江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201709 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201711
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薄手のサドル (2008/12/08(月) 02:15:09)
DSCN7036.jpgヤフオクを見てたら、突然サドルが欲しくなりました。(衝動買いだ)

スペシャライズド・トゥーペ (Specialized TOUPE TEAM)

定価は18千円強で実勢価格は15千円前後かと思われますが、ヤフオクの現在価格と残り時間を見ていたら、「これは安く落札できる!」と踏み、オークション最終時間までPCと睨めっこをし、結果は7,860円という安値で落札、おまけにスペシャのバーテープ付でした。

DSCN7044.jpgサドルといえば、相性のいいサドルというのは意外と見つけにくいものですが、このサドルは実際に使っているサドルとほぼ同じ物なので、その不安はクリアしています。

写真の黒い方は今回買ったものですが、白い方は、ツバメ号のサドルです。 比較の為に取り外した物で、普段はツバメ号装着されている使い慣れた物です。

まずは、白いサドルの使い勝手について。
  ▽
そりゃツバメ号を買った当初はオシリが痛くて「こんなサドル、ダメぢゃん。私のオシリにフィットするサドルを探さなきゃ」なんて思ったほど、私には「失敗した買い物」でした。 早く買換えたいけど、15千円もする物をそうそう簡単に諦めてはいけない。

使ううちに分かった事ですが、、、要は乗り方が悪かっただけだったのです。

坐骨を立てるように意識したら、アラ不思議~! オシリは快適。 適度に硬い表面と適度な弾力があって、100km走っても平気。 ツールドちばで3日連続・389kmを走ってもオシリは平気でした。

いきなりベストセレクトかどうかは不明ですが、とにかくお気に入りのサドルとなったわけです。

そして今回の黒いトゥーペ。 白いのとはほんの少し違います。 この違いがどうなる事やら?
DSCN7039.jpgこうして並べてみると~・・サイズが違います。

白い方は143mmというワイドな物。 黒い方は130mmという少し狭いもの。

私としては、この黒いトゥーペはリタノフに装着して通勤用に使用したいのです。 通勤は片道9kmという短距離。 いつもクルマとバトルなわけで、私は「通勤・短距離決戦用」と位置づけており、使い慣れたサドルの幅狭タイプと決めていたわけです。

動機が不純ながら、目的はハッキリとしてますがな(笑) しかし、決戦って何だろね?

DSCN7041.jpgところが、その考え方は少し間違えていました。 やたら自転車に詳しいおねぃさんにお聞きしたところ、サドルは坐骨の幅で決まるって。 へぇぇ? 目的で決めるんじゃないの? まぁ、143mmが本当にジャストフィットだったかどうかも不明だし、使ってみようぢゃん。

っていうか、正直、見た目も重要。(笑)

展示?の為に棒(レンチ)を団子のように突き刺しましたが、やっぱ、見た目ペラペラなサドルの方がカッコイイし、実際に使用しても硬めの方が疲れないです。

かと言って、バリバリのカーボンむき出しなサドルは、「ちょい待ち」かな。 それはいずれ近い将来。

DSCN7045.jpgでは、次の比較対象。 リタノフから外そうというサドル(黄色)

VELO製の黄色いサドルはリタノフを買ってすぐにヤフオクで3千円弱で買ったもの。 これもこんな安い割に使いやすいサドルです。
自分が気に入ったからこそ言えるのですが、「どうもオシリが痛くてねぇ」というビギナーの方には具合いいサドルだと思います。 ただし、それは男性限定の話。 妻は嫌がっていたので、女性には向いていない可能性大なので、ご注意くださいマセ。

こうして上から見て比べると、全体の大きさは大差ないです。 VELO(黄色)の方が若干幅があるので、今度は少し狭くなる感じです。

DSCN7046.jpg横から見ると、、、また串刺ししてますが。w

一目瞭然。 完全に別物。

あ、でも、VELO(黄)を下から見ると、「全体が湾曲しててサイドまで包まれている」というものなので、見た目の厚さがサドルのアンコ(緩衝材)の厚さというわけではありません。 それでも肉厚は軽く2~3倍はあるかな。

指で押した感じだと、VELOはクッション性がある素材であって、トゥーペはサドルのベースの弾力で全体がしなる、、こんな違いがありました。 この2つだけを比べりゃトゥーペの方が圧倒的に硬いです。

最近はこのフカフカが快適と感じなくなってしまい、今回からは硬いサドルに転向なわけです。
過去記事でも触れています

DSCN6431.jpgじゃっ! リタノフに取り付けてみよう。

ご参考までに。
左の写真は、旧サドルVELOの状態です。

つまり、「使用前」

DSCN7048.jpgんで。 こっちが「使用後」

スペシャのトゥーペが装着されました。

少しばかりスポーティな感じになったでしょうか。

よしっ! これで通勤・決戦マシンの出来上がり!

