江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
200908 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 200910
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目指せ! ゼッケン1番 (2009/09/27(日) 01:11:14)
pn0597.jpg今年で4回目となるツール・ド・ちば2009は10月10~12日の3日間の行事です。 私にとっては、これが3回目で、後半の10月11・12日の2日間の参加となります。
昨年3日フルに走ったのに比べ今年は2日と短い。 ここのところ自転車イベントで押していてツールドちばを指折り数えることもなく、また、大会の雰囲気には何となく慣れてイマイチ緊張感に欠けていたところに、昨日大会資料が送られてきました。

急にジワリと実感が迫ってきた感じ。 私にとってはツールドちばはとっても重要な位置です。

2年前、半円のスタートアーチをドキドキしながらくぐり、1日で116kmをリタノフで参加。 後半は慣れてない脚が攣ってしまいに動けなくなり、最後の30kmは辛かった。
一所懸命に漕ぎ、沿道の声援に支えられ汗と涙を流しながらゴールに辿り着いた。 ボロボロだったあの日が私の自転車の原点だったんだっていつも思ってます。

さて、届けられた資料。 大会概要よりももっと楽しみな事があります。

・・・私はゼッケンオタク? 足が遅い分、誰よりも早いゼッケンを取りたい! 昨年はすぐに申し込まなかったのがあり、ゼッケン0049でした(3日フルのAコース)。 今年はStage-2とSatage-3のみの“Cコース”なので、ゼッケンの千番台ごとに異なります。 まぁ細かい事はいい。

問題は下1~2桁が何番かだな。 中身を見るまでもなく、開封前の宛名シールに書いてあるぞ。

さぁ~! 何番だ?
[目指せ! ゼッケン1番]の続きを読む
スポンサーサイト
サイコン壊れちまいました (2009/09/26(土) 23:26:02)
pn0575.jpg表題のとおり。 ツバメ号のサイコンが壊れました。

このメーターはキャットアイ・CC-CD300DWで、速度とケイデンス2系統がワイヤレスの物。 少し前までは使ってる人が多かった様です。

先週みんなで道志みちに行った時の事。 電池切れの合図でメーターの数値が点滅し始めました。 序盤は点滅だけで済んでいたところ、折り返しの山中湖に着く頃には速度や距離をカウントしなくなり、山中湖のセブンイレブンで電池を購入しました。
メーターとセンサーの両方(各2個)で1,000円近くも。 電池、高いねぇ~・・

一旦は解決したのですが、復路が殆んど終わった相模湖で再びカウントしなくなりました。 電池換えたばかりなのに、、、故障かぃな?

昨年の7月にもこのメーターは壊れてますが、保証期間(2年)内で無償修理していただきました。 原因は、雨の中を走りすぎてセンサーが水没状態だった??というもので、それでも無償修理してくれたキャットアイさんには感謝!

太っ腹だねぃ~ またキャットアイ買うからねっ!

pn0576.jpgというわけで。 本当に買いました。

キャットアイ
 TR-300TW V3


V3って仮面ライダーじゃあるまいし(古っ) それよか、前製品の“DW”はダブルワイヤレス。 今回の“TW”とは、トリプルワイヤレス。

そうそう。 ワイヤレス3系統。 ついにアレを手にする日が来たのです。 結局、物欲か。
[サイコン壊れちまいました]の続きを読む
M野郎達が富士山を目指す (2009/09/23(水) 01:48:52)
pn0519.jpg山中湖の記事が連発ですが、前の週のMt.FUJIエコサイクリングに続き、5連休の初日の9月19日(土)も山中湖へ行ってきました。

呼びかけに集まってくれたのが物欲党&お友達の面々でした。
JR中央線の相模湖駅で待ち合わせ。 まず輪行で来てくれたのが、つゆつゆさんKNさん、そして私。

9時の待ち合わせにも関わらず6時半から居たというakiさん、そして自走してきたのはbugaluさん、かなぴんさん、多摩まさんでした。 ここで7名揃ったところで予定通り、約50km先の山中湖へ9時半に出発しました。

出発後少し進んで、ひろさんが合流。 この8名がメンバー全員のはず、、、、だった。

pn0520.jpgあれっ? なんか見覚えある服装、、、物欲党ジャージは遠くから見ても分かります。

左の写真をグッと拡大してみましょうか →拡大写真(クリック)

途中合流したひろさんが、この男を途中で見かけたと言っていたけど、、
いえ、決してヤラセではありません。 男はここで待ち伏せていたのです。 我々が進路を変えていたらどうするつもりだったんでしょ?

