江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201707 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201709
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tdc09159.jpg10月12日(月) ツールドちば2009 Stage-3
1日目は参加していないので、一晩明けるといきなり最終日です。

私でさえ、睡眠が十分なのにも関わらず。昨日2度も攣ってしまった脚が完全復活していないのだから、フル参戦の方の中には疲労が溜まってる人もいるんじゃないでしょうか?

tdc09160.jpgできるだけ楽にしなきゃ。 って事で、昨日使用した“おニュー”は片付け、今まで使っていたエントリーモデルのこのシューズ。

今回ばかりは、体に馴染んだ物がありがたい。(^^) 安心感が桁違いかな。
荷物がかさばるのを覚悟で持ってきてよかった。 普通持ってないか。w

昨日カラダを持って学んだように、脚漕ぎで気合い入れちまうとリタイアを叩きつけられる。 クランクはクルクルと均等に。 そんなの分かってるんですが、この男にそんな器用なことは出来ないんでしょう。
まぁ、頑張ってくれ >自分


tdc09165.jpgスタートですよ、スタート。

一緒にいたつゆつゆさんと喋ってばかりで、メーターをリセットしてないわ、ハートレートを装着せずスタートアーチ前でシャツをめくり上げるわ、あれまあれまでスタートしちゃいました。

7時36分  Dグループ。 今日もまたグループ昇格&降格の忙しい日なんでしょう。

慌しく始まったStage-3なのでした。 さ、行こう~!
tdc09185.jpg

tdc09191.jpgいきなりですが(笑)、動画を
多分、鴨川? → ツールドちば2009ムービー!(クリック)
鴨川の海から街へ → ツールドちば2009ムービー!(クリック・必見)

地図で見るかぎり、海沿いを走るのはスタートの千倉から鴨川までの間だけっぽい。 山に入る前の今のうちに少し楽しておこう。 幸いペースが速いグループなので、普通に走っていれば楽チンなはず。

海岸線は非常に快適なライドでした。 しかし、鴨川あたりから自転車で渋滞するようになり、意外と足留めが多い。 おおよそ20分遅れで1つ目の休憩所である鴨川市立西条小学校AS(31km)に到着。
「休憩は5分ほどで~」 信号で散々休んできたから、休憩は短めだそうです。 ハイ、おっけーですよっ!

tdc09199.jpgここから山。 この長そうな坂は鴨川有料道路

この場所がStage-3のメインの場っぽい感じがします。
ひたすら坂を登るわけですが、昨年に続き2度目となると意外と短く感じました。

登った坂の頂上から今度は下り坂、先ほどのASから16kmほど進んだ場所が2番目の休憩所の亀山ダムASとなります。

tdc09210.jpgこの時点で同じDグループにて25分遅れくらいのペースでしたが、少し疲れたので一段落したいところです。

地元産の梨がズラリと並べられてたのが印象的。 これまた甘くてみずみずしくて非常にオイシ~のデス。 今でもヨダレ出そうです。

亀山ダムASを出ると、また登り。

tdc09215.jpg千葉県はもともと高い山もなく、ツールドちばでも最大標高は216mというもの。 Stage-3では200mクラスの山を2つ越えますが、1つ目と2つ目の山の間は100mまで下がる程度。

亀山ダムASはこの100mの高さに位置しているので、大雑把には、あと100m登れば残りは200m下るだけなのです。
しかし、大雑把はアテにならない。 しっかりと登りがあるし。。

tdc09219.jpgしまいにゃ、こんなヘアピンカーブがあったり。 ウヒャ

上総中野・下り坂 → ツールドちば2009ムービー!(クリック)
大多喜・下り坂 → ツールドちば2009ムービー!(クリック)

登り、下りを繰り返しながら徐々に標高を下げ、19km先の休憩所・B&G海洋センターASへ到着しました。

tdc09228.jpgASへの進入路は登り坂。

立哨スタッフの方が地面を指さして 「はい、ここが本日最後の登り坂です、おつかれさん」 と言って、サイクリストの笑いをとってました。
最後というのは冗談でしょうけど、実際にこの後は下るばかりで登りは殆んどありません。

tdc09230.jpg残り50km。 ホッとしたところで、ここでランチ!
オナカへったもんね~! 一気に食べて元気になりました。

元気になったところで、少し早めてスタート。 ズル?してBグループに潜り込みました。 私と同時に潜り込んだ人が数名。 お互いにニヤリ。

tdc09234.jpg大多喜城ゾーンを通過、それにしてもBグループは少し速いね。

前記事でも触れましたが、Aコースではバイクが先導してるためペース配分が難しいそうで、このBグループからは自転車が先導。 つまり、自転車先導では最も速いグループとも言えます。

