江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201709 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201711
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェーンの動きが渋いぞ (2010/03/09(火) 23:57:01)
pn1313.jpgチェーンは消耗品ですが、ブレーキのシューやタイヤと違って、見た目での判断が難しいです。

チェーンにとっての消耗とは、削れたり無くなったりする事ではなく、引っ張りの連続によってコマとコマの間が広がってしまう事を指します。
アウターのチェーンリングからつまみ上げて伸び具合を見るとかいう視覚的な確認方法もありますが、できれば、長さきちんとを測るのがベストでしょう。

そこで、チェーンゲージという工具(道具)があります。

チェーンの長さを計測する道具であることは容易に推測できますが、チェーンゲージには色々な形状があり、また、一般的にお値段が高い。 メーカーさんには失礼ですが 「こんな板っきれでこの値段はボッタクリでしょう」 という商品が実に多いです。 きっと、値段を安く出来ないくらい、需要と商品の流通が無いのでしょう。

pn1314.jpg購買意欲がわかない高額商品が多い中、このWippermann(ウィッパーマン、またはワイパーマン)は、2千円強という手に届き易い価格でした。 いや、これでも高いと思うけど、まいいか。

製図のコンパスを思わせる形状ですが、両側に開いた板の端と端をチェーンに挿し込み、その広がり具合でチェーンの伸び具合を計測するという仕組みです。

広がりきらずに緩やかなハの字を描いたらチェーンはOK。 ハの字を描かずにペタンと広がってしまったらチェーン交換というもの。 本来チェーンが求める精度が私には分かりませんので、広がり具合で何%の伸びを指すのか、などという細かい話は省略します。 (省略するものの、あとで自分なりに試してレポしています)

では。 ウチにある自転車で計測してみました。
pn1320.jpg青いのは、息子(小6)のアダムセブン号。 ジャイのESCAPE-R3で殆んど改造していませんが、チェーンだけは交換が必要となり、8s用の銀色チェーン:CN-HG91に交換、使用しています。

チェーンはハの字を示しました、問題なく合格。 オメデトー!

しかし、チェーンがちょっと赤い。 換えてからそう走っていないのですが、息子は雨でも平気で乗ってるので、いくら整備して見た目はキレイにしても、引っ込んだ部分の錆びは取れません。 だからと言って「雨の日は乗るな」と言うケチな事を気もないし、少しばかり赤いのは仕方ないってもんかな。 それより、RDが汚いんので後日清掃しよっと。

pn1315.jpg白いのは、妻&娘(中3)のアンジェリーナ号。 同じくジャイのESCAPE-R3で、私の改造の餌食となってます。

こっちはチェーンを交換してから暫く経つのでチェーンが伸びてしまってるかと思っていました。 しかし、意外にもチェーンは伸びていない。 あまり力走とかしないからでしょうか。 問題なく合格。

アンジェリーナ号は改造が施してある点もあってか、雨では乗りません。 アダムセブン号と違って、こっちは錆びがありません。 キレイなのは嬉しいです。

pn1324.jpgツバメ号。

こいつは先日、伸びてしまったCN-7900を外して、大好きなCN-7801に交換したばっかりです。

チェーンが伸びてるはずもなく合格。 というか、このチェーンの計測結果が「新品」の状態だと覚えておこうっと。


pn1325.jpgリタノフ。 これが問題。

リタノフに装着されているチェーンはデュラエース“CN-7801”ですが、これは元々ツバメ号で使用されておりCN-7900に交換した際に、まだ使えるからと、リタノフに移植した物です。

通勤用で使いつつ毎日というわけでもない。 距離こそツバメ号ほど使用していませんが、いかせんせん再利用です。

計測してみると~ 伸びてる! ヤッパリ

pn1326.jpg・・・ハの字はペッタンコ寸前

見た目にハッキリと分かるのがとっても便利です。

このまま使い続けるとスプロケットの磨耗を早めるらしいので交換すべし。 新しく用意したチェーンはモチロン私のお気に入りのアレ。 これまでと変わらずこれからも、デュラエース“CN-7801”。 今度は紛れもなく新品。

