江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201705 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 201707
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アジャスタブル (2009/04/25(土) 16:19:23)
DSCN8499.jpgリタノフをSTI化した時の事。 取り付けてる段階で大事な機能が無い事に気づきました。 それは、シフトの微調整。 アジャスターの有無です。

フラットバー(8速)だったときはトリガーシフター部分にアジャスターがあったし、ブルホーンバー(10速)のときは無段階バーコンシフターだからそもそも微調整自体が不要でした。 ところが、ドロップ+STIにはアジャスター機能がありません。 
ダウンチューブのアウター受けにアジャスターを装着できれば良いのですが、リタノフは作りが粗いので無理。 リアはディレイラー側でなんとか調整可能ですが、フロントはそれすら出来ず困ったものです。

そこで、見つけたのが、JAGWIRE(ジャグワイヤー)製のアジャスター。 STIのワイヤー出口部に取り付けることで、走りながら調整する事も可能になります。 便利だね~・これ。

DSCN8491.jpgアジャスターを取り付けるにはシフトワイヤーを外す必要があります。
そのついでに、気になってたハンドル位置も見直す事にしました。

過日の記事では、ツバメ号よりもリタノフの方がハンドル高が3cmも低く、サドルからの距離はリタノフの方が近い、違うタイプの自転車で面白い、、、と書きました。 しかし、ハンドル低すぎは少し辛いのです。

辛い思いしてまでも乗るものではないので、ワイヤー長を調整するこの機会を利用して、リタノフはツバメ号に近いポジションに変える事にしました。

ステムを長くして取付の高さは上げるという作業から開始です。
DSCN8493.jpg写真上のステムは90mm。 写真下はこれまで装着していた60mm。
個人的には短いステムって好きなんですが、一般的には長いステムの方がカッコいいとか言われます。 これを交換する事でハンドルは3cmも前にせり出されます。

DSCN8496.jpgで、交換してみました。

コラムスペーサーの位置を入れ替えてハンドル高をアップ。 コラムへの固定部の厚さが違うため、スペーサーを1個追加。
色が違うけど、まぁいいか(笑) 有る物で間に合わせましょ。

低い位置にして煙突がニョキッと出てるより、こっちの方が見た目にも自然です。 ステムも長くなったし。
実際に乗った感じは、かなりツバメ号に近いです。 気持ち1cmほど手前に持ってきたい気分。 80mmのステムを買えって・・・? 買いませんよ。w

DSCN8498.jpgハンドル位置を決定したところで、アジャスターの取付です。

DSCN8501.jpgアウターワイヤーの長さを揃えます。

長さを揃えるだけでなく、今回からこんなアイテムが登場。(^^)v

ドリル先に鉄を研磨する回転ヤスリ。 平らに仕上げるヤスリ。 穴をキレイに広げるための千枚通し、文具ですが細長くて使い易いです。

DSCN8503.jpgドリルを片手に、ワイヤーを押し付けて削る、という作業は安定が悪い為、ちょっとでも手元が狂うと手を削る羽目になります。w
軍手をしてもヤスリで巻き込むだろうから、手に怪我を負うのはほぼ確実です。 そんな危険を冒してまでやらなきゃいけない作業なのかぁ?

DSCN8504.jpg危険防止にアウターワイヤーをクランプに挟んでチャレンジです。

回転するドリルにワイヤーを押し付けると、、、やっぱり安定せず、クランプもガンガン当たります。 素手だったらヤバイね、これ(爆) でも、手作業でゴリゴリやるより短時間で済むメリットは大きいです。

DSCN8506.jpg本来ならば、固定された回転ヤスリ(機械名・不明)を使うものなのでしょうけど、うちにはドリルしか無いから仕方ない。

実際やってみて、先端が安定しない分、完全な平らにするのは難しいものです。 最後にヤスリで削り直して千枚通しで穴を広げます。

満足するほど綺麗には仕上がりませんでしたが、何もしないガタガタ状態よりはマシでしょうか。 ハハハ

DSCN8512.jpgアウターワイヤーが仕上がり、インナーワイヤーを通します。 本来ならば年単位で長持ちする筈のワイヤーなのに、こうして作業の度、長さが足りなくなるのを理由に新しいワイヤーをおろしているのは心苦しい。 例によってケチケチ作戦。 リア用に新しいワイヤー、リアから外したのをフロント用にカットしました。

