江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
200902 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 200904
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リタノフが遂に10S・STI化 (2009/03/30(月) 21:51:01)
DSCN8321.jpg背中の肉離れについては、皆さまからは温かい言葉をいただき、心より感謝です! ありがとうございました。(^^)
皆さまからも助言いただいたように、これからある自転車イベントに万全な状態で参加できるよう、今は本気で治すように治療をし、自転車には乗らず大人しくしており、お陰さまで意外と早く回復しております。
自転車の復帰も間もないと思いますので、またよろしくお願いいたします。

今は過激な運動をしてはならない私のところへ、待ちに待ったドロップハンドルが届きました。 ジャジャーン!

“PRO” LT アナトミック ハンドルバー (定価3,566円/購入3,381円) 驚くほど安いでしょっ!

DSCN8329.jpgリタノフはつい先日、105のスプロケット(CS-5600/12-25T)とアルテグラのRD(RD-6600)を導入し、ブルホーンバーへ無段階バーコンを装着して10速化しましたが、せっかくのアルテグラRDでもあるので、もともと予定に無かった 『ドロップ+STI』 とすることにしました。

そこでヤフオクで入手したユーズドの105・STI(ST-5600)に、今回購入したドロハン。 ついでに、チェーンはデュラエース(CN-7801)です。

ブログの所々に書いていますが、リタノフは元々は3×7sで完成車で14,500円(新車キズあり)というとてつもない廉価チャリで、改造に改造を重ね、現在はフレーム以外に、フロントフォーク、シートクランプだけが元々の部品で、殆ど原型を留めていません。

この記事の続き。 リタノフのドロップ化の実際の作業です。
[リタノフが遂に10S・STI化]の続きを読む
スポンサーサイト
DSCN7462.jpg本日、メールが送られてきました。 その表題は。。。

 『第6回Mt.富士ヒルクライム 抽選結果(当選)のお知らせ』

はい。 ヒルクライムなんて今まで1度もやったことがありません。 ビギナーどころか練習すらしたことがない。 大丈夫かぁ? こんなんで?

ヒルクライムとはひたすら坂道を登るレースです。 サーキットや平地とは違い、体力がキツイけどスピードは出ないので、事故の危険性が低いです。

では。 無謀にも参戦してしまう、Mt.富士ヒルクライムについて。 (^^)v
[突然ですが、ヒルクライマー]の続きを読む
クリーナーは湯水の如く (2009/03/27(金) 15:57:48)
DSCN8313.jpgこのブログの記事を読み返すと、改造やメンテナンスばっかりやってて自転車に乗ってるのか?と思うほどです。

メンテナンスと言うよりここのところ変速絡みの改造が続いてます。 その都度チェーンやスプロケットを洗浄したりしています。 それにつれて、パーツクリーナー(脱脂スプレー)がなくなるのが早い。 デカ缶なんかすぐに使い終わってしまいます。

以前の記事でも書きましたが、ここでパーツクリーナーのお値段は重要な問題です。 このクリーナーは1本198円。 安いでしょっ! 10本買うと189円になりますが、そんなにあっても邪魔なので、ホームセンターに行く都度2本ずつ買ってます。 そして在庫は5本。 あれやあれやと溜まってしまうもんですね。w

パーツクリーナーはスプレー式でジャバジャバぶっかけますが、これを受け止めるには、当初は新聞紙でした。 しかし、お恥ずかしながら最近は新聞購読をヤメてしまったので、これに代わる物としてマスカーテープ(リンク先記事後半)で車体やホイールをガードして、地面には菓子缶の蓋を置くようにしています。 使い慣れるとけっこう楽です。

パーツクリーナーは脱脂効果と拭き付けの勢いで油汚れを落とす物ですが、最後には拭き上げを必要とします。 これには、こんな物を使用しています。
[クリーナーは湯水の如く]の続きを読む
DSCN8308.jpg何かと組み合わさると威力を発揮するのに、単独では何の役にも立たない物ってよくあります。

STIレバーもまさにソレでしょうか。 先日購入してから部屋の隅に単体で置いてあるだけ。 自転車に取り付けなきゃただのアルミとゴムの塊です。
・・・なぁんて事はない。 これ、カシャカシャといじってるだけで結構楽しい。 これも一種のエアー自転車ですよ。 オマエは暇人かっ!?