交換前にちょっとやっておきたい事が。 チェーンゲージで計測したときはハの字は完全にペッタンコにはなっていませんでした。 要交換である事には変わりありませんが、どのくらい伸びているんだろう?って。

pn1329.jpg床にチェーンを2本並べてみました。 こんな事やるヤツはあんまり居ないだろうなぁ。。

写真では、左が新しいチェーンで右が古いチェーン。 同じ商品なのに新旧では明らかに長さが違います。

ここで気になるのが「どれくらい伸びているのか」です。 チェーン全体での見た目には1/4駒の伸び。 また、メジャーで測った長さをもとに電卓で“ 旧チェーン ÷ 新チェーン ”を計算してみたら、0.4~0.5%ほど伸びていることが分かりました。

pn1330.jpgネット調べの結果。 走行にして5,000kmというのを散見するけど、乗る環境にもよるので走行距離はアテにならないと思います。

現物の計測では一般論として、1%の伸び(全体でチェーン1/2駒)が交換時期だそうです。 しかし、1%は伸びすぎだという話もあったりします。

現状が0.4~0.5%の伸びだから、ゲージのハの字が完全に落ちてなかったというのも頷ける気がします。 1%に達したらゲージはペッタンコになるんでしょうね。

まぁ、0.4~0.5%の伸びで交換してしまうのは少しばかり早いのかもしれませんが、一説ではこの時点でも交換時期らしいので、今回は交換という事にしました。

pn1226.jpgチェーンは駆動系の各部を連携させる役割を持っていますが、チェーンがある為に出来ない点検も多々あります。
コンポーネントの殆んどをULTEGRA以上にしたリタノフですが、どうもクランクの回りが重く、この原因を特定出来ずにいました。 チェーンを外した今回、改めて点検をしてみることにしました。

最初に疑ったのは、この間交換したばかりのクランク+BB。 ちゃんと装着されていないのでは?という疑惑です。

チェーンを外した状態で手で回してみたところ、ゆらーりと回転。 以前装着していたTRUVATIVEのISISみたいに無抵抗にクルクルとは回らず、感触的にはスムースとは言えないのですが、もともとホローテック2ってこんなもんらしいです。 

要は高速(摩擦で高温)となった時に能力が発揮されていれば良いらしく、静止状態で手で回しただけでは良し悪しは判断出来ないという事らしいです。

クランクを単体で回しても止まってしまう感触はいわばネットリ感。 グリスの粘度だと思えば気にするでもない(多分)。

pn1331.jpg問題点はクランク+BBではなさそう。 実際にチェーンの動きが思いのは、、どっかに引っ掛かってるような感触=ゴリゴリ感でした。

不具合を見つけられないという納得感の無さを思いながら、プーリーの掃除をする事にしました。

パーツクリーナーを直接ぶっかけるわけにいかないので、ウェスにパーツクリーナーを染み込ませて拭こうとしたら、、、

プーリーが回っていない!?  手で回すと、めっちゃ重いぢゃん

見つけたっ! ゴリゴリ感の原因はガイドプーリーでした。 回らないプーリーを脚の力で無理に漕いでいたって事かいな? ウッヒャー、こりゃ重いわけだ。

pn1332.jpg写真の汚れまくった物は、ULTEGRA(RD-6600)のガイドプーリーです。

リアディレイラー(RD)にはプーリーが2個装着されており、スプロケットに近い方をガイドプーリーと言い、地面に近い方をテンションプーリーと言います。

シマノではグレードによってプーリーの構造が違います。

Dura-Ace(RD-7800)だと2個ともベアリング。 ULTEGRA(RD-6600)だとテンションプーリーがベアリングでガイドプーリーはセラミックブッシュでボールベアリングではない。 105(FD-5600)だと2個とも金属ブッシュ。
、、、だそうです(違ってたらご指摘ください)