ワイヤーを買うと末端のキャップが1つだけ付いてきます。 2つあったらいいのにな。 メーカーでも2度目に使うことまでお世話してらんないんでしょ。

DSCN8511.jpgそんなケチケチ野郎の為に自ら用意したのが、これです。

  インナーキャップ
     100個入り 294円


ドッヒャー! 100個もいらんってば。 ショップならまだしも、個人で買って一生かかっても使い切れるのか? しかもシフト専用だからブレーキ用は別。 100個いっぺんじゃなくて、50個ずつビニールに入ってるのがせめてもの救い・・
もっと少数単位でも売ってますが、そんな割高なのを買うのもバカバカしいから、こういうのを買ってしまうんですけど。
『これさえあれば、あと30年はインナーキャップの事を考えなくて済む』 って、何て前向きなんだろうか? 改造野郎には必需品だという結論にしておきましょう。

DSCN8519.jpgインナーキャップを片付け、ワイヤーを整えて、作業は完了です。 オシマイ。

DSCN8517.jpgこれで走行中にもワイヤー調整が出来る様になりました。 見た目にもそんな邪魔な感じもしないかと思います。

シフト関連はこれでほぼ落ち着いたところです。 改造は終わり?
そんな筈はありません。 改造はエンドレスです。 次は安全性能アップ。

ちょっと予告しちゃいますと、『ヘッドライト、通勤向け大光量化』 というのが近々の課題。

もう1つの課題が、『キャリパー交換』
先日、リタノフ純正をやめて交換したキャリパーで、そのついでにトーイン調整出来るシューセットとしてアルテグラBR-6600用の物を装着して、ブレーキ性能が体感的にアップしました。

さらなるブレーキ性能アップの為、、、
  BR-6600 ULTEGRA  リタノフにアルテグラのブレーキ (^^)v

ヤフオクで 「完成車取外し・未使用」 を安くゲットし、ただいま到着待ちです。 ウヒャ~

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ←フレームとのアンバランスさが変態的だと思ったら、ポチッとお願いしまーす

コメント
この記事へのコメント
|ω ̄)詳しく。。。
見たわけではありませんが…

一度プラハンか無ショックハンマーでコラム側からぶったたいてフォークを抜かれてみてはいかがでしょ?
抜けてしまえば戻すのは楽ですし^^
戻らなければ新しいフォークを♪
( ̄ω ̄)ということで(爆)
もしくはヘッドパーツ丸ごと…♪

知り合いがルック車(LOOKではありませんので^^;)のフロントホイールのハブに異常を発見しバラしたところ、ベアリングが割れていたそうです。。。

ここまでやった以上
ヘッド部も一度点検も兼ねて
バラしてみては^^

固着も意外とあっさり解消できるかもしれません♪

( ̄ω ̄)カーボンフォークが呼んでますよ(爆)
2009/04/25(土) 21:35:32 | rook | URL | [ 編集]

回転ヤスリ…グラインダーですかね?
そういえば、オヤジが日曜大工セットで持っていたな…
出すの面倒で使ったことありませんw
ヤスリがけ? したことないですww
男はだまって、ガタガタのまま!(クールポコ風)

そうそう、ご依頼頂いていますステッカーですが、GW時間取れるので作ろうかと
大きさ(高さ)が知りたいです。
ダウンチューブにどかーんとですよね?
2009/04/25(土) 23:02:24 | すんだ | URL | [ 編集]

あっ、rookさんの言うとおりっ!
錆が浮いているように見えなくもありませんし、人がいじっているのを見るのは楽しいし、、、殴

さて。
オルカもアジャスターが付きません。
アウター受けを例のヘッドバッジでしているため装着できないのです。
リア側はディレイラーで、フロントは付属のアジャスターをケーブル途中に埋め込みます。
(写真- http://image.blog.livedoor.jp/kg21hiro/imgs/1/e/1e50ff45.JPG?700525 -のヘッドバッチ手前に見えるメタル調のパーツ。)
リタノフと一緒ですね~笑
2009/04/26(日) 00:25:22 | ひろ | URL | [ 編集]

☆ |ω ̄)…さん

フロントフォークとコラムですよね。
一旦はショップで整備を試みたんですが、もう駄目っぽいです。 このB級改造の経過でヘッドを締め過ぎてベアリングを損傷させてる可能性もあります。 さらに、錆びて抜けないんです。

前にも書きましたが、リタノフはFフォーク(コラム)とRDハンガーの2箇所が絶命寸前で、実質的にお釈迦です。
|ω ̄)…さんが言われるようにFフォークを交換する手も無くはないです(抜いたら戻らなさそうw)が、そこまでするなら、フレーム交換です。
最近こうして廉価パーツを片っ端から105&アルテに換えてるのも、次のフレームでコンポを買わずに済む為でもあったりして。。

どのみち、コンポには予算を投じても、このフレームには投じないかな~

残るはクランクセット+BBで、自転車1台分のコンポ(105以上)が揃います。 ウッシッシ
2009/04/26(日) 01:04:35 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ すんださん