最近、自転車にあまり乗っていないというウワサでしたが、久々にこんな場所で。w
[M野郎達が富士山を目指す]の続きを読む
09fec29.jpg9月13日(日) 2009 Mt.FUJIエコサイクリング の2日目です。

当日のイベントは、、
  富士山一周サイクリング120km
  ファミリーサイクリング25km
  盲導犬に対する理解を深めるイベント  ・・の3つが開催されました。

この日は青空の白い雲がキレイな晴れ。 写真の富士山の上が白くなってるのは冠雪ではありません。 雲の切れ目から日が射して山頂だけ照らしてる、幻想的な景色です。

09fec28.jpg私が関わるのは 『富士山一周サイクリング120km』 のスタッフの仕事。
まずは6時スタートの方々を見送ります。 いってらっしゃーい!

前編に書いた様に、元々指示されていた120km最後尾の仕事はクビ。w 別の仕事が待ってました。

指令。 午前8時に55km地点の富士ハーネスAS(エイドステーション)までクルマで移動し、そこから自転車に乗るVIPを、3人のスタッフで先導しながらゴールまでお連れしろ。 ・・ですって。

ウッヒャ~! 白バイの先導ぢゃあるまいし。 しかもVIPは健脚だからはぐれないようにって。 こんな貧脚で大丈夫なのだろうか? いや、こっちは3人いるし、他の2人(OH!さん、Sammyさん)はスタッフに慣れてるから何とかなるでしょう。 いきなり他力本願です。w

そのVIPとは、デンマーク王国 “フランツ=ミカエル・スキョル・メルビン大使” です。
(以下、メルビン大使と略させていただきます)

スタート地点ではデンマーク王国の公使の方がいらっしゃいましたが、大使は公務の都合上スタート地点には間に合わず、途中の富士ハーネスAS(55km地点)から合流。 そこに我々3名が行くというもの。

コース全体を見ると前半は下り坂が多く、富士ハーネスASからは登りばっかり。 400mを2回も登るんです。 距離こそ半分ですが、厳しい部分だけ走る感じです。 Mには嬉しいコース?w

では早速、富士ハーネスASに向かいましょう。 ドキドキ
(※記事掲載は大使館の方から許可をいただきました)
[09 Mt.FUJIエコサイクリング・後編]の続きを読む
09fec01.jpg緑地にテント。
最近では少し見慣れてきた景色ですが、またまた自転車イベントです。

  2009 Mt.FUJIエコサイクリング

1日目の9月12日(土)は『富士山クリーンアップ活動&セミナー』と『障害者タンデムサイクリング』

2日目の9月13日(日)は『富士山一周サイクリング120km』と『ファミリーサイクリング25km』そして『盲導犬に対する理解を深めるイベント』

となっています。

今回はイベント参加ではなく、スタッフをやらせていただきました。
私が加盟している東京サイクリング協会(以下、TCA)は日本サイクリング協会(以下、JCA)の都道府県単位の協会ですが、このイベントの主催はJCAが主催、TCAは行事のパートを受け持つ事に。

本編(前編)は9月12日(土)に 『障害者タンデムサイクリング』 のスタッフをやらせていただいたお話です。
[09 Mt.FUJIエコサイクリング・前編]の続きを読む
富士山を見に行こう~! (2009/09/11(金) 02:33:42)
fhc09126.jpg目指すは山中湖。 道志みちを登って富士山を見に行こうツアー!
・・勝手にタイトルもどきをつけてますが、こんな話が出たのは6月の事。

自転車で富士山を登るレース“Mt.富士ヒルクライム”は早朝スタートの為、前日受付です。 前日入りのついで練習がてら、JR中央線の相模湖駅で自転車を組み立てて国道413号(道志みち)を経て山中湖へ、そして富士山入り。 こんな無茶な計画を立てたところへ、bugaluさんをはじめとする物欲党の方々が山中湖まで一緒に走ってくれることになりました。