私が持っている範囲だと、ツバメ号のRDである“microSHIFTアルシス”は2つともシールドベアリングで、面白いくらいにクルクル回ります。

pn1333.jpgグレードによってコストの違いがここに大きく出ているのでしょうか。

ULTEGRAの場合は、セラミックブッシュとOリングの干渉があるとか? 詳しい構造や材質の特性までは不詳ですが、現に目の前にある“セラミックブッシュのプーリー”の動きが悪くなっていたのが事実です。 ってか、殆んど回ってなかった(汗)

とりあえず、RDのプーリー部を分解してみました。 表面的な汚れは落としましょう。

pn1334.jpgこれが元凶?のガイドプーリー

初めて分解したので詳しい事は分かりませんが(おぃ、大丈夫かぁ)、白い芯で固定幅を確保しながら金属の蓋が被った状態でプーリーが回転する仕組みの様です。
つまり、ここにグリスを塗り直すとか、潤滑剤を塗付するのでしょうか。 少なくとも、清掃して蓋をしただけじゃスムースに回る筈もないだろう。 しかすぃ、、こんな程度の知識で分解しちゃって良かったのか? ハハハ

グリスを塗付、整備してきちんと乗りたいのは当然ですが、あろうことか、ここで物欲魂が呼び起こされる事になります。

プーリーは両方ともベアリングにしよう!

Dura-Aceの構造に近付けよう! おれって、前向き!?

ここで天の声が。

『ここまでハッキリした構造上の差を知っていたら、最初からDura-Aceにしといた方がよかったんでないの? この際だから、Dura-AceのRDにすりゃ確実だろ』

いや、いや、いや。 とんでもない。(天に反抗する私)
最初から最高級品を手にしても、その有り難味が分からんだろ。 ULTEGRAで不具合を起したからこそ知るチャンスだった。 低廉なパーツ(注:ULTEGRAは低廉ではありません)を整備・改造して向上してこそ、改造オタクの醍醐味ではないのかぃ? よって、Dura-Aceはオマエには10年早い!

自問自答にて、プーリーをそれなりの物に交換する、という結論になりました。 超・前向きっ!

早速、ヤフオクでベアリングのプーリーを手配しました。 セラミックなんて高級品ではない事は先に申し上げておきます。

ベアリングに交換するだけで、どんだけ効果が出るか、我ながらお楽しみ。

意外にもあらぬ方向へ走った作業。 リタノフ、最高! 続きは次回、また~!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ←いよいよプーリー交換。 ポチッと押して応援してくださいまし。


コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
ご無沙汰しております♪

自分は、105のR.D.のぷーりーはすぐに、でぃゅらのベアリングに交換しました♪
効果は...。
おっと!これ以上書くとネタばれになってしまう可能性があるので...。

リタノフ号!何処まで行くのか楽しみにしております♪
(そのうち、電動化とか...♪)

では~♪
2010/03/10(水) 01:38:06 | SIMBA & Cobe | URL | [ 編集]

☆ SIMBA & Cobeさん

やっぱり~! と言ってしまったら105ユーザーに失礼ですが、すぐに換えちゃったんですか。

これから他の自転車(ジャイR3)のRDをティアグラかソラって思ってるんですが、プーリーはいずれこうなるのかって思っちゃいます。 とは言え、ブッシュのメンテを覚えるという手もアリです。

リタノフ・・・歪みを修正したフレームが再び怪しくなってきたし、ヘッドがガタガタ寸前なので、どこまで改造を進められるのやら?w

電動のお金あったらカーボンホイールってのもアリでしょうか、見た目勝負ってことで、、ハハハ
2010/03/10(水) 19:35:53 | ゴードン | URL | [ 編集]

伸びなくても交換する時
私のチェーンも回転が鈍いので調べてみましたが、プーリーはちゃんと回りました。
おそらく、原因は先月除雪剤がまかれた雪の中を走ったきりで手入れをしなかったので
錆びた為でしょう。いくら油を差してもギシギシ鳴るんです。。。
チェーンの表面は錆びたようには見えないのですが、リアスプロケを見ると茶色の水が
垂れたような後が残っていました。