ここからは生活ゾーンに入るため信号が出てきます。 信号のタイミングで私が先頭になる事が数回。


tdc09238.jpg・・とある信号で後方からやってきた指導員さん(Bゼッケン)が言いました。
「前がガラリと開いたら飛ばすチャンスですよ」
それに対して私 『飛ばすなんて、、、だったら牽いてくださいヨ』 って言ってしまいました。 これが余計な一言だった様で。。。w

B指導員さん、ニヤリ 『いいですよ~ 行きましょう~!』 バビュ~ン!

tdc09239.jpg数分ほどついていきましたが、、、、
速い人を2人ほど牽いて、遥か前方で小さな点となってしまいました。 うぉぃ、、速すぎないか? さっきの一言はお詫びします。。

この心の声が届いたのか、速い人を先へ送り出したB指導員さんはスローペースで待っててくれました。 聞けば、普段は競輪選手ですって。 ついていける筈ないぢゃんか、このー・・
ギア付のロードバイクには乗り慣れていないし、長距離にも慣れていないそうですが。 ホントかいな? 赤子の手を捻るかの様に簡単に打ちのめされた私にとっては、次元の違う話が楽しかったです。

tdc09240.jpg市街地へ入っても時々登り坂があるあたり、B&G海洋センターASの立哨の方の「ここが最後の坂」は大嘘だったのがこの写真で十分にお分かりいただけるかと思います。w 終盤でこの坂はキツイし。。

キツイときに、沿道の方々の声援&拍手は本当に元気をもらうことができます。 何本かアップした動画の中にも沿道の方々の拍手が写っています。

写真のこの子は、画用紙に“ガンバレー”って書いてあって、両手にしっかりと握り、こっちに向けて声援を贈ってくれてるんです。 子供の応援ってたまらないくらい嬉しい。

目の前で手を振りながらサッと通過していったサイクリスト達の姿が子供の瞳の奥に映り、何年か経って記憶の片隅に蘇るときが来るのでしょう。

私達サイクリストはこうやって千葉の地を走らせてもらい、声援・拍手までいただいている。 私達サイクリストはカッコよくなければならないのです。 速いのがカッコイイのではなく、挨拶とマナーを使いこなせる人がカッコイイ。 それを見た子供が大きくなった時に思い出してくれたら嬉しいな。

・・・カッコよくある為には、ヘルメットとサングラスを外してはいけない??(自爆) ハイ、オシマイ。

tdc09243.jpg街中を抜けると、83kmとなる睦沢中学校AS。 最後のエイドステーションです。 昨年と同様に、睦沢町の方々のお出迎えはすごいのです。

ASへの車路には中学生が2mおきに並び 「おつかれさまでした」 って笑顔で声をかけてくれる。

会場の奥へ入ると、太鼓や踊りの出し物。 これまた見るに壮観です。

 必見!睦沢町ひかり太鼓 → ツールドちば2009ムービー!(クリック)

司会の方によれば、私たちが朝7時半に千倉を出たときからスタンバイしてたそうです。 もっと見ていたかったのですが、Bグループのスタートの時間となってしまい、ひかり太鼓以外の皆さんは見ることができませんでした、残念。

睦沢中学校。 今年はさらにパワーアップ。 出口車路で2mおきに並ぶ中学生たちが、35km先のゴールに向かうサイクリスト達に対し、ハイタッチでお見送り。 睦沢中学校。 メチャ感動でした。

とってもいい気分で出た睦沢町。 運転も気分が乗ってきたところで・・・・・・あっ!