7台のロードバイクが道志みち標高差900mを登る!・・・って本当に計画したのまでは良かったのですが、生憎の雨で中止。 自称(他薦?)・雨神である私が、また雨を降らせてしまって、楽しみにしててくれた皆さまには申し訳ない。。

いつかリベンジしてやる!と思いつつ3ヶ月が経って秋になってしまいました。 あと2ヶ月もすると路面凍結の心配もあり、9月の連休に本当にリベンジする事にしました。 行きますよ、道志みち。

5連休の初日。
 9月19日(土)
 相模湖から山中湖へ自転車で走ります!
 往復ですヨ

[富士山を見に行こう~!]の続きを読む
ボトル!ボトル!ボトル! (2009/09/06(日) 04:12:20)
pn0513.jpgウチにある自転車用のボトル。 ボトル群とでも言うのかな。 自転車を始めた頃は1~2個だったのがいつの間にか増えています。

一番左のはポラール製の保冷ボトル。 実際に使ってみると、保冷なんて気休め程度ですね(笑) このポラールを含めて自転車用のボトルは直径74mm(75mm?)に統一されています。

ひとつだけ例外なのが、後方に鎮座している金属製のボトルです。

pn0516.jpgボトルというより水筒ですが、これは保冷もバッチリで氷を入れておけばいつでも冷たい物が飲めます。 直径は68mmなので、写真の様にペットボトル用のケースに収納するとボトルケージにピッタリ入るのでとっても重宝しています。 塗装されている物だからキズ防止にも効果アリ。

3本持っていますが、自転車で頻繁に使っているし、子供が飲み物を持っていくのに使う事もあり、けっこうキズだらけです。

スポーツドリンクを入れるとニオイがつくのであまり使うなと妻から言われてますが、、、、おぃおぃ、元々は私が自転車用に買ったんだから、そりゃないでしょ(悲) 三つ指ついて 『水筒をお借りします』 と言わせたいところですが、家庭内3対1になるのは目に見えてますので、恐れ多くて言えましぇん。。 ご遠慮なくお使いくださいませ。

家庭内の権力の無さから保冷ボトルは水・烏龍茶・麦茶用に使うしかなくなりましたが (なんか納得いかないねぃ・・) 通勤をはじめとする短時間走るときは、普通のプラボトルを使ってます。 このスレッドの冒頭の写真では右側の3本ですが、困ったことに、ボトルは何本もある(写真のだけではありません)のですが、蓋が足りないのです。

蓋の先端をスライドさせて水が出るようになる為、この可動部が壊れやすい。 磨耗して壊れたり、冷凍庫で中身と共に凍った蓋を回したらバルブ内部が破損したり。 蓋の数の割にボトル本体がいっぱいある状態。

蓋だけ売ってないのかな? ・・・ショップに買いに行ってみました。
[ボトル!ボトル!ボトル!]の続きを読む
pn0463a.jpgフロントフォーク軽量化・後編です。

前編ではリタノフに装着されていたフォーク“Felt C3 Carbon”を外してアンジェリーナ号に装着いたしました。(詳細は前編で

セオリーを無視した改造の結果、アンジェリーナ号は 『フロント:キャリパー/リア:ミニV』 となってしまいました。 そんなの、Vブレーキ用のフォークを探せば問題ないだろ?って思うでしょう。 ところが、説明に苦しむ我が物欲がそこにありました。

衝突により曲損したアンジェリーナ号のフォークを交換するのが発端でしたが、フォークを探しているうちに段々と目的が変わってきました。

pn0472.jpg リタノフのフォークを交換・・・しちゃおうかねぃ・・
明らかに目的が変わってる・・・しかも、先日換えたばかり。 2度目。

こんなバカな思いつきは滅多にない。 おバカ記念に並んで撮影。w

 ~左~ リタノフに最初から付いてた鉄フォーク
 ~中~ 最近までリタノフで使用した“Felt C3 Carbon”
 ~右~ 今回からリタノフで使用する“EASTON EC70”

ヤフオクで中古で見つけ、なぁんとなく 『イーストン』 という米国ブランドに惹かれてしまいました。

リタノフにEASTON。 “猫に小判” にニュアンスが似てますねぇ。。。

前編の記事とは完全に同時進行でしたが、後編ではリタノフの作業を書かせていただきます。
[フロントフォーク軽量化・後編]の続きを読む
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。