江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201709 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201711
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCN7832.jpgリタノフ、逆立ち中

逆立ちすると、いい案が浮かぶんです。

・・・なんて筈はない。
ハイ。 これからリアディレイラー(RD)の交換です。
新車価格14,500円のリタノフにアルテグラのRDを装着となる、2年も経って新車じゃないし、まさに猫に小判です。

アルテグラのRDに交換して、それなりの効果はあるんだろうか? まずは、やってみましょう。

DSCN7833.jpg先にお断りしておきますが、これから出てくる写真は全部天地が逆さまです。
見やすいように上下反転させてみたのですが、見上げる様な目線で意外と見ずらい。 よって、逆さまのあるがままの写真にしちゃいました。

左の写真。 これは旧RD“ACERA”RD-2200のプーリー裏側です。

右側(内側タイヤ寄り)のプレートがチェーンに当たっており、走行中にカシャカシャとうるさかったのです。 転倒したわけでもなく、いつからこうなってたのか不明。 もしかしたら先日チェーンを2駒カットしてからこうなったのか?

どのみちアルテグラを買ってしまったし、音が無くなることを願ってアルテグラ装着といきましょう~!
DSCN7840.jpgRDの交換作業です。。

写真左は取外したRD: “ACERA”RD-2200
写真右は取付けるRD: “アルテグラ”RD-6600-SS

こう並べてみると、プーリーの大きさがかなり違います。 もともとRD-2200 はトータルキャパシティが35Tもあるので、躯体自体が大きいんですね。

アルテグラにはフロントダブル向けのショートゲージ(トータルキャパ29T)とトリプル向けのロングゲージ(トータルキャパ37T)があり、このアルテグラはショートゲージの方。

RD-6600-SSの仕様は。。

 対応リアスピード:9/10s
 対応リアスプロケット最大:27t
 対応リアスプロケット最小:11t
 フロント・ギア歯数差:16t以下
 トータルキャパシティ:29t

一方取付ける自転車側は
フロントは53-39Tダブルでギア歯数差は14T、リアは13-26Tでギア歯数差は13T、トータル歯数差は27T、リアスプロケットも11-27Tの範囲内に収まっておりキャパシティはクリアですが、リアスピードが8sという点だけNGです。

9/10速仕様に対して8速というのは、大は小を兼ねるものなのか? ハブ上にカセットが乗ってる範囲は同じだろうから、きっと大丈夫? やってみれば分かる話です。

~~~~~
ここで互換性について、少しばかり余談。
今回はRDの話ですが、FDについては、リタノフでは 『ロード用のFDを用いてフラットバー用のシフターを使用』 という使い方をしています。
ロード用のFDとフラットバー用のFDには本体部の引きしろの違いがあって、相互の互換性はありません。 RDでは、○S用とか書いてありますが、FDは○S対応という他にフラットバー用って意外と細かく、RDよちFDの方が繊細なんですねー まぁ、わざわざ105のFDを買って装着してしまったので、互換性が損なわれてるのを知りつつ、とりあえず動いているのでこのままいってしまおうと思います。
~~~~~

DSCN7841.jpgでは、アルテグラ・RD-6600-SSの取付といきます。
センター部をあわせ、5mmアーレンキーで回して本体を取り付けます。
取り付けただけで、ワイヤーはまだ通していません。

DSCN7843.jpgフロント・リア共にギアはアウター側にセットし、チェーンを通します。

このギア位置の状態で、2枚のプーリーが地面に対して垂直に並ぶ様にチェーンの長さを合わせます。
先日、チェーン駒を破損して短くなってしまったチェーンですが、今回ショートゲージでプーリーも小さいRDに交換となった為か、さらに2駒減らす事になりました。

DSCN7845.jpgガイドプーリー(スプロケット側のプーリー)がアウターギアの位置と揃う位置に、アジャストボルトを回して調整します。

写真は逆さまですが、2つのネジの車軸に近い方がアウターギア側用、車軸から遠い方がインナーギア(1速)側用です。

スプロケットに対してガイドプーリーが動く範囲を決めるもので、ネジを時計回りに締めると可動範囲が狭くなり、緩めると広くなります。 広すぎるとチェーン落ちの原因となります。

