江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201709 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201711
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイクルモード (2008/11/08(土) 17:47:20)
DSCN6448.jpg11月7日(金) 幕張メッセのサイクルモードに行ってきました。

昨年は空いてる金曜日に行ったので、時間が少ない割に試乗車に乗りまくりでした。 今年も同じ感覚で行ったけど、意外と混んでるねー・・

『どの自転車を買おうかな」 なんていう気持ちがなかったので、とりあえず目的を決めて回ってみることに。

DSCN6449.jpgんで、なんでいきなりインターマックス?
なんか、ここに来たくなるわけで、今中さんを見ると落ち着くっていうか。 いえ、今中さんは私の事なんか知るはずもないんですけど(自爆)

KUOTAといえば、すんださん。 クレドでしたよね~ シートチューブカッコイイ!

写真はKOM。 キングオブマウンテン。 KUOTAはいつ見てもカッコイイ。

DSCN6503.jpg昨年から私の中で旬なのはコレ。 KUOTA・ケベル。

これもシートチューブがタイヤの形に凹んでるデザインが好きで、今乗ってるツバメ号もこういう形しています。
そして、何よりも、納車を待ってるマサ隊長。 ケベルをご注文だとの事で(^^)

早く納車になるといいですね! 私も欲しい1台から、早く拝みたい♪

まずインターマックスを見たあとは、次なる主目的であるブースへと向かいます。
DSCN6452.jpgライトサイクルさんのブース。

店長には「マイナーだって言うな」って言われてますが(笑)、マイナーブランドのVellum(ヴェラム)。 つまり、私の愛車・ツバメ号の場所です。

ショップにはよく行くので見慣れたフレームでもあって、こうして並べられてると気分がいいです。 てっぺんに位置してるのは「ウノ」というTT仕様。 これ、現物は初めて見ました。
私にはロングライド仕様という好みがあるので、TT仕様のUNOに乗ることは無いでしょうけど、カッコイイね、これ!

DSCN6500.jpg軽量化という観点には賛否両論ありますが、私は賛成派。 やっぱり軽いのはヨイし、ツバメ号もその理由は大きかった。

サイクルモードではよく見る景色が、この計測器にぶら下がった自転車。 このライトサイクルさんのブースでも、この通り展示。 これは店長用の実車。 ということは、コレがライトサイクルの本気モード。

メーターを覗くと・・・クリックしてねw 軽すぎて競技には出られませ~んw

DSCN6453.jpgライトサイクルさんのブースで気になってたのが、このサドル。

カーボンサドルで、手に取ってみるとメチャ軽い。 実際に取り付けられた自転車でサドルを押してみると、ちょっと堅めながら弾力が程好い感じ。 そして、表面が滑りにくい加工。

価格も15千円弱くらい? うーん、、、買ってしまおうかナ。 いえ、サイクルモードでは販売活動をしちゃいけない決まりだそうで、これは後日お店に行ってみよう。

DSCN6456.jpgそして、この実演コーナー。 この部分に人がいっぱい集まっていました。
先日、私の記事で紹介した“VT-08”の金属への効果を実演。 明日サイクルモードに行かれる人がいたら、このコーナーは見てみてください。 けっこうスゴイです。

ここで、ライトサイクルさんを後にし、ちょっと試乗に行ってくるかぁ~

DSCN6458.jpg

DSCN6459.jpgかなり楽しかったのがシマノのブース。 これ。 ウワサの電動シフトです。

実際に操作してみました。 このキレイな男性の手は私の手ではなく(爆)、私の次に試乗していた方のオテテです(笑)

ブレーキレバーには、シフターに似た形の大きめのボタンが2つ付いていて、そこをポチッと押すとシフトが上下します。 いっぺんに複数段出来るか?と思ったけど、1押し1段でした。 長押ししても変わらず。 ボタンのストロークが浅い分、ストレスが無い。
特に、フロントディレイラーの変速のスムースさは感動モノでした。

これはプロトタイプ(試作)なので、電池の設置場所を解決させたら市場に出てくるそうです。 最初はDura-Aceから。 あとは、アルテグラ・・・などと順次普及するらしいです。 この操作性のストレスの無さは最高でした。

DSCN6466.jpgでは、続けてロードバイクの試乗といこうか~!

