江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
200907 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 200909
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pn0462.jpg白いクロスバイク、アンジェリーナ号(Giant Escape R3)
妻と娘が使用していますが、最近、江戸川CRの車止めにぶつけてフロントフォークが曲がってしまいました。

Vブレーキが折れかけたのと同時に付根が曲損。 フォークそのものは見た目には大丈夫そうでしたが、注意して見るとタイヤが僅かにセンターからズレててブレーキが片効き状態。 こりゃ危ないッス。

家族が乗るから安全は確保したいという大義名分のもと、アンジェリーナ号を改造を進める事にしました・・・

・・・結局、オマエの目的はソコだったのか? ハイ、改造が趣味です(自爆)

pn0463.jpg早速、ヤフオクでカーボンフォークを探しました。 ところが、意外と良い出物が無く、ましてVブレーキ用のカーボンフォークはネタ数が少ない。

お金が無制限ならば理想的な品は沢山ありますが、ロードやクロスを4台持っている身では、そうそう1台に予算をかけられません。 毎日のようにケータイでヤフオクをチェックしておりましたが、そのうちに目的が変わって来ちゃいました。

あろうことか?? リタノフのカーボンフォークを落札。

この期に及んで、またまた物欲路線を突き進みましたが、今回はリタノフのカーボンフォーク “FELT C3 カーボン” をアンジェリーナ号に載せかえる話です。
(リタノフのフロントフォークの話は、次回(後編)で・・)
[フロントフォーク軽量化・前編]の続きを読む
スポンサーサイト
つくば12h耐久レース (2009/08/13(木) 11:55:39)
pn0396.jpg8月8・9日は茨城県にある“つくばサーキット”へ行って参りました。

JCA主催の 『2009全日本12時間耐久サイクリングinつくば』 というイベント。 22時にスタートをして翌朝10時まで5人チームで交代をしながら周回数の多さを競うという耐久レースです。

昨年は4時間の東京エンデューロに参戦しましたが、12時間もの長丁場、しかも夜中に寝ずの勝負。 順位以前の話で最後まで走り切れるか?が問題。 朝には誰も走ってなかったりして(笑)

『走ってないかも』 と予感させるのは、我がチーム 『物欲党』
自転車パーツを買うのと、集えば喋るのが主流というゆるゆる主義なチームです。

pn0423.jpgそれでも最近はなかなか本格的になってきた感じがします。
ジャージどころか、巨大ポスター(Yuraさん作)って凄くないっすか? 

なんと、今回は前例にあらず、きちんと走り戦っていました(笑) その戦士たるや、10名で2チームです。

申込時のチーム構成から、メンバーを入れ替えて再登録しています。
そのココロとは、ゼッケン53・宵遊戯は、ケガ等で無理をしないチーム。 ゼッケン54・夜遊戯は、無理と諦めず少しでも高順位を狙おうというチームです。
とは言え、再編成となった53宵遊戯にも速い人がいますので、『速い人を54夜遊戯に集めた』 という意味では全くありません。 なーんとなく目的を変えただけですし、みんな凄かったです。

○ チーム物欲党宵遊戯 ゼッケン53
    Say.さん
    もんじろぅさん
    yuraさん
    はいたかさん
    BOSE君(はいたかサンご子息)

○ チーム物欲党夜遊戯 ゼッケン54
    マサさん
    はまちょさん
    寝熊まさとさん
    hiroさん
    ゴードン (私)

上記10名の他、応援に駆けつけてくれた 『ふとっちょさん』 『Gonsukeさん』 子供応援?として、私の娘(中3)とその友達(中3)、息子(小6)で、総勢15名で12時間を過ごすこととなりました。

続いて、現地での様子をレポいたします。
[つくば12h耐久レース]の続きを読む
pn0335.jpgツバメ号のサドルは、
Specialized Toupe 143 (スペシャライズド・トゥーペ143) です。

ツバメ号をオーダーする時に、ショップのお勧めはアリオネだったのですが、私は、『センターに穴が開いてて後方が割れているサドル』 を強く希望。 たまたまショップに在庫していたトゥーペを見て、色も白だし見た目が良いということで、サドル探しが面倒な私はテキトーに 『じゃ、これ付けてください』 とオーダーしました。

でも、何でわざわざ別のフレームメーカーの名前がついたヤツにしなきゃいけないんだ?と内心思ってました。 自転車の知識など無い私には、このサドルとは、こんな偶然でしか起こらなかった様な出会いでした。

pn0337.jpg乗ってみれば、こんなペラペラに薄いサドル。 『オシリが痛い』 のです。

最悪なサドルだ。 しかし、サドル1個でママチャリが買えてしまうほどの値段がするので、我慢&我慢。 1~2ヶ月乗ってみてダメなら買い替え。 少なくとも、トゥーペは一生買わない。 そんな風に決意したのでした。

何のキッカケだったか覚えていませんが、ある日突然、坐骨を立てて座る事を覚えました。 すると不思議と、何キロ走ってもオシリが痛くない。 サドルって表面的なクッションではなく、全体のしなりが大きなクッションになってるんだって分かりました。

・・・っていうか、、

スペシャ・トゥーペ 最高! このサドルでビンゴ。

サドルって、15千円以上する物を10種類以上買い換えてもダメな人は多いそうで、サドル探しの旅は終わりなき旅。 その点、一発でビンゴとはラッキー。 本当はもっとフィットするのがあるかもしれませんが、不満がひとつも無いので、他を探す理由がない。 それ以来、トゥーペに夢中w

pn0347.jpgこの通り、リタノフもトゥーペです。 (昨年12月に装着

しかし、色以外に違う点があります。 サドル幅が、ツバメ号(白サドル)は143mmでリタノフ(黒サドル)は130mmです。 トゥーペ以外のサドルは130mmが多い様ですが、トゥーペだけは143mmが主流の様です。 着座のスポットが製品によって違うのでしょうか?