tdc09249.jpg

tdc09248.jpg先行するサイクリストの足下から不意に現れた穴。 私だけ避けきれずに穴に落下! ドスンという衝撃の直後にプシューーーーーー・・・

後輪パンク、、、、ではなく、リムが曲がってチューブレスのエアーが保持できなくなった状態。

コケなくてよかった。 こうしてる間にも落ちそうになる人、本当に落ちている人がいました。 まずは大至急2次災害を避けないと。 大声で穴がある事を身振り交えてサイクリスト達に知らせる。 100mくらい先に立哨の方がいたので、手招きで来てもらい、これから通るサイクリストに注意を促して欲しい旨を依頼。 まだBグループが行ったばかりだし、とりあえず、これで後続車は助かるね。。 私の他にもう1人、走行不能になってました。 お気の毒さま。。。

tdc09250.jpgこのリムを見て、残り30kmにしてリタイアかと落胆しました。 パンクならまだしも、ホイールが壊れたし、どーしようか。。

この時点で10分ほど立ち往生してますが、簡単に諦めたくない。 早速修理にかかる事に。

例によって、チューブレスはタイヤがなかなか外れない。 格闘しても時間が経つばかりなのに、不本意にもタイヤレバーでタイヤを外す。

万事に備え持っていたチューブを突っ込んでエアーを入れてみる。 うまく入った!!

tdc09253.jpgホイールを装着して回してみる。 ブレーキが引っかかるのでキャリパーを開放。 使い心地はガクガクするけど、ブレーキがかけられないわけではなく、前輪ブレーキ主体にすれば何とか走れる。

この場所で30分近くほどロスしましたが、何とか走行可能な状態になったので、走行へ戻る事にしました。

tdc09255.jpgしばらくペースを落として走ってると、後続グループが追いついてきました。 “Iグループ”なので6グループ下がったことになります。

このI指導員さんもとっても優しい方で、「私が牽きます」 って率先して先頭で風を切ってくれます。 先行する人たちを見つけると 「あの人たちも吸収して牽きます」 って、お助けマンみたいな人です。(^^)

tdc09258.jpgそのお助けマンもミスコースしちゃってましたがw、無事に本線に合流、風が強い道を延々と北上してゴールへ向かいました。

 蓮沼ゴール手前 → ツールドちば2009ムービー!(クリック)

この動画は最後のゴールまで、、、といきたいところ、メモリーを使い切って不覚にもゴール200m手前で切れています。 お粗末な画像ですみません。

tdc09278.jpgそしてゴール!

118km。(メーター上は120.28km)

朝7時36分スタート → 14時48分ゴールで、結果、7時間12分。
平均速度:24.5km/h 最高速度:61.1km/h 消費カロリー:2280kcal

tdc09272.jpgゴールするや、急にドッシャリと疲れが出てきました。
まず、甘いものを食べて~・・(^^)

あとは、つゆつゆさんと記念撮影。 ゼッケン外しちゃってるみたいだから、前に差し出してね。w

tdc09273.jpg

tdc09281.jpgゴールして1時間ほどマッタリしてましたが、実は私、のんびりしていられない身。
3日フルに参加していればスタート地点とゴール地点は同じで問題ないところ、私は2・3日目の参加なので、クルマは白子に置いてあります。 白子は20kmも先です。

荷物はつゆつゆさんに見ててもらい、自転車に乗って白子にクルマを取りに行くことにしました。

夕暮れの道を南下する途中、これからゴールしようという方々と沢山すれ違い、手を振って挨拶をしました。 しばらく走るとそれが最終走者だった様でサイクリストが殆んど居ない静かな道路となっていました。

片貝などの海水浴場のゾーンも静かな道。 そこでふとした感覚が蘇りました。

・・・ここ。 懐かしいな。

そう、それは2年前のツールドちば2007・Stage-1と同じ場所。 たった今ゴールをした蓮沼海浜公園は、あの時は最後のASだったっけ。 そして今、あの日と同じ道を通って20km先の白子を黙々と目指している。

脚がキツくって、何度もリタイアしようと思ったのもこの場所。

tdc09284.jpgそしてこの景色。

沿道の子供が手を振って“あと5km”って書いたダンボールを見せてくれた。

見知らぬ夫婦が  『 がんばれ! あとちょっとだ! 』 って両手を口に当て激励してくれた。 私は感極まって声が出なかった。

あの日、116kmを命からがら走り白子でゴール。 まだまだ走りたくて次のツールドちばに戻ってくることを決意した。 そして、昨年、今年と自分がココにいる。

間違いなく、あの日が私の自転車の原点だった。 あの気持ち、今でもハッキリ覚えている。

さっき、子供の目・記憶にって思ったけど、沿道で応援してくれてる人達の事を、私の方がよっぽどハッキリ目に焼き付けてるんだなって。

・・・・・
・・・そんな事を思いながら、今回のツールドちばであった様々な事を重ね、白子に到着しました。

最後の20kmを加えて、消費カロリーは2650kcal  コンビニ弁当3食分くらい?w

さぁ、あとは蓮沼でつゆつゆさんに会って、荷物を積んで帰るのみ。 オツカレサマ~

tdc09296.jpg一緒に走ってくれた同志の皆さま、ブログやメールを通して応援をいただいた皆さま。 ありがとうございました。
大会を支えてくれた実行委員の皆さま、スタッフの皆さま、ありがとうございました。 地元を走らせていただき、声援までいただいた千葉県の皆さま、ありがとうございました。
理解を示し自転車イベントに行かせてくれた周囲の皆さま、ありがとうございました。