次の作業は、今まで一発で出来た事のない作業、『RDへのインナーワイヤー取付』です。
一発で出来ないのは、その場しのぎの山勘で作業が原因です。 何事にも言えることですが、基本を知る事。 基本が出来てないなら、せめて説明書くらいは丁寧に読もう。

という事で、説明書に従順にやってみました。 そしたら、一発でうまくいきました。w

DSCN7847.jpg説明書に少し脚色しちゃいますが、実際の作業はこれ。
 (~作業に慣れた方にはどうって事ない話です、多分~)

インナーワイヤーを通す前に、レバー側(自転車によってはダウンチューブのアウター受け)とRD側のワイヤー長調整ボルトを最大に引っ込めておきます。
シフターをトップギアにした状態でインナーワイヤーを仮固定し、ダウンチューブ部に露出したインナーワイヤーを横方向にグイグイと引っ張って初期伸びをとり、再びRDのワイヤーを固定しなおします。
このワイヤー固定ネジ付近の作業は、ワイヤー先端を指で強く引く程度で十分です。 ペンチでグイグイ引く必要もないし、ペンチだとワイヤーが痛んじゃいます。 昔はペンチで引いてたっけ。w

次に、Rギアをインナー側に変速、途中でシフトダウン出来なくなったらアジャストボルトを回して(緩めて)インナーギアへ移動、この作業を繰り返しながら、シフター1速=スプロケット1速の位置が合う位置を決めます。

この作業で、インナーギアへ上手く届かない(2速でこれ以上変速しない)状態がありましたが、『テンションアジャストボルト(付根すぐ横の+ネジ)』を調整することでうまくいきました。
ただし、テンションアジャストボルトは、スプロケットをガイドプーリーの間隔を適切にするのが本当の役割であるので、それを付け加えておきます。

可動範囲が決まったら、アウターワイヤー調整ボルトを時計逆回しにしてワイヤーの張りを調整します。 どこかですべてのギアがピッタリと合う位置があるはずです。

実際ピッタリ合いました! 気分いい~!

DSCN7852.jpgハイ。 これで完了。 難航すると思っていましたが、説明書を読んだお陰で(笑)すぐに終わりました。

では、実際に走った感想。 ウヒャ~! ギアがスコスコ入る~!

一口にスコスコ入ると言っても 『そりゃ高いRDなら当たり前でしょ』 程度の根拠なき感想でしかありません。

具体的には、トリガーシフターにおいて、シフトアップのときは大きな違いはありません。 何となくレスポンスが良いという先入観だけ? シフトダウンのときは意外とピッタリと行かなかった(少しズレる)ミスシフトみたいなのが減った感じがします。
シフトアップはワイヤーを緩める(開放する)という動作に対して、シフトダウンはワイヤーを引く(締める)動作です。 この引く際は実際には指加減なわけで、これがアルテグラのRDになって少し楽に感じたかな? 少ししか乗ってないから、気のせいかもしれないッス。(をぃをぃ)

DSCN7849.jpg長文ついでに、最後に10s化について。

実車は8sなのに10sのRDを装着した事によって、9s化や10s化がグッと近くなりました。 シフター、スプロケット、チェーンを同時に交換するだけ。

では、理論上、9s化と10s化がどれだけ変わるものでしょうか?

8sのギア構成には12-21T、13-23T、12-23T、13-26T、12-25T がありますが、私でしたら、12-25Tを選びそうなところが、持っているのは“13-26T”です。
9s化にしても10s化にしても、“12-25T”を選んだ場合を考えてみました。

  8s  13-14-15-17-19-21-23-26
  9s  12-13-14-15-17-19-21-23-25
  10s  12-13-14-15-16-17-19-21-23-25

こうして並べると一目瞭然。 8s → 9s は、トップの12Tの有無の違いだけです。
1速は別として、殆ど違いがない。

そこへ来て、リタノフのチェーンリングは53-39Tです。 アウター使用でケイデンス110rpmで漕ぐと、リア13Tで56.4km/h、リア12Tで61.1km/hの速度域です。 こんな速度を出す場がそうそうあるか?と考えると、あんまり必要ない。 フロント39Tなら41.5km/h~45.0km/hですが、ここに拘るかどうか?です。
つまり、60km/h超にならないと9s化は意味がない。 という結論。