STIはデュアルコントロールレバー(ブレーキとシフトが一体化)のシマノ独自の呼び名ですが、ロードバイクでは標準的な物です。 これだけ標準でありながら、私はこうして手にするのは初めてなのです。

DSCN8306.jpgツバメ号に装着されているのはmicroSHIFT ARSIS(マイクロシフト・アルシス)という品。 品数から言ったらレア物だと自分では思っていますが、見た目にはSTIにそっくりです。

STI(左/ST-5600)はシフトアップが黒いレバーでシフトダウンがブレーキレバーと同一というのに対し、アルシスは上側の小さい黒レバーがシフトアップ、大きめの黒レバーがシフトダウン、ブレーキレバーは独立となっており、機構が異なります。

DSCN8307.jpgアルシスを丸1年使用していて率直な感想。

シフトアップ時に使用する小さなレバーはとってもストロークが短くてシャープです。 サイクルモードで触った電動シフトST-7970もこんな感触だったかな。 ただし、このレバーの短さが問題。 ブラケットから操作する分には非常に快適ですが、下ハンからの操作では指が届かないッス! 最近は指が慣れてきたので不自由してませんが、最初は厳しかったなぁ・・w

今回で、このスタンダードなSTIを経験できるのが凄く楽しみです。 今までは人様の自転車か試乗車でしか使ったことがなく、『下ハンからでもシフトアップしやすいけど、ストロークが長いな』っていう感想を持っていましたけど、やっぱり標準の物には慣れたいし、是非とも手にしたいです。

このSTIのインストール先はリタノフです。

それにしてもデスヨ。 ハンドルが無いと話ならんのです。 某ネットで購入したのですが、休日に発注すると返事が来るのが平日に入ってから。 やっと在庫確認のメールが来て即送金しても、1日経ってやっと在庫手配で3~4日かかるって。 何度も買い物してるからそれくらい知っていますが、私のドロハンは今どこにあるのでしょうか?

 イライライラ・・・   早く来い~ ドロハン。 

そんなイラつく程、すげぇハンドルなのか? インストール先はリタノフですよ。 高いはずがない。w
[ドロップハンドルはまだか!]の続きを読む
DSC8174s.jpg『変速・カチカチ Part1』に続きPart2は、過日10s化したリタノフのお話です。

リタノフのシフトを10s対応にするには、手持ちの機器ではバーコン(無段階)しかなく、また、対応しているハンドル径の関係もあって、必然的にブルホーンバー+バーコンとなりました。

バーコン(バーエンドコントローラ)はブルホーンバー先端に装着するシフターですが、このダイヤコンペ製のバーコンはインデックス(ギアの刻み)のない無段階式です。

このシフター自体は以前の7sでも使っており、また今回の10sでも問題なく使うことができ、変速の環境を選ばないところがとっても便利です。

DSCN8175.jpg・・とまぁ、そういう環境化で実際に自転車通勤で使ってみました。

10sものギアを無段階シフターで刻むのは如何にも細かいので、インデックス機能があるシフターが望ましいです。 それも慣れてくると、指先の勘だけでピッタリとシフトする事が出来るようになるのが不思議ですけどね。。

一方、せっかくアルテグラのRディレイラーを装着したのに、無段階バーコンではアルテグラRDの性能が全く生かされていない気もして、ついつい、貧乏心が揺らいでしまうのです。w

そこで。 現状のリタノフの10s環境でインデックス機能を持たせるには、この3通りの選択肢がある事が分かっています。

 ○ 10s用トリガーシフター シマノSL-R770 (定価12,894円)
 ○ 10S用バーコン シマノSL-BS78 (定価8,293円)
 ○ STIレバー シマノ ST-6600(定価31,546円) ST-5600(定価26,562円)

DSCN8263.jpgウヒャ! どれをとっても高いッス!! 敢えてST-7801(デュラのSTI)だけは高すぎるから外してみたけど、どうしようかねぃ。。 なぁんて迷ってる間に、一番選びそうになかったSTIという道を選択してしまった私。

  買ってしまいました。 105のSTIレバー“BR-5600”

買ったというよりは、ヤフオクでユーズドの物を落札してきたのですが、掲載通りに少しキズがある程度で上々の品でした。 これで12,400円(送料等別)はいい線でしょうか。

いい線とは言っても、リタノフの新車14,500円に近い(汗) リタノフとレバーが同じ値段??