最後に。 実は今回はキャリパーブレーキを買おうと思ってヤフオクをチェックしてたのです。
ところが、たまたまこのトゥーペが安いのを見つけてしまい、「どうせ1万円は超えるでしょ、超えたらそれまで、ハイ、サイナラ」くらいのつもりで入札していました。
ところが予想に反して、このサドルだけ値段が上がらなかったのです。 他のトゥーペなんか15千円通過してるのもあったほどなのに、なんかラッキー。

よって、リタノフのキャリパー交換はオアズケです。

リタノフの生き残り度チェック!
 ・ フレーム
 ・ フロントフォーク
 ・ キャリパーブレーキ (間もなく絶命?舟とシューは105です)
 ・ シートクランプ (数百円なのに根強い)

フレーム無くしてリタノフと言えるのか?というのは当たり前の話ですが、フレームかフロントフォークが逝ってしまった場合はまとめて新車です。 現在の候補はフレームセット“FS TCR ALLIANCE”(\115,500) と思っていますが、まだまだリタノフ乗りたいもんね~! “ジャイ”はウソです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ←通勤チャリに鞭打つべく、ポチッとお願いしまーす!

コメント
この記事へのコメント
|ω ̄)…若干。。。
当方とゴードンさんは体格が
(体型が?・爆)違いますが。。。

当方の個人情報として
当方使用のサドルのサイドは130mm。
当方の坐骨幅はほぼ110mmを切るくらい。
男性の平均は存知ませんが
肉付きとは違い坐骨幅は男性の場合
大差ないのではないでしょか^^

とはいえサドルは前後位置により
幅が変化します。。。
ということは
ポジショニングの問題にも発展するわけで…
サドルのベストポイントに加えて
感覚もあるので、なかなか当たりを引かない由縁なのでしょうね^^;

気になっているのは
前回のJr君のR3は若干前上がり。。。
今回のは若干前下がり気味に見えるのですが…
( ̄ω ̄;)…←意外に細かい悪魔君(爆)

さらに言えばツバメ号のサドルもはずしちゃいましたねぇぇぇ。。。
( ̄ω ̄)サドルの前後位置、大丈夫ですか?
 ↑
不安を煽るのも結構うまかったり(爆)
2008/12/08(月) 05:23:54 | rook | URL | [ 編集]

☆ rookさん

アダムセブン号のサドルが前上がりだっていう事ですよね。
それは気付いていました。 実は買ったまま角度をいじっていないのですが、どんなもんなんだろう?って。

たとえば、テールがヒョコッと上がってる形のサドルってありますよね。 記事本文のリンク先に出てくる妻のサドル。
この写真の中央のサドルの事ですが。
  ↓
 http://blog-imgs-29.fc2.com/r/o/a/roady/DSCN5209.jpg

これはどの角度が水平なのか、正直、よく分かんないんです。

本文のスペシャ2点については、一応、水準器で水平にセットしたつもりですが、水準器をサドルの何処に置くかにもよってズレてしまいますから、もう1度計測してみます。
(一応、水平のつもりだゾ(笑))

サドルのヤグラをいじってて気付いたのですが、ツバメ号のコロンバスだけは小さなギザギザがあって固定しやすい構造でした。
他のヤグラはみんなアバウトな作りで、固定するときに若干曲がったりしちゃいそうです。

ツバメ号の後退位置については、外す前の目盛位置と同じにしてあるので、一応、元通りにセットしてあります(と思う)

後退位置についても、サドルの着座位置とどれだけズレるか、奥が深そうです。
2008/12/08(月) 17:43:22 | ゴードン | URL | [ 編集]

なかなかですね~
こんばんわ~、自分が使っているサドルはカシマ製の競輪用のサドル、カシマファイブゴールドです。でも高いくせにサドル自体が硬くて硬くて、、、

http://img11.shop-pro.jp/PA01055/440/product/9785560_o1.jpg
値段約10000円前後です。
もっと柔らかいサドルにすればよかったと思ってます。
でも乗り始めはまたとケツが超痛いのですが慣れてくると良いサドルだなぁ、と思います。でも長距離には向いていないですね~、
長距離を走るときはもっと柔らかいサドルに切り替えて行きたい位ですね~(流石に100キロ以上の走行になるとケツが猛烈に痛くなって走りに集中出来ませんので汗)
でもゴードン様のサドルは一番柔らかそうで長距離も楽に行けそうですね~、
所でゴードン様は今後シングルを購入される予定等はありますか?シングルもなかなかいいですよ(坂等は一番きついです)後、2週間位で待望のロードのフレームの塗装が出来上がります!パーツは全部デュラエースにしようと思ってますが流石に全部とはいけませんので、パーツのお金貯めないといけないので1年くらいは塗装だけ完成したフレームのままですねw頑張ってパーツを買いますw
ゴードン様はフルデュラ等はお考えでしょうか?以前お会いした時は確かアルテグラでしたっけ?
2008/12/08(月) 21:31:06 | ピスト男 | URL | [ 編集]

一口コメント
>これはどの角度が水平なのか
後ろのそり返し部分は、お尻が後ろへずれないようにする為に
あるようなものですから、そり返しより前の部分を水平にすると
しっくりきますよ~。
2008/12/08(月) 23:24:50 | らすかる | URL | [ 編集]

某おねぃさんって誰でしょ?(笑)