8s → 10s の場合は、トップ12Tの有無と、中盤16Tの有無です。

フロント53Tでは、 リア17T(43.1km/h) → 16T(45.8km/h) → 15T(48.9km/h)
フロント39Tでは、 リア17T(31.7km/h) → 16T(33.7km/h) → 15T(36.0km/h)

参考までに、これをコンパクトドライブ 50-34T に換装した場合(←ツバメ号と同じ)

フロント50Tでは、 リア17T(40.7km/h) → 16T(43.2km/h) → 15T(46.1km/h)
フロント34Tでは、 リア17T(27.7km/h) → 16T(29.4km/h) → 15T(31.4km/h)

となります。

DSCN7854.jpg16Tの存在は大きいか。 10sは欲しい気がしてきました。
フロントを53-39Tでは53Tが使いこなせてない点も加算して、コンパクトドライブの50-34Tにすると、さらに10s化が生きてくるのかな?

10s化に伴って、フロントをコンパクトドライブ(50-34T)化がベター?

フラットバー用10sトリガーシフターは高いし、元々ドロップ化する気もないので、再びブルホーン化でしょうか。 バーコンなら持ってるのでそのまま使用可。 STI化も魅力ですが、予算が。。。汗

リタノフ。 2度目のブルホーン化か? 形状の異なるどっちのブルホーンバーを使うか?
リタノフ。 8sか、10s化か?
リタノフ。 バーコン仕様か、STI仕様か?

この際、オポジットレバーもカッコイイねぃ! DHバー装着で通勤か?

楽しみを抱えながら、記事はオシマイです。 長文を最後までお付き合い、ありがとうございました。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ←少しは落ち着いて乗れよ!と思ったら、ポチッとお願いしまーす!

コメント
この記事へのコメント
なるほど、フロントギアの歯数差は16T以下ならOKなんですね、知らなかった。
ということは、私の今乗っているロードでも 52T x 36T でのコンパクト化が
可能という事か・・・
レースでのトップスピードに付いていく為には52Tは必須ですから、
次のレースまでにどうするか考えておこうっと♪
2009/02/21(土) 15:22:14 | らすかる | URL | [ 編集]

☆ らすかるさん

フロントギアの歯数差16TというのはRDのキャパシティの事ですが、正直、Fインナーの歯数は考えたこともなかったです。
大抵はアウター縛りなんですが、街乗りではインナーの方が刻めるわけで、乗り方自体を変えたほうがいいのかなって自分で思いました。

レースで52Tですか。
現在のリタノフの53Tは私には厳しいし、ツバメ号の50Tにしても、、、、内心48Tが欲しいなんて恥ずかしくて言えません(言ってるけどw)

今年からヒルクライムに着目したいのですが、そうなると、フロント大径ギアからは、ますます縁遠くなりそうです・汗
2009/02/21(土) 17:34:44 | ゴードン | URL | [ 編集]

なるほど、、8速と9、10速の違いが歴然ですね。
これならティアグラではなく、105が入門用のコンポですね。

因みにトリプルにすると何が違ってくるのですか?
2009/02/21(土) 18:06:03 | ピスト男 | URL | [ 編集]

こんばんわ!

そうですよね!! 基本をしっかり身につけることで、しっかり滑ることできるんですよね!! がんばります!!

RDを交換したんですね!! 現在8速ですが、10速のRDでも、8速はチェンジできるんですね!!

調整で、使用できるというのが一番大きいですね♪

RDは10速用に交換したので、9速、10速に近くなりましたね!!