この先、どうするか? 実はワイヤーも買ってないし、まずはこれ以上出来るだけお金かからない方法でいってみよう。
[変速・カチカチ Part2]の続きを読む
henly047.jpg先日ほんの少し予告しましたが。。 新たに登場。

 ヘンリー3世号 新車です

ヘンリー3世号は、GiantEscapeR2。
こいつ、またジャイアント買ったのかよ?? よく飽きないもんだな。。 と思った方もいらしゃるでしょうか。

DSCN8025.jpgこの2台、白い方が娘(中2)のジャイアントエスケープR3“アンジェリーナ号”、 青い方が息子(小5)の同じくジャイR3“アダムセブン号”で、マンションの玄関前のエレベーターホールに置かれています。
玄関の中にはツバメ号とリタノフが2階建て状態、マンション規定の自転車置場にはママチャリ+キッズサイクルが4台。
・・・これ以上自転車を置く場所がない。

引っ張る話でもないので(をぃをぃ)この辺で本当の話を、、、ヘンリー3世号は、ゴードンの兄のクロスバイクです。 ただ、嬉しい事に、ヘンリー3世号には私の好みが少々反映されています。

DSCN8266.jpgその好みの1つがトリガーシフター(=R2)。 そう、ウチのR3は2台ともグリップシフトなのです。

リタノフもフラットバーの状態では7sグリップシフトだった頃があり、大して不自由は感じていなかったのですが、一旦トリガーシフターにしてしまうと、やっぱりそっちの方が便利でした。

特にシフトアップは1つ1つ、カチカチ押すだけで簡単操作。 ボタンひと押しっていうのは楽チンです。

DSCN8267.jpg・・というノリで、グリップシフトのアンジェリーナ号をトリガーシフターに交換してしまう事にしました。

こいつ、改造ばっかりしおって~・・・というわけではありません。 過去にボトルケージ付けたとかライト付けたとかの改造にも満たない事は多々あっても、アンジェリーナ号を抜本改造するのは初めてなのです。

今までいじらなかったアンジェリーナ号。 ハンドル回りばかりでなく、変速系がガラリと変わる瞬間です。(^^)v
[変速・カチカチ Part1]の続きを読む
DSCN8207.jpg3月15日(日)
バイシクルライド2009in東京の試走会(2回目)に行ってきました。

前回と同じく赤坂のプルデンシャルタワー(ホテルニュージャパンの跡地)に集合です。
今回は伴走ボランティア員がグループ分けされているうちの1グループにてプライベートな走行会なのですが、それでも30~40名もの大所帯でした。
大半はロードバイク、またまた色々な形状の自転車アリで、見ているだけで楽しい感じでした。

では、東京ポタへ出発です。    え? ポタ? 目的を忘れてませんか?w
[バイシクルライド試走会・第2回]の続きを読む
ホイールに心をこめる (2009/03/14(土) 23:57:49)
DSCN8165.jpgツバメ号のホイール=WH-7801SLが入院、ハブを分解清掃してもらいましたが、つい先日、退院してきました。

ハブにほんの僅かながらガタが発生しており、早期のうちに分解清掃を依頼した次第です。 しかし、そのガタもたまたまいつものショップ(ライトサイクルさん)に行ってツバメ号を診てもらったとき、異様なまでに軽快に回転するホイールを見て、店長さんがガタを発見したという経緯。 早期な清掃と書きましたが、昨年はあれだけ雨や泥にまみれ、実はこれでも手遅れに近いそうです。