そうです! グラインダーです。
無知なもので、その言葉が出てきませんでした。w

ショップの受け売りなんですが、特にブレーキ系統のアウターは、末端仕上げをきっちり平らにする事でブレーキ性能が異なるとか。 たとえば、ワイヤー部の1mmの歪みはブレーキレバーへの可動範囲では何倍にも反映してくるって。 テコ比を考えると理解できます。
よって、ショップ任せなツバメ号は、全てのアウターの末端を研磨して平らに仕上げてあるそうです。

リタノフは今回で初めてシフターをやりましたが、いずれブレーキのアウターこそやりたい部分です。
もっとも、こんな素人芸では、単なる気休めなんでしょうけど。w

で、すんださん。 本当にステッカー、甘えていいんですか?
ダウンチューブに“2249-10”を恥ずかしげもなく、ドッカーンです。 これで殺風景なフレームが解決できます。
他のステッカーを貼りたいと思った事は無いのですが、2249-10なら貼りたいですね。

ダウンチューブ(角タイプ)のサイズを測ったら平らな部分が36mmですが、ちょっとはみ出たほうが迫力あるとすれば、40mm程度がよさそうでした。 ボディの色は薄黄色ですから、文字色は黒とか紺でしょうか?
書くことがかなり図々しくなってきました。 別途、メールさせていただきます。
2009/04/26(日) 01:21:51 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ ひろさん

な、なんと! オルカとリタノフが同じですとっ!?
そりゃ、笑いが止まりませんなぁぁぁっ!

今回のアジャスターですが、元々はフロント用だけ装着するつもりでした。 でも、ゲット出来たのが2個だったから、っていう単純な理由。 でも、走行中に直せるのはとっても楽チンです。
ツバメ号のアジャスターはダウンチューブに装着されているので、時々走行中に直したりしており、もはや欠かせない部品にもなっています。

錆びですが、、、写真を見るだけでも、もうコラムが終わってる感じしませんか? ケミカルを注入して一時的に解決させているので、今はスムースに動いていますが、また動きがギクシャクするのも時間の問題でしょう。 こうしてリタノフの延命治療は続くのでした(笑)
2009/04/26(日) 01:33:10 | ゴードン | URL | [ 編集]

フォークとヘッドパーツは別ですよ
こんにちは。先日はどうもありがとうございました。

フォーク・・・見ないと分かりませんが、山ほどある雨ざらしの自転車よりは程度が良いと思うので、
ケミカルで潤滑+ぶっ叩きでフォークは外れると思いますし、外せたら取付できるでしょう。

ヘッドパーツ交換は工具とパーツがあればできますし、ヘッドパーツは下は2000円前後からありますよ。

今日から暫く上京しますので、ヘッド周りの工具を持っていきます。
お時間合うようでしたらやりますか(笑)。
2009/04/28(火) 11:14:35 | 3da | URL | [ 編集]

アルテのキャリパー
おはようございます!

アルテ良いですよね!
自分のリタノフ君は、ノーマルですが
もう1台のロードについています。

リタノフは『ふにゃ~』って感じなので
休日ロードに乗ると『カチッ!』という感触
はさすがです!
だてに高くはないですよねー。
DURAだったらもっと良いんでしょうね!
2009/04/29(水) 06:27:59 | Bicicleta | URL | [ 編集]

☆ 3daさn

先日はありがとうございました。
お会いできてよかったです。 お忙しそうだったので、今度ゆっくりお話が出来るといいですね。

リタノフのFフォークは諦めていたのですが、3daさんのコメントを見たら、なんだか上手くいきそうな気がしてきました。(^^)

依然としてFフォークの交換はする気はないのですが、、、、私はFフォーク周りの分解をしたことがないので構造を理解出来ていません。 構造をしっかりと理解したいという気持ちは強いので、タイミングがうまくあったら、教えていただけたら、正直嬉しいです。(^^)

Fフォークは別としても、いずれ近々ゆっくりとお願いいたします。(^^)
2009/04/30(木) 17:04:08 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ Bicicletaさん

もう1台のロードでアルテのキャリパーをお使いなんですね。 私と同じです。
今回、リタノフにアルテのキャリパーという贅沢(というか変態的?w)な組み合わせで、これがいかにチューンされるか凄く楽しみです。 片や、リタノフのヘッドチューブ&フォークの性能でアルテが生かされるのかが疑問ではありますが、これは改造欲を優先させるという滅茶苦茶な理論でオッケーかと。w

なんだか、デュラが欲しくなってきましたが、まずはアルテで存分に楽しみたいと思います。(^^)
2009/04/30(木) 17:08:38 | ゴードン | URL | [ 編集]

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。