) 12:09:21 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ tsuneyanさん

雨ネ申、降臨!
ほんと、2009佐渡ロングライドの雨を超えてました。 110kmだったからよかったけど、この雨で佐渡みたいに210kmあったら、かなりヤバかったでしょ~

そうそう。 一昨年(ツルちば2008)も前半は雨に降られているのですが、ツルちばで困るのは砂が上がってる場所が何か所かある事です。 砂が噛むとシューが減るのでなくリムが減ります。 実際、今回もリムが減りました。

まぁ、3日間もあるイベントだから、全部晴れというのも難しいかも。 また来年も走りたいッスね。 その前に、2011佐渡ロングライドの天気はどうでしょうか? めっちゃ不安だ。。。w
 
2010/10/19(火) 12:19:34 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ ASHIGAL0001さん

鏡だなんて照れくさいっす(もう1回言ってちょw)
護送船団方式で周囲にペースを合わせて走っているところへ無用な追い越しをかけるのは、列を成している方々には決していい気分ではないと思いますし、せっかく出会ったツルちばの参加者&スタッフさんで互いに楽しみたいです。 だから、身勝手な行動はNGです。 必然的に隊列が散ってしまう登坂だけが遊び場所ってなります。(^^) マイルールですみません。

そうえいばStage-1で、AS毎に長い休憩をとってはAグループに追いついて割込み、何度も何度も流れを乱していたTTに乗った外人3人組がいたっけなぁ(ボソッ)

指導員の方は、登坂や役割外なんですか。 それは理解できます。 登坂で息を切らして精一杯の指導員さんも居るし、人それぞれ得意分野が違いますもんね。

それにしても、ASHIGAL0001さんの走りは“S”でしょうか? んもう、、指導員同志で競争するわ、まったく困った人だなぁw 次回は、勝浦ダムで最低10人は連れてきましょう、私も勝浦ダムは鬼門なくらいに苦手ですから、私には優しくしてくださいねww

お魚ちゃんも指導員だったんですね。 お魚ちゃんのブログで読んだんだったかな? お魚ちゃん+メイドさんジャージを見れなかったのが、ちょっと残念だーw
 
2010/10/19(火) 14:17:24 | ゴードン | URL | [ 編集]

2日目
何と!!!ゴールで晴れるとは~
知ってましたけどね(^^;)
ママチャリディッシュ凄いですね
鬼っ早でしたか?(笑)

2010/10/19(火) 23:00:52 | taka | URL | [ 編集]

☆ takaさん

ママチャリ軍団!“チャリ部” 私が知る限りでは一昨年からずっとママチャリです。 その前の年にママチャリで走破した人が居たのですが、今は人数で「チャリ部」が有名かな。

あくまでもノーマルなママチャリですから、遅めのペースでしっかりと頑張っていますが、その姿がカッコイイ。 本文でも触れていますが、家ではロードバイクを持っているのにわざわざママチャリで来てる子もいます。

でね。 ちょっと驚いた事が。

、、、この日、同じ子を2回抜いたんです(3回かも?)

どういう意味かというと、、、、『ウサギとカメ』の話をそのまま人間社会に映し出した図式です。

我々ロードバイクがピューッって抜いてASで休憩をしてる間に、チャリ部はせっせと抜いていく、水筒を籠に入れてゆっくりと休まず坂を登っちゃうわけです。
さすがに自転車の性能のおかげ(恥)で、後半は追いつかれることがなくなりましたが、スピードなんかよりも、ひたむきにせっせと漕ぐ者の勝ち。

きっと、takaさんは来年のツルちばに出ると思いますが(笑)、この子達の走りは学ぶ事が多いです。 オーラがありますよ、ホント。
 
2010/10/19(火) 23:39:47 | ゴードン | URL | [ 編集]

bunbunです。

2日間雨だったにも関わらず、この大会、おかげ様で面白かった想いしか残っていません。(つらいことはとっとと忘れる性質なので。。。)
今回のイベントの話を息子(現在中2)にしたところ、自転車さえあれば来年は出る、とのことでした。ちなみにこの息子、今年のJsportsのサイクルロードレースの中継をほとんど見ていて、私より海外レースの状況に詳しいです。
来年はこんな新世代の人間も連れて参加できれば、と思っています。
2010/10/20(水) 01:21:24 | bunbun | URL | [ 編集]

☆ bunbunさん

辛い事は忘れる性質ですか、そりゃいい~!
私、雨はさほど気にしていないのですが、坂は辛かったッス。 特にbunbunさんの追われているとき(笑) 牽いてるのでなく逃げてるんですから(爆)

息子さん、そんなに詳しいんですか。 いいなぁ、素に羨ましいッス。

ウチなんぞ、娘(高1)と息子(中1)に2年前にクロスバイク(Giant Escape R3)を買い与えたバカ親ですし、いざとなったらロードバイクを買い与えそうな大バカ親ですが、本人達は全く興味なし。 結局クロスバイクは私の改造の餌食です。w

来年、親子でガツンときそうですね。 まさか、2台新調? そしたら、私と『バカ親ブラザーズ』結成しましょう~ うはは
 
2010/10/20(水) 02:16:17 | ゴードン | URL | [ 編集]

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。