tdc09297.jpgここでツールドちばの記事を完了~・・といきたいところですが、飽き足らずあと1作。 チョイと短編です。

どこかで予告しちゃったかな、そのお題は 『争奪戦・ゼッケン1桁な男達』でございます。

表題から推測できる様にあまりにもくだらない話題なのでヤメようと思ったくらいですが、コチラでも取り上げていただいてますし、必ずや、掲載いたします。 ハハハ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ←読み疲れたらポチッ!
検索タグ: ツールドちば2009_tdc

コメント
この記事へのコメント
感動的な記事ですね~
思えば、去年ゴードンさんのブログを読んだことがつるちばへの出場を決めたきっかけになったんですよね。私。
それから1年、まさか指導員として参加するとは夢にも思ってませんでしたが…

今回の記事、亀山ASの写真の右隅にこそっと写ってるのが私です。
来年もスタッフとして参加する予定です。

近いうちにどこかでご一緒したいすね♪
2009/10/18(日) 13:04:32 | とぉ | URL | [ 編集]

あの「穴ぼこ」は、田んぼのところに
あったものでしょうか?

H~Kグループをうろうろしていたので
私がとおりすぎる頃には、既に立哨の方
が注意を呼びかけておりました

私も2007年から参加していてもう3回目、
でも、また来年が楽しみ!!
2009/10/18(日) 20:01:23 | 2008 | URL | [ 編集]

チューブレスってパンクしずらいけどしたら交換大変ですね。
でも乗り味が良いって聞いてます。
リムは修理可能なんですか?
アクションカム面白いですね。興味津津
私もやってみたいです。
2009/10/18(日) 23:51:58 | Ryu | URL | [ 編集]

☆ とぉさん

指導員のお仕事、3日間お疲れさまでした。 とぉさんの記事をじっくりと読ませていただきましたが、参加者の方々を無事にゴールへ見送る事への思いが伝わってきて、私こそ感動しました。
http://roady.blog4.fc2.com/blog-entry-996.html#comment
たしかに昨年のツールドちばの記事にコメントを頂いてますが、その1年後には思いを形に、しかも指導員で、という実行力は私も真似したいところです。
私も来年、必ず行きます。 スタッフ(指導員)は力不足なので、きっとまた一般参加者です。

私ととぉさんはお互いにお顔を知らないのですが、かなり近くで行動してて実際は現地で顔を合わせてるみたいですね。 まずは近々どこかで一緒に走りましょう~
2009/10/19(月) 06:26:59 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ 2008さん

そうです、田んぼのところ。 一般道を走り左折するとすこし狭い農道っぽい直線路に入って少し走った所の道路のど真ん中にこの穴がありました。
私が呼んで来てくれた立哨の方が、穴を目立たせるように傍の草むらから背の高い雑草を抜いてきて穴に立たせてました。 だから、到来したサイクリストからは“大きな草が道路の真ん中に生えている”っていう感じに見えたのではないでしょうか?

立哨の方は、「管理は何やってんだ?せっかく千葉まで来てくれたのに申し訳ない」って言ってくれましたし、そもそも車間距離をあけずに走ってた私が穴を避けきれなかっただけなので私に原因があるわけで、その人が謝る必要はないです。 ただ、その一言から、参加者を気分よく帰したいという思いが伝わってきました。 スタッフの心が伝わってくるツールドちばは素晴らしいです。

ということで、お互いに来年。 4度目のツールドちばに行きましょう~
2009/10/19(月) 06:40:37 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ Ryuさん

皮肉にも昨年はツールドちば2008のStage-3でパンク(磨耗が限界に来てたのが原因)、今回もStage-3です。 その間、1年間パンクしておらず、本当にパンクしずらいタイヤです。

パンクしたら裏からパッチを貼るのが主流ですが、高圧で一気にエアーを入れる環境にない場合はチューブを突っ込むという第2の方法となります。 ただ、今回はパンクでなくリム破損でエアーを溜めることが出来ないので、迷わずチューブ。
本来はタイヤレバーNGですが、昨年の交換ですごく時間をロスした経験から、今回は3分チャレンジしてダメなので、すぐに諦めてタイヤレバーを使用しました。