また、ゴードン号のフレームはまだ大丈夫ですが、フォークがダメですか・・ 

僕も、最近感じたのですが・・ 締めすぎたのかもしれないのですが、なんだかいっくん号のフォークの動きがやけに渋いんです・・ そろそろダメになってきたのでしょうか・・・。

フォークも安くないので・・ しばらくはこのままですね・・ いっくん号のフレームにも愛着があるので♪♪
2009/02/21(土) 18:49:47 | いっくん | URL | [ 編集]

☆ ピスト男さん

リタノフに乗ってた私から見たら、105は入門どころか、憧れのコンポですヨ。
105が次の記事で出てきますので、憧れだっていうのがお分かりいただけるかと。
(ケチケチせず、今書けよ、って?w)

ダブルとトリプルの違いですか。
様々な考え方がありますが、私自身はこう思います。
  ↓
多くのシチュエーションを考慮できる点では当然トリプルが有利だし、安心感も高いかと思います。

一方、重量が違います。 でも、チェーンリング1枚程度の重さは、その分体重を減らせばいいわけで(爆)、軽量化にはあまり興味ナシ。
それより気になるのは“Qファクター”と言って、左右の脚の幅です。
チェーンリングが3枚あるより2枚の方が薄いわけで、自転車に跨った時の脚の開き度合いがダブルの方が狭く済みます。 よって、長時間漕ぐことを考えたら、ダブルの方が疲労が少ないだろうと思って、私はトリプルよりダブルの方が好きです。

まぁ、好みや走りは人それぞれ違いますから、どっちが正しい選択肢なのかは一概には言えないかと思います。
2009/02/22(日) 01:41:24 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ いっくん

本文にも書きましたが、9/10sのRDに対してスプロケが8s。 『大は小を兼ねる』となるのかが実は不安でした。 ダメだったら10s化すればいいか、という軽いノリでしたけど。(^^)
まぁ、これで10s化がグッと近付きました。 現在の(8sの)ギア構成上、9sにするメリットは無いですが、10sのメリットは大きそうです。

フロントフォークの動きが渋いんですか? 締めすぎ??

私はその部分の知識が浅いのでハッキリとは言えませんが、Fフォークのコラム部には玉当たりといって、ベアリングの押し具合の調整があります。 次のスレッドに出てくる105ペダルを分解した際も玉当たりにより動きが全く違います。 Fフォークの場合はコラム内を締めすぎるとハンドルが全く回らなくなるという事態を生みます。 このあたりの手加減は難しいでしょうね。 正直、私には怖くて手が出せない領域です。
・・・と書きましたが、玉当たりだけが原因でないかもしれないです。 それでも念のため、玉当たりを疑ってみてください。 緩めすぎるとガタが来るし、締めすぎると動かなくなる上にベアリングボールが死んでしまいます。 要注意ゾーンです。

それにしても、リタノフのFフォークはちょっと厳しい状態なので、寿命間近な気もしてしまいます。
リタノフがお気に入りなだけに、もしも寿命だったらとっても残念ッス。
リタノフもいっくん号も、もっと長持ちして欲しいですね。
2009/02/22(日) 01:55:28 | ゴードン | URL | [ 編集]

こんばんわ! 確かに・・ でも、調整で8sはしようできるということでよかったです!!

ですが、Rディレーラーは10速用ULTEGRA! ゴードンさんの言うとおり、10s化は近くりなりましたね!! 

フロントフォークの動きがちょっと渋いです・・ どうも、原因がよくわからないのですが・・ 玉当たりが原因ですか・・ 確かに、フォーク内にはベアリングがありますし、そのベアリングを押し具合によってもハンドルの動き変わりますよね・・

締め具合がよくわからないです・・

ゴードンさんの言うとおり、要注意ゾーンですね・・

確かに・・ 僕もRB2はデザイン的にもまた、RB2のおかげもあってここまでこれたというのもあるので、かなりの思い入りがある自転車なので、フレームは取っておきたいです!! 

ゴードン号もいっくん号も長持ちしてほしいです・・・。
2009/02/23(月) 17:44:10 | いっくん | URL | [ 編集]

☆ いっくん

始めたらもう止まらない感じで、材料も揃ってあと少しの作業で10s化が完成です。

10s化の前にブルホーン化したのですが、ステムを交換するときにヘッドパーツを強く締めすぎてハンドルの動きがギクシャクしてしまいました。 緩めて軽く締めなおしたら簡単に直りました。 でも、手加減って難しいですし、このコメ欄でも文として表現できないです。w

こうもいじってて、リタノフがますます好きになりました。 いっくん号も大事にしましょうね~(^^)

2009/02/24(火) 03:01:56 | ゴードン | URL | [ 編集]

こんにちわ! 記事見ました!! ゴードン号、ブルホーン化復活ですね!!