サドル会わなかったら私がもらってあげますよ~~~♪
ジャストサイズは143mmなんですが、よく考えたら東京バイクちゃんは130mmくらいなんですよ。
その実績を考えたらイケるかも。

ま、ウチの場合私がダメでも相方がいますからねぇ~
相方は全然OKよん♪

と言うことでお待ちしてま~~~っす(^▽^)
2008/12/08(月) 23:41:48 | mayu | URL | [ 編集]

☆ ピスト男さん

競輪用というと、まさに短時間決戦向けなのでしょうか?
長時間ライドには向かないとか?
見た目には硬そうに見えないんですが、実際はガチガチなんでしょうか。
さらに幅が狭いとか、なんかドキドキするサドルですね。

私のサドル、、、この記事のメインであるスペシャのトゥーペは硬めです。 もっとも、カーボンむき出しの物よりは柔らかいですし、本体がそれなりにしなるので、慣れればロングライドには楽チンなサドルです。

ピストですが、なかなか変速系ロードから抜け出ることができません。 お金が出来るとすぐにツバメ号&リタノフに投じてしまうし、これ以上置場所もない(切実w) よって、今のところ買う予定ゼロですね~
ブルホーン仕様ピストが欲しい事には変わりありませんけどネ。

フルデュラAは、私にはオーバースペックかな。。 基本はアルテグラSLです。

この際ですから、どこにどのコンポかというと、列挙するとバラバラかも。

ホイール →デュラA
変速機系(FD/RD)・レバー一式 →microSHIFT アルシス(アルテに相当?)
クランクセット →アルテSL
カセット →アルテSL
チェーン →デュラA
ブレーキ →アルテSL
ペダル →105

このうち、ペダルだけはデュラAにしたいですね~(本気)
他は現状のままで満足です。 若干、STIをアルテSLにしたいかな?

デュラAへの考え方は人それぞれなんですが、コストパフォーマンス次第でもあります。

これはあくまでも個人的な好み&感想ですが・・
たとえばブレーキ。 ブレーキを引いたときの反発の強弱をアルテでは2段階、デュラAでは無段階。 これはあまり差を感じない世界なのでアルテSLで十分かと。 アルテSLでもジャックナイフするくらいにガツンと効きますし~ これ以上効いたらコワイくらい(笑)

ペダルについては、軸位置がまるで違う。 そして、展示品などを実際に手で回してみるとデュラAだけ面白いくらいに無抵抗にクルクル回ります。 マジで感動しますよ。 これはすげー欲しい! どうしても欲しい! なんて思います。w

クランクセット。 これは見た目がスカスカの、アルテSLが一番好き。 実はコレだけの理由です。 デュラAは中空構造がいいらしいのですが、どうも見た目が購買意欲がわかないのです。

ホイールは、チューブレス仕様だから、これ以外に選択肢はなかった部分。 実は、「リムテープの管理が面倒だからニップル穴が無いホイールが欲しかった」という単純な理由。 雨天走行のせいでリムがすっかり減ってしまいましたが、次回もまたデュラAを買おうと思います。

チェーンやフレーキシューなんかは、値段は殆ど変わりないので迷わずデュラA。

こんなんで、ダラダラと好みの話をすみませんでした。

ピスト男さん、間もなくフレーム完成なんですね。
余計なお世話ですが、早く乗りたくないですか?(私は早く見せてほしいw)
貧乏性な私だったら、最初は105かティアグラで組んでしまってホイールはR500、そして徐々に上位グレードへ交換するっていう道を選びそうです。 ってか、105で十分な部分も多いし。
いや、本当に余計な詮索でゴメンナサイ。 どうかお気を悪くしないでください。
早く一緒に走りたかったもんで(笑)
2008/12/10(水) 02:08:59 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ らすかるさん

おぉ! 簡潔な説明ありがとうございます!

なるほど。 後ろへのズレ止めみたいな役割で、その反り部分を除いて水平にすれば良いわけだ。 納得!

モロに該当するのは妻用のサドルだけっぽいですが、正直、困ってました。
スペシャルサンクスです!
2008/12/10(水) 02:19:26 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ mayuさん(某おねぃさん?)

いえいえいえ。 私のオシリで汚れたサドルをmayuさんにだなんて、失礼極まりありません。
シミもニオイもついちゃったし(爆)

装着後、一昨日の事。 会社を1往復しました。 (今日は雨だから乗らず)

ハッキリ言って、「オケツ、いてぇ!」でした。

レーパン不使用だったし、最初だから慣れてないのもあるかもしれませんが、143mmのと違ってオシリの置き場所が一点しかなく、ちゃんと坐骨を立てないと具合悪い。

無理矢理に利点を挙げると、ポジションの練習には最適かと(←嘘っぽいw)

会社への往路はオシリが痛かったのですが、帰路では平気でした。 むしろ、ブッ飛ばしてきた為、いつもより背筋に痛みがあって良いトレーニングでした。

どのみち、長距離へ出るには勇気要りますね。 それはもうチョイ慣れてから。

明日もオシリ痛いのかなぁぁぁ・・・w
2008/12/10(水) 02:32:04 | ゴードン | URL | [ 編集]

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。