整備してくれたライトサイクルさん曰く、『当たりがつくまで千kmほど走って。今は新品同様に戻っただけなんで。』って。 うわっ! 意味が深いねぇ・・・ そっか。 こういった可動部品には、新品を超えている物ってあるんですね。

DSCN8179.jpg何はともあれ、私には大のお気に入りのWH-7801SLのホイールが整備されて帰還したのです。 待ってましたっ

帰還するなり、やってみたかったのが、これ

リタノフ、デュラエースを履く。 ワハハ

DSCN8168.jpg一見、ちゃんと履いてるように見えますが、実際やってみると、リアのエンド部にホイールが引っかかって入らない。 リタノフはいい加減な作りなんですね。
走るのは無理。 どうしてもデュラを履きたかったら、穴を拡げてやらないといけません。

大好きなリタノフですが、こういうところが残念な所。 でも、ダメダメちゃんだからこそ可愛いのかも?

いつもなら改造していじってるリタノフ。 今日は 『見た目』 を変えてみることにしました。
[ホイールに心をこめる]の続きを読む
チンケな買い物 (2009/03/08(日) 02:48:13)
DSCN8014.jpgロードバイクのパーツって高い!

上には上があるっていう当たり前の話は置いといて、ロードバイクのパーツは、たとえ入門モデルであっても、シティサイクルに比べると○倍というのはよく見ます。

今回は 『パーツのパーツ』 のお話です。

買いなれた方もいらっしゃるでしょうけど、なんじゃそら?という方もいるかもしれません。
(最近まで、自分が“なんじゃそら?”だったもんで。w)
[チンケな買い物]の続きを読む
DSCN7981.jpg月が明けてしまいましたが、2月28日(土)の事。
4月19日に開催される 『バイシクルライド2009in東京』 の伴走スタッフ(参加者の先導&後続)の為の、コース事前試走会に行ってきました。

ホイールの分解整備のためツバメ号はお休みなので、リタノフ出動。

集合場所の赤坂までの往復を含め66kmほど走りましたが、疲れたの何のって。 ブルホーンバーに換えてから初めての走行で慣れていないポジションでバーコンだって使い方を忘れてました。 前スレッドで10s化なんて書いてますが、それは半日後の事。 この時点ではまだ8sでした。

リタノフで66km走るより、ツバメ号で100kmを走る方がよっぽど楽です。
ありゃっ! 自転車のせいにしてはいけません。 そろそも、普段どんだけ自転車の性能に寄りかかっているのやら? 鍛え方が足りませんな、重量級のママチャリで100km走れる様にならないと、ハハハ

事前走行会とあって、本番のコースとほぼ同じコースを走ってきたのですが、なかなか楽しかったです。
いつもなら車でアッという間に通り過ぎてしまう景色。 歩きより少し早回しで見る景色は自転車ならではです。
[バイシクルライド2009in東京 試走会]の続きを読む
DSCN7999.jpg前スレッドではリタノフ・10s化に失敗しました。

もともとはリア13-26Tの8sで動作していたところ、12-25Tの10sとした途端に、RD(リアディレイラー)のテンションプーリーにチェーンが乗り上げてカリカリと異音を立てるというものでした。

そこで、自分なりに原因を想定してみただけでなく、皆さまからはコメント欄にいろいろとご意見をいただきました。 こういった情報をいただけると本当にブログをやっててよかった!って思います。 皆さま、ありがとうございました!

まず、ご報告です。 お陰さまで、10s化完成 しました。

ただし、自分の力量の範囲を完全に超えた話でした。 やっぱり素人です、私(汗)

『ギブアップ、でも諦めたくない』 という思いのもと、いつもお世話になってるショップ(ライトサイクルさん)に現車を診ていただきました。
リタノフはヤフオクで買った自転車ですから、普通そういう自転車を堂々とショップに持ち込むというのはマナーに反する行為だとは分かっていますが、私の必死な思いを聞き入れていただいて、10s化できなかった原因を知り、結果は10s化できる状態にまでしていただきました。
[リタノフ10速化。 完成しました!]の続きを読む
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。