リムは補修できないため、リムのみ交換でショップで手配してもらいました。

アクションカムはかなり面白いですよ。 取り付けもQR部品が最も揺れが少ない様です。
ただ、カラー発色が乏しいのと、走行中の自転車では風の音を派手に拾ってしまうので、音の機能はまったく使えないという点が難点かな。
特別に高い機械ではないので、是非、お試しください。 物欲ねw
2009/10/19(月) 06:52:17 | ゴードン | URL | [ 編集]

穴ぼこの存在は全く気づきませんでした。その時間帯は終盤でヘロヘロに近かったかな。また来年も張り切って出場しますぜ!
最後は車で自宅まで送っていただいちゃって助かりました。なんせ松尾駅まで自走するのも厳しい状態でしたから。
2009/10/19(月) 08:23:29 | つゆつゆ | URL | [ 編集]

☆ つゆつゆさん

ツールドちばって、「この先の路面が濡れています」とか、随所に声掛けしてる立哨スタッフさんがいます。
路面の穴についてはその後、受け持ちのの立哨スタッフさんがきっちりと善処していただいている筈なので、その行為をあまり気にせず通過できたのではないでしょうか。

立哨の皆さんは無償のボランティアなのに、千葉県を安全に通過させていている私達からは、本当に頭が下がる思いです。 地元の力というのが、ツールドちばの大きな魅力のひとつだと、強く思います。

ゴール後は私が白子にクルマを取りに行ってる間に、荷物を運んでもらった上に日没すぎまで蓮沼で待機しててくれて本当に助かりました。 だってサ、、、疲れた体であの大きな荷物を白子まで担いで行ったら、きっと行き倒れてしまったでしょう~
お互い結果オーライでよかったです、感謝!

・・・ってか、奥様キレイですね。 ギャハ!

2009/10/19(月) 11:38:36 | ゴードン | URL | [ 編集]

2日間、お疲れ様でした~
ホイールは残念でしたが、楽しかったご様子で何よりです。

この手のイベントには、執着がありませんが、やはり体験談を見聞きすると、感嘆しますねぇ。
参加者も、主催者も素晴らしい経験をされているんですねっ!
いやはや。
素晴らしいですね、自転車って。
2009/10/20(火) 22:35:25 | ひろ | URL | [ 編集]

☆ ひろさん

素人でありながら沿道の声援・拍手を受けることが出来るのは地域型イベントならではだし、その方々に加え地元スタッフや警察の方々を見かける度に「おはようございます」「お疲れさまです」「ありがとうございます」という声を出せる回数が日常とは桁違いなのが、何よりも気分が良いのです。

同じ方向に走る多数のサイクリストを意をひとつにしてる共有感だけでなく、地域イベントに精一杯の感謝の意を表して心を洗いに行ってるっていう感覚が重なります。

イベントのシーズンは間もなく終わるので、これから先の半年は、横浜の街へ、埼玉の里へ、神奈川の山へ、楽しみに行きますぜ~
2009/10/21(水) 08:18:42 | ゴードン | URL | [ 編集]

『争奪戦・ゼッケン1桁な男達』を取り上げた者です。(笑)
リンク先、ファン限定ですので閲覧できないかも。。。

このI指導員さんに私も拾っていただき引いていただきました。
そして「この方の後ろに着いてください」と誘導され着いたのがゴードンさんの後ろでした。

I(愛)の指導員さんだけあって、キューピットのようでした。(笑)

この指導員さん、はぐれ者を吸収して徐々に大きなトレインを形成しておりました。
最終的には10人くらいでしょうか。
ケイデンス90以上33km/hで走り続けていたような気がします。
結構、しんどかったのを覚えております。

またどこかでお会いしましょう!
2009/10/21(水) 18:53:24 | ぶひぶひぶー | URL | [ 編集]

☆ ぶひぶひぶーさん

ファンにしか見れない『裏ツール・ド・ちば2009 (`ー´)イヒヒ』でしょ~
題名がシビれますね。 裏ツールドちばか、、ハハハ
私はぶひぶひぶーさんをファン登録しています。 そんな時にも、ヤフーブログも開設しといてよかったって思います。 記事は書いてませんけど、、