確かに・・ ステムを交換するときは、ヘッドパーツも外さなくてはいけないので、そしてまた取り付けるときにしめなくてはいけませんし・・ その時の締め具合がやはりなんとも言えないですよね・・ 締めすぎると、ハンドルの動きが渋くなりますし、また、緩めすぎると、ガタガタになってしまいますし・・ 難しいです・・

でも、やはり自転車いじりは楽しいですね!! 

いっくん号も大事に使っていきます!!
2009/02/24(火) 15:22:53 | いっくん | URL | [ 編集]

☆ いっくん

フラットバーだったリタノフをいじってみたくてブルホーンバーにしてみたのが始まりで、なんか懐かしいです。 でもたった2年前ですけど。
その頃、いっくんはドロップ化だったかと思います。

さて、ヘッドパーツ。 そもそも玉当たりを調整することでハンドルの動きを調整するための物で、とても小さい部品ながら、けっこう肝心な部品です。 ベストセッティングにしましょうね。
2009/02/24(火) 22:51:04 | ゴードン | URL | [ 編集]

こんばんわ! コメントが遅れてしまい、申し訳ございません!

もう2年経つんですね~・・ すごく時が流れるのが早いです。。

あの時は、ゴードンさんもゴードン号をフラットバーからブルホーンバーに換えたり・・

ゴードンさんに相談をして、いっくん号をドロップ化したり・・

すごく懐かしいです!!

ヘッドパーツ。。 玉当たりを調整することで、ハンドルの動きを調整するものなんですよね~ ゴードンさんの言うとおり、とても小さい部品ですが、結構ネック。 ベストにセッティングしていきます!!

いっくん号の後は白龍号です・・ 間違えて、ヘッドキャップをオーバーサイズから1インチに換えてしまったので・・・。
2009/02/27(金) 20:03:21 | いっくん | URL | [ 編集]

☆ いっくん

2年も前の事ですが、あのときは随分と酷い改造をしていました。 いえ、今でもプロの方に言わせると低レベルな改造なんですけどね。
それに、とにかく安い部品ばかりを探していたっけ。 高い物を買えばいいというわけではないし、それよりは知識・経験を積んできちんと取り付けるようにすれば、安価な部品も生きてくるんでしょうね。

でも、たまに改造前の何もいじってないリタノフに乗ってみたいと思うことがあります。 ノーマルなドッペルギャンガーも見てみたいなぁ♪
2009/02/28(土) 00:31:43 | ゴードン | URL | [ 編集]

こんにちわ! 僕もですよ!! あの時は、ドロップをいち早く試したい!という気持ちが強く、コンポやタイヤなどの走りに関わる部品のことなど後回しでした・・

なので、ちょっと失敗したという感じが・・

最初はドロップ化(仮)完成で、ブレーキのみの装着で、ギアチェンジが出来ない、半ピストみたいな状態で・・そのあとにA050というグレードのシフターをネットで発見し、あさひで購入し、取りつけ、なんとかギアチェンジはできて・・・ 

このA050のシフターの命は短く・・ この年の誕生日にSTIを買ってもらい、なんとかドロップ化は完了し・・

このあとからでした・・ ホイル交換やコンポーネントSORA化なども・・

僕も、ドロップ化、コンポなど探すのにも、いい部品で安く手に入る方法を探してました!! 

