江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201709 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201711
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バーテープが苦手です (2009/11/08(日) 01:39:33)
pn0753.jpgついにゲットしたカーボンハンドル。

今までリタノフで使用していたアルミハンドルが326gに対し、ゲットしたカーボンハンドルが176g。
半分ほどの重さで150gの軽量化というのはたしかに嬉しいのですが、リタノフ全体の重さから考えればたかだか150gの話。 それ以上にカーボンハンドルの振動吸収性を味わってみたいです。

では。 ハンドルの装着といきましょう。

pn0755.jpgステムにハンドルを通し、STIを取り付ける。

作業自体は極めて簡単です。 しかし、今までのアルミハンドルとは大きく違うのは締付トルク。

アルミはそう簡単に壊れないので、どんだけキツク締めても大して問題はありませんが、カーボンは締めすぎると“パキッ”と割れてしまいます。

リタノフは事ある度にいじっているのにツバメ号は清掃以外には手をつけない理由。 ツバメ号はプロショップの手厚いサポートを得たいという思いがあり、それと同時に、カーボン製品の扱いに自信がない点が併せてあります。

pn0754.jpgカーボンハンドルが中古で構わないと思ったのも、「もしかしたら、いきなり壊すかも」 って思っていたからです。

トルク管理が出来る工具を持っていない私、頼りは普段使っているレンチ類です。 自分の手加減ほどアテにならないものはありませんが、何とかステムには取り付けました。

そこで思った事。 リタノフは今までの流れから、ハンドルバーのクランプ径は26.0mmで、ハンドルもそれに合わせています。 一方、ツバメ号はオーバーサイズの31.8mm。 直径が大きい方が摩擦も多く、その分トルクをかけずに済むんじゃないかな。

と、同時に、カーボン滑り止め剤(例:Finishlin Fiber Grip等)の必要性を感じました。 これがあれば、摩擦係数を上げることで締付トルクに頼らずに済みます。 次にはカーボン製シートポストも予定してるから、買おうかな。。

pn0756.jpgハンドルの取り付けは終了。 その先問題なのがコレ。

そうです。。 私は バーテープが苦手 です

苦手なりに、転がらないように工夫はしてますが、何度やっても満足した試しがない。 「何度」と言っても、ドロップハンドルにバーテープを巻いたのは2回だけ。 その前はブルホーンへ巻いてましたが、その時は、色のセンスが悪いだの、コメント欄ではボロボロでした(爆) それって、巻き方以前の問題だろ。。

つまり。 総合的にバーテープへのセンスが無い
という事なのでしょう。

pn0757.jpg苦手なのを嘆いても何も解決しない。 新品がその場でゴミと化すのには慣れてるはず。 失敗を恐れず突き進むのが改造野郎なのです。

中高生の頃に乗ってたランドナー(BSユーラシア)でも何度かバーテープ巻きをしましたが、当時は薄手の布のテープでした。 その点、現代のバーテープは厚みのあるタイプ。

巻き方の基本を知らないのが致命的で、見よう見真似。 人から教わった事や、自分の失敗から得た教訓などなど。。

 ◎ テープは1/3ずつ重ねる
 ◎ STI部の為に事前に少し切っておく
 ◎ 末端は余分に残してキャップと共にバー内に収める
 ◎ バーテープを巻く前にテープ内に巻くワイヤーは事前にビニールテープで固定する
 ◎ 最後の巻き終わりはビニールテープで固定した後に付属の化粧テープを貼る(末端は下側へ)

pn0758.jpgpn0759.jpgpn0760.jpgpn0762.jpgpn0763.jpg


pn0764.jpgコレでも一所懸命に巻きました。w

なーんか、均等に巻けてない感じ。 シワが出来ないようにグイグイ引っ張りながらやりましたが、1箇所シワが出てしまった(いちばん右の写真)

上段の5枚の写真のうち、右側の2枚はSTIのブラケットのゴム部分を戻した状態ですが、やはり少し隙間が残ってしまいました。 下手だねぇぇ。。

大きな失敗はないけど、次回はもうちょっとキレイに巻けると嬉しいな。

そして今回得た課題は左の写真。 バーエンド部ですが、エンドキャップを挿し込んだ時に“巻き始め”となる部分が上にくると仕上がりがキレイでない。 次からは“巻き始め”は下部にくるように工夫したいです。

pn0765.jpg

pn0768.jpgこのスレッドの表題はバーテープですが、本当のメインの作業はカーボンハンドルの取り付けです。 こうして完成した結果、
リタノフの重量は 8.8kg となりました。

前々の記事(8.9kg)の時と同じく、ペダル装着せず、ライト等の保安部品もボトルケージも付けていない状態で計測しています。

同じく、自転車を持って体重計(デジタル100g刻み)に乗り自分の体重を引くという原始的なやり方ですが、何度か乗りなおすと8.8kgだったり8.7kgだったりするので、四捨五入単位で8.8kgだとすれば、既に8.8kgは切っている事に。。 なんか嬉しいッス。

pn0769.jpgデザインされたハンドルならば、何も装着しない方がカッコいいんでしょうけど、いかんせん中古で表面がキズだらけ。 何としても誤魔化したいし、ハナからそのつもりでこの商品を落札しています。

