江戸っこA型すき放題
ツバメ号で雨を浴び、リタノフで風を切る。 ロードバイクでいつまでも、どこまでも。
ck-ed01.jpg ck-ed02.jpg ck-ed03.jpg pn0668.jpg
201709 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201711
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
di09-01.jpg5月末に購入した折りたたみ ルイガノ LGS-POP

普段から近所に行くのに使ったり、たまに折り畳んで電車に乗って使用していましたが、輪行後に組み立てようとしたらガタが発生。
前日までは異常なしだっただけに、何が起こったのだろう思ってフレームをチェックすると、前フレームと後フレームを接続するジョイント金具がちゃんと固定されずにガタガタ状態となっていました。

実は数日後にはウケ狙いで、コイツで富士山の5合目まで登る予定だったんですヨ。 こんなガタガタで富士山を登ろうなんて無理だし、おまけに下ろうもんなら、激しい振動でたちまち走行中に折りたたみ自転車になってしまうでしょうw 富士山に行けないのは、めっちゃ残念。

冗談はさておき。 今回のケースは同じ不具合でも経年劣化とは異なり、製品への苦言要素が有ります。 気に入って買った自転車だし、苦言は記事にしたくありません。 ただ、ここで販売店に持ち込んでしまうため、当ブログの流れ的にこれまで記事に出てきてたルイガノが出なくなります。

買って以来、整備や改造に携わってきた事ですし、ここでは事実のままをレポしたいと思います。

 
di09-02.jpgdi09-03.jpgdi09-04.jpg

di09-05.jpg肝心の部品が見当たらないし、正常に装着されていた状態を確認していないので、憶測となってしまいますが、、、
フレームを真下から見ると穴があいており、その真上に、行き場が決まらないジョイント金具があり、同様に縦方向の穴があり、それが同じ延長線上にあります。

ジョイント左側にあったと思われる支点となるべき棒が、下から上へ向かって挿して上部でネジとなって固定される構造となっていたと思われますが、どうやら、走行や輪行の振動で徐々にネジが緩み、自然と真下へ抜け落ちたのであろうと思います。 現状はアジャスター用のネジ1本でかろうじて繋がっている状態です。

▼9月13日・いただいたコメントにより本文を訂正▼
ジョイント左側にあった支点となるべき棒は、後部フレームに縦方向にあけられた穴に下から上に向けて挿されており、フレーム同志の接続面にあけられた横方向の穴から挿したネジにより固定されていた様です。 振動等により横方向のネジが緩んで紛失したと同時に、支点の棒が抜け落ちたのであろうと想定されます。
 →参考写真1 →参考写真2
現状は、アジャスター用のネジ1本でかろうじて繋がってる状態です。
(以上、訂正文)


ジョイント金具を閉じた状態でも、力のかけ具合によりフレームが僅かに開閉をします。
フレーム前後を開いた部分が白くなっています。 この不具合を発見した後、駅から家まで800mほど押して歩いたとき、ガタにより塗装が擦れて粉状に剥げ落ちたものです。

不具合が発生しているため乗る事ができないし、前記のように、不具合の原因は私の憶測の範囲でしかありません。 よって、販売店に電話をして現状を伝えました。 肝心の現車は乗ることができないので、電車で移動できる時に持ち込む予定です。

di09-06.jpgdi09-07.jpg

di09-08.jpgこういう事でもないと提言する機会がないので、ついでの様ですが。。
他にも、チェーンガイドの不良、ヘッド部の油の染み出し、ホイール(ハブ)のゴリゴリ感。
不具合ではないけど、ハンドルの接続部に樹脂が用いられているのが頼りない、等。
これらもあわせて報告をしたいと思います。

ルイガノを5月26日に購入してから3ヶ月半の走行距離は439km。
輪行による移動は記憶では5~6回、フレームの開閉操作は数えていませんが、そうそう折たたむわけではないのでたぶん20回ほど、多くても30回程度です。
換装したパーツは元通りにしたいと思いますが、換装や改造を行った事はちゃんと報告しないといけません。
元来、換装や改造は自己責任です。 それと、、、ハンドルをカットしてしまったから、いくら頑張っても元通りじゃないですね。 これが一番問題だったりします(汗)