でも、このこともあり、自転車の楽しさや知識なども身に着いたと感じます。。

すごくわかります・・ 僕も、たまに、フルノーマルのいっくん号に乗ってみたいとも思ってきました・・。 いっくん号が家に来て、初めて乗った時の感覚・・ 今ではいい思い出です♪ 笑

もう今年の4月21日でLong Wayは2周年で、26日でいっくん号も2年です♪♪ 早いです。。。

なんだかすごく懐かしく感じてきました!!
2009/03/01(日) 15:43:46 | いっくん | URL | [ 編集]

☆ いっくん

『ドロップをいち早く試したい』という気持ちは、すごーく共感します。 よく理解できます。
形をそれっぽくしたいっていうのは、私の最初のブルホーン化の時の気持ちでして、何でもいいから改造して遊びたかったんですヨ。 質なんかどうでもいい、みたいな。 脚を鍛えれば、どうにでもなるし、、なんて。

ただ、あれがきっかけで自転車部品にすごく興味を持つようになって現在に続いてるような気がします。

上位コンポの良さが自分に分かるのかどうかは別として、部品を交換したときの質の向上を実感(体感)できたときは本当に嬉しいです。 それだけに、改造前の自転車にも乗ってみたいです。

いっくんのブログはもう2年ですか。 間もなく「オメデトウ」ですね!
2009/03/01(日) 17:43:31 | ゴードン | URL | [ 編集]

こんばんわ! あの時はいち早く試したいが強く、ゴードンさんの言うとおり、質は後回しでした。。

足を鍛えて、形からという感じで・・・

ただ、ゴードンさんの言うとおり、あの時のドロップ化がきっかけで、「質」つまりコンポーネントなどの「走り」に直結する部品に興味を持ち始め、今に続いています。。

あの時は、金銭面的にというのと、7sにこだわりがあり、7s用STIを買ってもらったので、なんとかSORA・3300・7s仕様でまとめたいと思っていました。。

するとBB交換かと思いきや・・

新しいフレームを・・

とりあえずSORA化は現白龍号にし、いっくん号はフレームのみになってしまい、また1から組むことになり・・

白龍号は思い切って10速(105化)に・・

今に至ります・・。

確かに、部品を交換した時のギアチェンジやブレーキングのときの反応の良さ、質の向上は本当にうれしく、感動でした!!

こういう時だからこそ、ゴードンさんの言うとおり、ノーマル状態の自転車に乗ってみたいです!!

僕のブログは、引っ越す前のgooブログからの継承だと4月21日でおかげさまで2年になります!!(FC2に引っ越したのは、去年6月8日です)

ありがとうございます!! 
2009/03/04(水) 18:56:50 | いっくん | URL | [ 編集]

☆ いっくん

最初の頃、質を求めずとにかく改造なんていうのも、楽しかったです。 一所懸命にネットやショップでパーツを探すうちに自然とパーツの事を覚えてきます。
特にいっくんはその辺りの知識を得たんじゃないかな。 高級コンポを熟知している人は多いですが、エントリークラスのコンポをきちんと研究した人は少ないでしょう。 それを思うと、『7速』という存在は面白いですね。

で、今はどうですか? 10速の味を知ってしまって、7速へ戻れるか?
私自身、同じ質問をされると、何とも言えませんが、互換性が無い7速は苦労することが多すぎるから、戻れても互換性の保てる8速かな。
いや、リタノフを10s化した時点で、逆戻りの意志が無いってことかな。
(自分でも分かりませんw)
2009/03/08(日) 02:36:55 | ゴードン | URL | [ 編集]

こんばんわ! コメントが遅れてしまい、申し訳ございません!!

そうですね~♪ 最初のころは、質は後回しでとにかく改造!を楽しんでいました。。 ネットやショップで聞いては検討し、また聞いては検討して・・の繰り返しで・・。 結構廃案になったものも数多くあります。。 笑

でも、こうプロに聞いたり、探したりしているうちに、ゴードンさんの言うとおり、自然のパーツのことを覚えてきました。。

確かに、最初から高級車に乗っている人は、高級パーツのことは熟知していますが・・ 最初エントリークラスの自転車から乗っている人は、エントリークラスのコンポをしっかりわかるので、後々、高級コンポに変えた時の実感などもわかりますね♪ 

確かに、「7速」の存在は面白いですね! 一昔前のロードの歯数ですからね♪♪

今は・・ 7速から10速へ・・ 今までのSORA7速仕様では、少しギアチェンジにもたつきがあったり・・ 今、7速に戻るとすると、ちょっと慣れるまで時間がかかってしまいそうです。。 