ハッキリ言って、ピナレロやトレックのような人気ブランドは試乗だけでも長蛇の列。 ちょっとマイナー系だと列も少ないか、試乗車自体があいてるか、です。

偶然にも列が短かったのが、このサーヴェロ。 マジィ(MASI)と同じブースの様です。

試乗を終えては帰ってくる自転車を順次配車してくれています。 狙いはフルカーボンの自転車。 みんな同じかな。 サイズも公示してくれてるので自分サイズが配車されるのを待ち、、、、ついに来ました。

DSCN6467.jpg

DSCN6468.jpgサーヴェロ R3

ウッヒャ~! 見た目からしてカッコイイ~!
他のサーヴェロと並べてしまうと地味なのですが、こうして単独で持ち出すとかなり目立つねぃ。 持ってもメチャ軽い。 コンポはDura-Ace。

シートステーが非常に細いのが気になるけど、スタッフさんの話によると、ヨーロッパのロードレースでガタガタ石畳の道を走っても問題なかったそうです。

DSCN6469.jpgじゃ、じゃ。 試乗コースで乗ってみるぞ!! イケェ~!

一言。 この自転車はスバラシイぞ!!!

私、インプレをするほど目が肥えていませんが、そんな私が強く感じた感想を言いますと。。
操作性のダイレクト感がスゴイ。 特にコーナーが思った通りに進む感じで、不安がまるでない。 軽いという点は当然として、加速がいいかとかの点での特筆ネタはなかったかな。

自転車を返す時に聞いたところ、ヒルクライム向けで、ロングライド仕様ではないそうです。 それでも、けっこう感動した自転車でした。

crevelo R3
フレーム+フォーク+ハンドル+シートポスト = 409,500円
スラムレッド完成車 = 756,000円

お値段だけの納得がいく自転車だと思います。

DSCN6461.jpgさて、次にいこう~! 次なる自転車はBMC。

ここも運よく試乗車待ちが少ないみたい。 ロードは何人か待っていたようでしたが、なぜかTTバイクだけはあいてます。 サイクルモードの面白さの1つは、普段乗らない自転車にも乗れるという点にアリ~!

昨年は最後にceepo(シーポ)のTTバイクを借りた瞬間に試乗コースがタイムアップになり断念。 今こそ、1年越しの恨みを晴らす時が来たのだ。
DSCN6485.jpg

DSCN6486.jpg見てください、この自転車! ハッキリ言って異質です(爆)
気絶するくらい、カッコイイ! カッコよすぎ!! 早く乗りたいねー!

その名も timemachine TT02

タイムマシンか。 すげー名前。 またがってみると、ハンドル位置は違和感ないんだけど、シフトはDHバーの先端だしブレーキはハンドル側。 巡行するにはブレーキから手が離れるわけ。 試乗コースにはいっぱい人がいるし、ちと怖いなぁ・・

DSCN6489.jpgブレーキレバーを握ってみると分かるんですが、空気抵抗を考えてレバーがペランペランです。 包丁でも握るかのように手が痛い。

四の五の言わず、走ってみました。 空いてる場所を見つけてはガンガン飛ばす! 私1人だけDHバーに腕を乗せて前傾姿勢を取ってる姿は、さぞ滑稽だったでしょう(猛爆)
カーボンホイールだからブレーキが効かない。 痛いブレーキレバーを無理に強く握ると、「ギャギャギャギャ・・・!!」って悲鳴のようなブレーキ音。 周囲はドンビキ?? 私だけ、とっても異質な世界(笑)

冗談はさておき、DHバーを使用した感想。 直進だけはガンガン行ける(当たり前)、想像に反して、意外と頭を上げやすいもんです。 スピード出るけど、ブレーキ効かない。 どぉにも止まらないヨォ。 突進型以外の何者でもない。 コワイ、ヤバイ。 TTマシンだからね、当たり前か。

文句を言う割には、何周も運転し、汗ダクになってしまいました。 すげー楽しかった~!

timemachine TT02 フレーム+フォーク+シートポスト 273,000円

DSCN6476.jpg試乗をしたのは、以上のサーヴェロとBMCの2台。 あとはブースを気まぐれで回りました。 目だったのはMAVICのブース。

DSCN6479.jpg人がいっぱいいる横の壁面に、気になる文字が。

フォトショット? 矢印まで書いてあります。 矢印の方を見ると~

DSCN6477.jpgMAVICの車と記念撮影の場所。(^^)
バイクもあるし、おまけに背景まである。 ヒマワリがいい感じです。

ちょっとのどかな感じがして、これはいい試みですネ。(^^)

あとは、あっちこっちフラフラ。 全部で2時間ほど見て、帰宅といたしました。

今もまだ展示の真っ最中だし、明日行く方も沢山いらっしゃるでしょう。 もっともっと沢山のブースがありますので、あとは皆さま、現地で楽しんできてください。(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ←TTバイクは似合わないと思った方、ポチッとネ!