半年やってみて、リタノフのサドルは私には合わない(汗) 出走イベントでお分かりのように、ツバメ号だと佐渡の210kmもツールドちば(3日連続389km)も全然平気。 なのに、リタノフでは30kmが限界。 股下(尿道)が異様に押されて痺れ膀胱炎に似た感覚を起こしてしまい、自転車を降りた途端に股が笑ってしまう感覚(そんな感覚あるのか?w)でした。 ポジションも色々見直して多少は解決したけど大差ない。 抜本的に直さないとダメっぽいです。

トゥーペ130mmには降参です。 代わりのサドルを・・・
[サドルを大人買いできたらなぁぁ]の続きを読む
pn0290.jpgアンジェリーナ号・・・Giant Escape R3

ジャイアントのクロスバイクで、完成車の実勢価格は5万円前後。 廉価なパーツを集めたにしては非常に仕上がりが良く、コストパフォーマンスは最高だと思います。 とりあえずスポーツ自転車が欲しいという人がいたら、このR3か、できればR2をおススメしたいところです。

前の記事からの続きですが、アンジェリーナ号を漕ぐ時にチェーンの音が気になるようになって、この音と同時に、フロントチェーンホイール (=クランクセット/以下、FCと略します) のあたりで、チェーンと擦れる 『ジャラジャラ』 とした違和感のある感触が強くなってきました。 漕いでても快適ではなくイライラするほどです。

R3に装着のFCは3枚のアルミ板を固定しただけの物でロード用FCのようなチェーンリング交換は出来ないタイプ。 リタノフに標準装備されていたFCと同じような構造で、お世辞にも高級感などありません。 クランクと共にツヤがなくなってきたあたり、風化が早いパーツなのでしょう。

チェーン交換は必須として、チェーン交換するには長さを合わせる必要があり、この際だから、FCも交換してしまう事にしました。

pn0285.jpgシマノ・SORA FC-3450 50-34T
   PCD:110mm クランク長:165mm

コンパクトドライブ(ダブル)で、クランク長は私(身長174cm)以外の家族3人を想定しています。

BBはSM-FC6601。 アルテグラですが、これはツバメ号のBBの動きが悪くなった時に外したものを捨てずに持っており(セコイ!)、今回は試しに装着してみて、後日新しくBBを買おうと思っています。

さぁ、記事の続きは、交換作業の様子です。
私、何らかの初の作業をする際にはいろんなブログを参考にさせていただいてます。 生意気ですが、私もそんな風に人様に役に立ちたい。 ってことで、順を追って作業日記っぽく書きます。
『こんなの聞くまでもないや』 という作業に慣れた方には退屈ですので、読み飛ばしてください(笑) でも、読んでいただいて、『やり方が違うだろ、このボケ』 の突っ込みをいただけても嬉しいかな~
[SORA・チェーンホイール]の続きを読む
R3にはミニV (2009/08/01(土) 03:02:39)
pn0279.jpg我が家のGiant Escape R3 2台同時にアクシデント発生です。

アクシデントと言っても、ケガもなく物が壊れただけで何ら心配もありません。 家族がやった事ですがこのブログは事件簿ではないので(笑),ほんの小さな名誉の為、誰が壊したかはスルーしてくださいな。(^^)
私はむしろ、そのアクシデントの間抜けさに思い出し笑いしてます。

まずは、アンジェリーナ号。 江戸川CRの車止めに突っ込みました。
(この時点で誰か分かるかw)

向かい風で超低速のところ、ガードレール状の車止めにタイヤがピッタリハマったため、転倒なし。 自転車を引っこ抜くのが大変だったほど(けっこう笑える・・) 衝突の際に少々前のめりになってVブレーキが当たり、Vブレーキが曲損しました。

pn0280.jpgその場でブレーキ調整して自走して帰れましたが、横から見ると曲がってる事が一目でわかります。 本来はフォークとブレーキが平行なところ、後ろに押されており、本体付け根部分にはヒビが入ってます。

破損とは関係ありませんが、Vブレーキ本体のアルミが白く腐食しています。 保管場所であるエレベーターホールは軒下ですがたまに雨がかかる場所。 やはり風化してしまうのでしょう。
こんな変色程度で部品交換する筈もないのですが、今回はヒビを伴った曲損です。

そこでVブレーキ・交換。 エスケープR3に装着されているVブレーキは“ミニV”です。

MTBに装着されているVブレーキよりアームが短いミニVはテクトロ(TEKTRO)製。 エスケープR3に元々ついているのは“RX1”です。
RX1が売られているかどうかは知りませんが、よく売ってるのは上位グレードの“RX3”かさらに上位の“RX5”です。 数字が大きいほど上位グレードなのか。 素人の私はお値段から判断した話で、何をもって上位かは私には分かってません(汗)

このまま放置は出来ず交換しないと話にならないので、早速ミニVを購入いたしました。
[R3にはミニV]の続きを読む
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。