確かに、ゴードンさんの言うとおり、7速だと互換性があるパーツはごくわずかになってしまいました・・ SORAも3300から3400にモデルチェンジし、9速になってしまいましたし・・・
2009/03/12(木) 18:51:28 | いっくん | URL | [ 編集]

そういえば、SORAって8sから9sに変わったんでしたっけ。 リタノフに付いてた8sのスプロケット(今は10s)はSORAだったから旧モデルなわけです。

私は5sとか6sの時代に育ったので(どんだけ昔なんだ?w)7sでも多いくらいですし、10sなんてブッタマゲもんです。
今ウチのママチャリが外装6sなのですが、昔のロードの段数を超えているのかと思うと笑っちゃいます。

なんか、ママチャリの改造を再開したくなちゃいました。w もっと多段化できないかなぁ・・(^^)
2009/03/13(金) 00:16:40 | ゴードン | URL | [ 編集]

こんばんわ! そうなんですよね~ SORAは8sから9sに代わりました! ゴードン号に着いていたのは、SORAの旧モデルだったんですね!!

5sや6sの時代もあったんですよね~。。 僕の団地のローディーさんは、今はCYCLEWORLDのSORA(3300)に乗っていて、8sですが、昔のっていたのは、フロント1枚の5s。 フレームは競輪選手が作ったフレームみたいですよ!!

確かに、そう考えると、僕もママチャリは6sなので、多いですね♪

ママチャリの改造、僕もしたくなってきました!! でも・・・

父に「いじったらなんもしてやらないぞ」と言われているので・・・・ 泣
2009/03/14(土) 19:46:14 | いっくん | URL | [ 編集]

☆ いっくん

ママチャリをいじったらお父様NGですか~w

それに関してはNGだというご意見が明らかに正しいですねぇ、ハハハ ママチャリにはママチャリに合った部品があるから、そのままがベターで、いじってしまうとかえって使い勝手が悪くなる事も多々。
・・・なぁんて、その辺は、散々改造をやってきたいっくんなら、言われなくても分かってますよね。

でね、、まだ記事に出て来ませんが、リタノフ10s+バーコン仕様の寿命は短く、間もなく10s+STI化ってなります。
進化というよりは、単にいじって遊んでいるだけの気がしてきました。w
2009/03/20(金) 17:03:34 | ゴードン | URL | [ 編集]

こんばんわ! そうなんですよ・・ ママチャリをいじったらだめなんですよね・・ 先輩ママチャリのピストママチャリは、通学途中で単独事故というか・・・ 雨が降った後で、スロープを上ろうとしたところ、誤ってスリップして、前輪が曲がってしまいました・・ 前輪だけでなく、よく見たらフォークも曲がっているようにも・・。 なので、新しく外装6sのママチャリ(SAIMOTO CABIA)を買ってもらいましたが・・

これはいじったらだめだと・・

確かに、ゴードンさんの言うとおり、ママチャリにはママチャリにあっている部品がありますからね~・・ ただ、ハンドル周りは、近いうちにバーエンドをつける予定です♪ 笑

ゴードン号、10s+バーコンから10s+STI仕様ですか!! すごい進化ですよ!! というと・・ハンドルはドロップですか??

2009/03/20(金) 23:05:23 | いっくん | URL | [ 編集]

☆ いっくん

遂にいっくんの後姿を追うようになった感じです(笑)
これは、明らかにいっくんが先輩ですから~

この記事の本題はアルテグラのRDなわけですが、せっかくのアルテグラのRDを無段階バーコンで使ってるのが勿体無い気がして、それなりの変速性能をインストールしたくなったわけです。

『ハンドルはドロップか?』といういきなり核心を突いたお話ですが(爆)これは記事に書かせていただきます。
(・・・って、ドロップだよって言ってるようなもんですが(自爆))

あ、新しい記事はいっくんの出番みたいなもんですから、そろそろ新スレッドへいらしてくださいね♪
2009/03/23(月) 01:57:48 | ゴードン | URL | [ 編集]

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。