キズを誤魔化す = 目隠しをする
・・・という事で、リタノフは通勤仕様。 いつもの様に、この狭いスペースにサイコンとライト2灯を装着しました。 キズは殆んど分からなくなりました。

pn0771.jpgリフレクター、後方LED、ボトルケージ、エアポンプを装着。 最も重いツールボックスを装着。 あ、ペダルも装着です(汗)
通勤仕様のリタノフは 10.6kg ズッシリきます。

ここにボトルを2本搭載すると、やっぱり12kg近くなります。 通勤では満タンでないボトル1本だから、11kgくらいでの運用かな。

軽量化でなく快適さを求めたカーボンハンドルですが、まだ短距離しか運転していないので体感的な差はハッキリとは分かりませんでした。 何となく軽快な感じはしますが、カーボンハンドルの良さは長距離乗って分かるかと思います。

pn0750.jpg「軽量化でなく快適さを」 と書きながら、無節操にも軽量化の話。w

前々スレッドでは、サドル+シートポストの重量が486gでシートポストは300gくらいの予想と書きましたが、今回はバラバラにして測ってみました。

サドル(スペシャライズド・トゥーペ・143)は 164g でした。

弾力だけをクッションとした薄型サドルにチタンレールという軽量なもの。 ツバメ号にも使用している、私のお気に入りです。

pn0751.jpgこっちは、シートポスト。 なんと 322g

シートクランプ上には23cm出ており、たぶん350mmのシートポストだと思います。 アルミ製とは言え、322gはそれなりに重量感があります。 今回外したハンドルが326gだったので、ハンドルとシートポストが同じ重さ?

ここのところシートポストを見てて、何となく分かりました。 330~350mmのカーボンで200gを切る軽量シートポストはかなり高い。 シートポスト如きにそこまでオカネ出せるか?っていうお値段。 しかし、210g~240gくらいの範囲だと、ヤフオクを注意して見ていれば、たまに安価な掘り出し物があります。 品としては、アルミだったりカーボンだったり混合だったりします。

これが実現すると、リタノフは 8.7kg に? また、今まで重量をテーマにしていなかっただけに重いパーツは多い。 ステム、クランク、ホイールを換えることで、8.5kg切りも夢ではなくなってきました。

・・・~なぁんて想像するだけで、けっこう楽しいもんです。 目指せ、8.5kg。

ん? 結局、軽量化が目当て?(笑)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ←軽量化じゃなくて快適化だと信じてくれたらポチッ!

コメント
この記事へのコメント
|ω ̄)え~っと。。。
巻き方に関しては
気合と根性と持続でうまく巻けるのではないでしょか^^;

バーテープによっては材質などから
巻きやすいと巻きずらいがあるかと思います。
ハンドル形状もありますので
これらは相性かもしれませんが
コルクやウレタンぽいものは巻きやすい部類で
時間をかけて巻きなおしをしていけば
そこそこには仕上がるかと…

で。。。
シワに気付いたのに直さなかったのでしょか^^;
カーブ部とSTI部は腕の見せ所!!!というか
根性の見せ所かと思いますよ(爆)

厚みに関しては三分の一を意識せず^^;
カーブ部などは内径側が多く重なるのは
普通かと思われますし
厚め(バー太め)が好きな方は多少厚くかけて巻くかと…

内側にコットンテープを巻いてから
薄いのも巻く方もいるようです。
ワイヤーなどの凹凸をキレイにこなせるからかと思われます^^

ちなみに…
当方はSTI部は面倒なのと
分厚くなるので短いテープを入れません^^;
2009/11/08(日) 02:21:54 | rook | URL | [ 編集]

☆ ( ̄ω ̄)さん

気合いと根性の持続でしょうか。 ハイ、たしかにその通りです。

バーテープは特に下の巻き始めの部分が重要。 STIの部分でピッタリ帳尻が合うようにしかも均等な巻き幅でソコに達したいので何度か巻き直し。 けっこう真剣ですヨ。

ただし、シワが寄ったのは、バーテープの最後の化粧テープを巻いてから気付いたもので、完全に手遅れです。 言われなきゃ分からないレベルだという事で、この際忘れてくださいな(爆)

・・・このバーテープはツバメ号で使ってるから分かるのですが、かなり持ちが良い。 ハンドルを換える・STIを組み直す・ワイヤー交換する、と言った事情でもないかぎり、2年は楽勝で使えそうです。 次回バーテープを換えるのはいつの事やら?w
( ̄ω ̄)さんの自転車でバーテープ張替えの練習をさせてもらえませんか? バーテープをご持参いただければ作業は無料です、ハハハ 高級バーテープを沢山お持ちください。
2009/11/09(月) 15:31:51 | ゴードン | URL | [ 編集]

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。