江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201209 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201211
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつかはひとり駅伝 (2012/10/30(火) 11:27:09)
dj21-02.jpg 箱根駅伝のコースを自転車で走ろう!

なかこ~さんから、こんなご提案をいただきました。 全行程を走ると250kmを超えてしまうので、片道は自走で片道は輪行というのが計画当初の話で、みんなの意見を聞きながら、小田原に集合して小田原で解散という内容となりました。

これはほぼ、小田原~箱根・芦ノ湖の23.4kmで登りは箱根駅伝の5区、下りは6区に相当します。

早い話、坂道だけ走れって事か。 距離は短くなっても、平地専門の私にはむしろ厳しいぞ。。 普段の自分を考えると、苦手な坂を避けて箱根の手前である小田原へ、平地だけを往復して200kmライドをやってるわけです。 そこで。

10月21日(日) いつもの平地210km+芦ノ湖を、全部自走でやったる。 (本当か?)

dj21-03.jpg過酷というより無謀なのは分かってます。 今までやった箱根といえば、芦ノ湖まで半分くらいの宮ノ下まで往復した2回(234km)と、国府津まで輪行して箱根峠(芦ノ湖の先)までやってみたのと、家から自走したけど箱根峠を越えて静岡側へ下りて輪行という程度です。

とは言え。 いつかはやってみたい、箱根駅伝全コース往復。

今回は2ヶ所で待ち合わせ。 足慣らし希望者は8:30に大磯で集合(fuji.sanさん、マツさん)。 本隊は10時に小田原で集合(なかこ~さんQさん、M田さん)

この私は全コース走破を目指して2時半起床、3時すぎに出発。 いつもなら7時半に家を出る私にとっては、4時間以上も早起きですよ(大汗)。 88km先、最初の集合場所の大磯を目指していきました。
[いつかはひとり駅伝]の続きを読む
スポンサーサイト
dj18-04.jpgCinelli Experience (チネリ・イクスペリエンス) のフレーム単体・Mサイズを注文いたしました。 まだハッキリしていませんが、年末か年始くらいに手元にやってきます。

リタノフの後釜としてフレーム交換となりますので、66アルテグラ、カーボンハンドル、チューブレスタイヤ等々が装着される事となります。
14,500円のリタノフ(ロードバイクもどき)を改造して、カーボン車・ツバメ号に肉薄どころでなく、ダイレクト感では超えてると自負していたので、これがチネリに移植されるのはとっても楽しみなのであります。

納車以外にもう1つ楽しみがありまして。

dj15-07.jpg私が発注したのは2013年モデルの新色“メロディーレッド”ですが、2012年まではイタリアンホワイト(白)とブラックアルバ(黒)の2色でした。
この2色は2013年にはティアグラ完成車(ドロップ/フラット)として続行されますが、こいつのリアブレーキ台座に注目!

dj18-01.jpg
   サイコロの6

      んで、裏返すと、、、、もちろん。

[もれなくサイコロがついてきます]の続きを読む
ガチアルミなイタリア車 (2012/10/15(月) 12:41:53)
dj15-01.jpg前々スレッド「ポストリタノフ」の続き。 いよいよ、リタノフのフレーム替えです。

初めて買うのとは違い、パーツ買換え可能というロードバイクのメリットを生かして、フレームだけ買換えにしたいと思います。 完成車を買うよりも、ホイールやコンポーネント類を買わずに済むので、安上がりなのが嬉しいです。

ガシガシ漕げるリタノフの後釜として今回もアルミフレームにしたいと思いますが、残念ながらアルミ車の殆どが完成車であり、フレーム売りはごく僅かです。

その僅かのネタから見つけてきた1つが冒頭の写真で、Bottecchia Duello(ボッテキア・デュエロ)
いろいろ吟味した結果、後述する“大本命”と共に2モデルに絞り込みました。
(ボッテキアも本命ですが、僅差で大本命に押されましたw)

そこで。 今まで何を吟味してきたか、落選した候補を含めてこの記事でレポしたいと思います。
[ガチアルミなイタリア車]の続きを読む
dj07-02.jpg夏があれだけ暑かったのに、10月に入ってから急に涼しくなりましたね。

10月7日(日) 東京サイクリング協会(以下、TCA)主催の 荒川ハーフセンチュリーライド第24回都民スポレクふれあい大会)”に行ってきました。(^^)

TCAのセンチュリーライドは年2回開催されていますが、初めて行った2007年春から2008年秋の3回(1年半)までは参加者だったのですが、以降はTCAの皆さまからはスタッフとしてご指導いただいており、数々の失敗をしながらも、今回も快くスタッフとして受け入れていただいています。
数々の失敗、、その多くはミスコース。 自慢になりませんが1度や2度ではありません。 デンマーク大使を富士山で迷子にさせたり、昨年もミスコース(汗) そして、本年5月は遅刻(大汗)

今回は絶対に寝坊できない(←当たり前)ので真剣に起きました。 と思ったら、。 朝っぱらからけっこう降っていました。 とにかく急いで行ったら私は2人目の到着でした(ホッ)
暫くすると多くの方々が到着してテントや机の備品、休憩所の物資などが運ばれ、結局私は大して動くことなく、大人数だけにアッという間に設営が完了しました。
[アメニモマケズ・ハーフセンチュリー]の続きを読む
ポスト・リタノフ (2012/10/04(木) 03:04:29)
rtnf-7y2.jpgいつも乗っているリタノフ。 2007年1月に購入してから5年8ヶ月になります。

その1年後、2008年2月にはツバメ号を購入。 きちんとしていないリタノフに対し、きちんとした自転車が欲しかった私。 ロングライド仕様と言ってオーダーしたツバメ号は46万円台。 激安だったリタノフの32台分のお値段でした。 テキトーな作りのリタノフと比べたら、目的に合致したロードバイクは軽快この上なしでした。

メインの自転車はツバメ号となりましたが、それでもリタノフは私に自転車の楽しさを教えてくれた相棒です。 これで乗らなくなったり弄らなくなったりはしませんでした。 

ショップに依存できるツバメ号とは違って、リタノフは通販なので親元となるショップなどなく、持ち主の私がなんとかしないといけません。 出来の悪い子を見るかの如く、リタノフには多くの時間と手間をかけてパーツ換装をしていきました。

もともと酷い部品ばかりだったので、ちょっと換装するだけでハッキリ効果が現れるのが面白く、その繰り返し。 まずは、その改造の変遷を振り返りたいと思います。
[ポスト・リタノフ]の続きを読む
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。