コメント
この記事へのコメント
わたくしも昨日行きました
こんにちは
わたくしも昨日はレディスデーだったので
行ってきました。

何が欲しいとかなかったので、とりあえず
色んな種類を5台ほどのりましたよ!

あんまりはしゃぎすぎて(ひとりでですが)
3日に走って痛めた膝が再発してしまったくらいです(^^ゞ
2008/11/08(土) 18:15:35 | けろり~な | URL | [ 編集]

こんばんは!
明日、行きますぜ!
実際にケベルをジックリ見て、乗って、いろいろと試してみたい!
ついでに、インターマックスで納期の話をジックリしてきます。
クオータの納期が怪しいから実際に話さないと!
それと、580がホントに体に合ってるかを確かめたいからね!
意外と550が合ってるかもしれないから、そのへんは相談してみますだ。
2008/11/08(土) 22:12:33 | マサ | URL | [ 編集]

我インタマ派
エボリューションすごいですよね!
昨年度のコルサイタリアは特別仕様でしたから、あれが標準仕様の
色だなんて信じられない。
ロゴがシールではなく、一つ一つマスキングで塗られていて
オートクレーブで作られてるのにあの値段ですよ!

今乗ってるインタマVERSUSの次はあれにしようかな?
2008/11/08(土) 23:15:29 | らすかる | URL | [ 編集]

☆ けろり~なさん、ようこそ!

昨日(金曜)のサイクルモードに行ってたんですか。(^^)
私は入口で1,200円徴収されてながら、レディスはタダ! 羨ましいッス~!

けろり~なさん、トライアスロンをするんでしたよね。
5台ほど乗ったとの事ですが、私が乗ったようなTTマシンも乗ってきましたか? 記事のBMCを買おうという発想はないけど、面白くて忘れられない自転車です。

私、脚が痛くならなにように、ストレッチだけはちゃんとしました。 オッサン体質になると、ストレッチやらないとヤバイんですよぉ(笑)
2008/11/08(土) 23:53:48 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ マサさん

明日行くんですね。 普段はインターマックスに接触できるわけじゃないから、この際、ブースで聞いてしまうのが早いかもね。

そうそう、サイズ。 こればかりはちゃんとしないと、サイズの失敗は勿体無いからね。

いいなぁ、ケベル。
いやいや、やたら欲しがっちゃいけないッス、私。(笑)
2008/11/08(土) 23:58:57 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ らすかるさん

コルサイタリアの水色って、今中大介氏専用車だけだったと思います。 荒川ハーフセンチュリーで現物を見ました。
古い記事ですが、これがその時の話です。
  ↓
  http://roady.blog4.fc2.com/blog-entry-920.html

サイクル誌で見たのでは、片山右京氏が乗っていたのが黒いコルサイタリアで、シートポストは普通に挿し込むタイプでした。
今中氏のコルサイタリアは、当時はプロトタイプだったってことでしょうか。

どっちにしても、現物をこうして見ると壮観です。
ロゴまでは近付いて見ませんでした。 そんなに手間がかかってるんですか。

インターマックスは、やる事が大胆ですネ~!
2008/11/09(日) 00:51:23 | ゴードン | URL | [ 編集]

あぁ……BMC
この赤黒のカラーリングが好きなのです。
TTマシンとはいえ、試乗ができたなんて羨ましいです。

一度行ってみたいですが、人ごみは苦手なんだなぁ(^^;
2008/11/10(月) 00:51:28 | はまちょ | URL | [ 編集]

インターマックス!
インターマックスいいですよね。

今第一候補のマドンから乗り換えようかな?(笑)

今中ブランドのマリンブルー?スカイブルーかな?のカラーが気に入っており我が次期フレームセットにセレストリエールあたりを狙っております。

サーベロもある意味穴狙いでいいですよね。


ゴードンさん"通好み"のレポート大変ありがとうございました。
2008/11/10(月) 06:17:46 | trueblue66 | URL | [ 編集]

☆ はまちょさん

是非行ってください~・・と言いたいところですが、もう終わってしまいました(笑)

私も人混みで並ぶのがキライ。
いや、誰も好きな人はいないでしょうけどw
だから仕事をサボって金曜日に行ったわけですが、昨年も今年もBMCのブースはわりと空いていました。 私なんかBMCを狙って行ったのですが、そういう人は少ないんでしょうかねぇ?
はまちょさんと私が変わり者?(笑) ヘンタイ??(爆)
2008/11/12(水) 21:14:07 | ゴードン | URL | [ 編集]