今週末はチェーン交換しておこうかな? でもまだ雪が降る可能性があるから、
もう少し様子を見ようか・・・悩みますなぁ。

2010/03/11(木) 22:42:11 | らすかる | URL | [ 編集]

アンカー試乗会のご案内 他
ゴードンさん。
いつもながら鋭い考察に頭が下がります。
実直に、ストレートな切り口は、雑誌などに掲載されない情報なので、非常に有用と思います。
付け加えますと、チェーンは概ね段数が増えるほどに、耐久性が落ちます。
条件によりますが、8速で1万キロ前後、9速で8千キロ前後、10速で5千キロ以下になります。
KMCのほうが、シマノ製より耐久性が高く、10速用で5千キロオーバーです。
シマノよりカンパニョーロが耐久性も高く10速で1万キロはいけそうです。
期待はずれは、CN-7900。
これも、7800と同じく短命でした。
しかし、変速性能は全く別ですので、比較的価格の低いシマノ製を、着実に交換していくのがいいかなと思います。
このチェーンの短命を憂い誕生したのがVT-09になり、概ね20%寿命が延びます。

ところで、アンカーの試乗会を開催いたします。
3月27日、28日両日ですが、ぜひ物欲党、皆様のお越しをお待ちしています。
詳しくは、ブログに記しましたので、ご覧ください。
明後日日曜日は、雑誌取材もあります。
2010/03/12(金) 09:51:22 | LIGHT CYCLE | URL | [ 編集]

☆ らすかるさん

茶色の水は錆びなんでしょうか、大抵はそんな気がしますが~
記事に出てくるアダムセブン号(青)のチェーンの赤い部分を見ると、錆びが落とし切れていない事が分かります。 雨に濡れても即座に清掃するわけでないので、たぶん駒の駒の間にも錆びが発生してるのかな。
それがプーリーともなると、ブッシュ部のグリスを落としてはいけないのでパーツクリーナーをかける事もなく、表面的に汚れを落とすだけですから、守備が甘い部分だろうかと思います。

除雪剤って、エンカルの事ですか? 私が7年居た茅野市(長野)は冬場はエンカルだらけで、車の床下がやられるとかで、コイン洗車場に行っては床下を洗っていました。

チェーン交換は、、、一般論では『交換せよ』なのでしょうけど、伸びていないんだったらエンカルの季節が終わるまでは交換しないってのがいい気がします。 伸びだったらスプロケの磨耗を早めますが、錆びだったら脚が大変なだけ?(笑) あ、これは独自判断ですよ。
 
2010/03/14(日) 10:31:46 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ LIGHT CYCLEさん

8速だと耐久性が高くて、10速だと耐久性が落ちるというのは知りませんでした。 記事に出てくるジャイR3の2台は8速ですが、まだまだ大丈夫なのでしょうか。

シマノの寿命が短い一方で廉価な点を考えると、『多少高くても耐久性の良いチェーンを選ぶ』という考え方もあると同時に、『消耗品と考えて早期に新しいチェーンに交換する』という考え方も出来るかと。 考え方は人それぞれですが、私はLIGHT CYCLEさんと同じく後者派です。 伸びとは別に錆びや汚れを考えると、常に新しい方がいいかもしれません。 ということで、次回もまたCN-7801です。(^^)
環境に優しくないから、メーカーサイドでリサイクル回収してくれる仕組みがあると嬉しいです。

CN-7900ですが、標準装備だったクイックリンクが早々に発売中止になりましたが、あの部位だけでチェーン伸びが短命だったそうです。 すごく便利なのに発売中止は残念です(新品でもう1個持ってますけど・嬉)

アンカーの試乗会、是非、27日に仲間と伺わせていただきたく思います。
・・・ただ、私に関しては、ツバメ号に何ら不満が無くリタノフの様に改造をする気がない上、次のロードバイクへの購入意志がありませんが、それでもいいでしょうか?(笑)

一体感あるロードバイク(=ツバメ号)を組んでしまったLIGHT CYCLEさんはサスガですが、これまた罪ですね~(爆)
 
2010/03/14(日) 10:56:53 | ゴードン | URL | [ 編集]

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。