そうそう。 I指導員さんが後方からやってきて、単独走(はぐれ者)の私を吸収した時、私がぶひぶひぶーさんの前に入れてもらったのが、この結果だったんですよね。
『物欲党のゴードン』と言われたときには『遅れをとったら“ゴードン離脱”記事にされるかも』なんて、大いに焦りました(爆) でも、結局ゴール3kmくらい手前で少し休ませてもらっちゃいました。 最後に信号で追いつけたから結果オーライでしたが、道中はかなりキツかったです。

また何処かで。 お互いに若番手のゼッケンを探せばヨイわけですね。 ブログにも遊びに行きます~・・ファンだし(笑)
2009/10/24(土) 12:23:37 | ゴードン | URL | [ 編集]

早速、ブログに寄らせていただきました。
ひかりです(*^_^*)
ロードレースの詳細が掲載されていて地域の温かさが、ひしひしと伝わってきますね。
何より、自然が良いです!
同じ千葉にいながら、こんなに素晴らしい景色を見る事ができるなら、私も・・・と、思いました。

手を振ると、皆大きく手を振ってくれて感動しました。人って暖かいです(^^)/
また、来年お会いしましょう~♪
頑張ってください。
2009/12/01(火) 09:16:58 | ひかり | URL | [ 編集]

☆ ひかりさん、ようこそ!

Youtubeの動画へのコメントもありがとうございました。
ひかりさんはひかり太鼓のメンバーの方なんですか? ひかり太鼓の方々の姿と芯の強い音は、心に響きました。 実のところ昨年はずっと聞いていたのですが、今年全体の目標が『自転車はキビキビ走る』という意思なので、グループ出発を逃すわけにいかず、割と短時間で出発してしまいました。 本当は今年もずっと聞いていたかったです。

どのASをとっても、地域の方々が親切に笑顔で応えてくれるのが嬉しくてたまらないのですが、睦沢町は団結の強さが際立っていた気がします。

私は江戸川区在住なので、すぐ目の前が千葉県です。 しかし東側は一味違いますね。 若き頃(笑)にサーフィンをしに片貝~一宮へ時々行ってましたが、そのときはクルマ。 クルマだと景色の移り変わりが速すぎるし、徒歩では沢山の景色を見れません。 その点、自転車は景色を味わいつつ沢山の場所へ行けます。 そういう千葉は最高ですよ、できたら自転車で遠出してみてください。(いっそ、ツルちばへ・・)

地域の方に挨拶をしたり手を振ったりするのは、私達サイクリストの精一杯の「ありがとう」です。 ありがとうを交わす沢山の方々の中にひかりさんが居ると思って、ツールドちば2010へ必ず行きます。 『行く』が『帰る』に変わりつつある、不思議な気持ちです。

ありがとうございました。
 
2009/12/05(土) 03:03:34 | ゴードン | URL | [ 編集]

2010も無事に終わりましたね~。
お疲れ様です(^^)/
2日間の雨は激しかったので「大変でした~」と・・・
2010年も、応援に参加させて頂きました(笑)
声をかけさせていただいた方が、「雨があまりにも激しくって笑っちゃいました~」と元気にニッコリと!
本当に勇気をもらえるロードレースです。
足が痛くても、明日も走りたくなるんですってね~
たくさんの参加者のみなさんから元気をもらっていますよー!
大自然の中でステキな汗にも感動しました。
いろいろなハプニングも終わって見ると楽しい思い出ですね!
勇気と感動をありがとう~ロードレース最高!
2010/10/11(月) 20:46:10 | ひかり | URL | [ 編集]

☆ ひかりさん

お久しぶりです!
今年のツールドちばも行ってきました。 そしてStage-3の最後に睦沢中学校へも寄らせていただきました。 ASのトリですからね~

今年は何と! 女の子たちのかわいいフラダンスが! あまりにもかわいくてニコニコして見ちゃいました。 もちろん、ひかり太鼓も。 昨年と少々メンバー構成が違って若い(失礼)ような気がしましたが。 もっとも、今年はAグループ(先頭集団)だったので一番乗り、そのあとに続々と行われる予定でもあったのでしょうか?

やっぱり睦沢中学校は最高でした! 最後に元気をいっぱいいただいて、自分としては満足いく結果となりました。 詳細は新記事で書かせていただきます。

睦沢中学校・睦沢町の皆さま、ありがとうございました! 来年もまた~!
 
2010/10/12(火) 16:28:18 | ゴードン | URL | [ 編集]

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。