☆ trueblue66

インターマックス。 突飛な感じが好きです。
いや、、、TREKは王道ですから、良し悪しなんぞ無いような気がします。

本当はTREK、ピナレロ、コルナゴなどを見たかったのですが、平日でもそこは人気でしたので(試乗車が出払っててね)、何となく避けてしまいました。

通好みでもないですが、いっそ、Vellumはいかがですか?(笑) マイナーな点も相まって、満足度100&ですよ~(半マジ)
2008/11/12(水) 21:19:02 | ゴードン | URL | [ 編集]

再び・・・
わたくしの愛車はルイガノのトライアスロン使用車なんですよ。

なもんで、はじめっからTTバーがくっついてます。
でも、今は必要ないんで見よう見まねで外しました。
またくっ付けられるか微妙ですv-11

5台くらいの内訳は
ミニベロ→
ブルホーンハンドルの小径車→
人が居なかったのでScottでロード→
MTBのコースが面白そうだったんでScottでMTBを→
リカンベント→
荷台のある長い自転車

あ、6台乗ってましたね!

ちなみにまだママチャリが主なんで
ロード怖いんですよ。
初遠出で(往復40キロですが)
タクシーに当て逃げされたのもありますけど
公道は本当に怖いです。



2008/11/13(木) 16:40:24 | けろり~な | URL | [ 編集]

☆ けろり~なさん

最初からDHバーが付いてるんですか。
・・・って興味本位ですが、ルイガノのサイトを見てみました。
あった! あった!
 http://www.louisgarneausports.com/bike/roadbike-index.html

モデル年度が違うかとは思いますが、これのどっちかなんでしょうか。
ってか、こういうのを持ってながらロードがコワイだなんて。。。(笑)
私はTTの方がよっぽどコワイっす。。

それにしても、いっぱい自転車を持ってるんですね~!
6台もスゴイですが、リカベントというのもすごい広範囲な自転車趣味です。
リカベントは運転した事がないのですが、スピードを追求した結果であって座るのが目的というわけじゃないそうですね。 実際に走ってるのを見ると速いし、地面スレスレだからスピード感はかなりなものなんじゃないでしょうか。
2008/11/14(金) 01:12:16 | ゴードン | URL | [ 編集]

6台は・・・
サイクルモードの試乗の数ですよ~
解りにくい文章でごめんなさい。

それと、トライアスロン用はもちろん入門用です(08年)。
1年で辞めても惜しくないほうで(^^ゞ
2008/11/14(金) 10:11:42 | けろり~な | URL | [ 編集]

☆ けろり~なさん

ワハハ~ サイクルモードの試乗の数ですか。 つい、記事の本題を忘れていました。

ましてリカベントでしたら周囲に持ってる人は全くいないながら、あの地面スレスレのスピード感はどんなものなのだろう?なんて思っちゃいました。 乗せてくれ~って感じです。w

ルイガノTT、入門用としてもカッコイイ自転車ですね!
1年なんて言わず、、、このままでもいいのですが、タイヤを23C、STIをティアグラ以上に変更、、、考えただけでも先々楽しみが大きい自転車です。(余計なお世話かw)
2008/11/15(土) 21:06:04 | ゴードン | URL | [ 編集]

色々教えてください
まだまだ、チューブ交換も(パンクしてないから)
出来ないし、前輪しか外せない初心者ですので、
色々ご指南下さいませ

※後輪は外したら戻せそうもないので・・・(^^ゞ

2008/11/15(土) 23:23:59 | けろり~な | URL | [ 編集]

☆ けろり~なさん

私、チューブ交換が得意なわけではないですが(自爆)、散々パンクにやられてますから、お教えするくらいは出来るかと思います。 よかったら、タイヤ交換するときにでも。

後輪外しは慣れれば簡単です。 自己流なので正しいかどうか不明ですが(再・自爆)
ブレーキ本体の小さなレバーを解除してから自転車をひっくり返して、Fギア・Rギア共にそれぞれを一番小さな歯車までシフトチェンジ、クイックレバーを緩めてからさらに反時計回りに数回転させてさらに緩め(抜けるまで回さない)、プーリーを指で軽く後ろに開きながら、ホイールを上に引き抜く。 それだけです。 たまにディレイラー本体とQRが干渉して抜けない場合がありますが、力を入れずに何度かやるとスッと抜ける位置があります。

入れる時はその逆。 トップギア部にチェーンを引っ掛け、QRは締めすぎない程度にしっかりと。 最後にブレーキのレバーを戻すのを忘れずに~
簡単でしょ~・やってみてね。(^^)v
2008/11/17(月) 20:32:40 | ゴードン | URL | [ 編集]

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。