 LGS-POPに関する過去の記事
  〇 購入時・各パーツ写真
  〇 走行記録116km(パンク)
  〇 タイヤ交換1
  〇 タイヤ交換2
  〇 走行記録66km
  〇 タイヤ交換3
  〇 サドル換装・走行記録56km
  〇 ハンドル回り改造

(以上)



コメント
この記事へのコメント
初めまして
8月に購入したものです。
カタログ外モデルだからなのか、店頭ではそこそこ
売れているのになかなかWEB上には情報が無く、
こちらのブログの存在が購入の決め手のひとつだったりします。

言われている箇所ですが、確認すると、折り畳みの
接合面下部の細い横穴から1cmくらいの長さの
径2mmのイモネジがねじ込まれています。
無かったとするとこれが抜け落ち防止ストッパー
だったのかもしれません。
ちなみに、そのネジは勘合部分が短すぎるせいか、
少し回すとあっさり抜けました(汗)
勿論自然に抜ける様な気はしないので、
初期不良?だった可能性もあるかもですね

当方もハンドルバーカットは実行済みなので、
それ自体は自己責任作業とはいえ、販売店の対応は
気になります。
お手間ですが、またレポート頂ければありがたいです。
2012/09/13(木) 12:38:46 | kasi | URL | [ 編集]

☆ kasiさん、ようこそ!

同モデル購入へ、少しでも参考になっていましたら嬉しいです。
特に純正パーツの仕様はネット上でも情報が少なかったので、自ら公開させていただきました。
本文にもあるように、このブログを通してクレーム(苦情)を出すのは好きではないのですが、既に買った方には重要な情報だと思い掲載したのが、この記事の経緯です。

元々入っていたパーツの情報をいただき、ありがとうございました。 なるほど、この横方向の穴から挿入されたイモネジが支点となる棒の脱落防止を担っていたわけですね。
いただいた情報を意識しながらLGS-POPを逆立ちさせたら、こんなところに横穴が! 上方向から見てるとジョイント金具で隠れて見えませんでした。

 ▼LGS-POPは逆立ち、ジョイント部を折った状態
 http://blog-imgs-42.fc2.com/r/o/a/roady/di13-01.jpg

 ▼LGS-POPは逆立ち、脱落防止イモネジ用の横穴
 http://blog-imgs-42.fc2.com/r/o/a/roady/di13-02.jpg

穴には何も残っていませんでしたが、ねじ山らしき部分はハッキリと見えます。

私の仮説だった『縦方向の支点の棒がネジ状に挿されていて、振動で緩んで真下に落ちた』というのは誤りだったわけです。 誤解を直すべき貴重な情報をありがとうございました。

実は走行中に突然脱落する心配をしていましたが、横方向のネジはジョイント部の接続面に穴があるため、走行中に横方向に抜ける心配はなさそうです。 イモネジが短すぎて支柱に届かない場合を除き、走行中に突然脱落をする事はないと思います。

いただいたコメントにより、自分だけでは気付かなかった事実(&誤解)が判明しました。 kasiさん、ありがとうございました!
 
2012/09/13(木) 20:59:09 | ゴードン | URL | [ 編集]

ルイガノLGS-POPのフレーム・ジョイント金具の不具合について、その後の報告です。
-----
ショップ(私が購入した所)に状況を報告したところ、4日後に返答
『販売元から部品が届いたので、装着をしてメーカーに確認をしたい』との事、同日にショップへ現車を持参。
(販売元とはショップへ自転車を下ろしているところで、日本の輸入代理店と想定されます(未確認))
-----
さらに4日後(土日を挟んだので販売元にとって1営業日後)
『取り寄せた部品を装着すれば、修理は完了する』との連絡を受けた。
当方からの申し出は『再び脱落するような部品は不安なので返品をしたい』旨を伝える。
対し、関西にある販売元へ現車を送って車体の点検をした上で回答するとのこと。
-----
さらに13日後。 現車をチェックした内容について回答を得た
 ▼▼
ジョイント金具の支点となる棒が脱落しないように横方向から挿入するイモネジがあるべきところ、そのイモネジが『最初から装着されていなかった可能性が高い』との事。
イモネジ用の穴には塗料が付着しているが、本来ならばイモネジを挿入する事によって自然と塗装が剥げるところ、塗装が剥げた痕跡がない。 よって、イモネジが最初から無かったと考えるのが妥当。
 http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/r/o/a/roady/di13-02.jpg

以上が、この故障に至った原因のようです。

返品要望について。
ショップを通した回答では、修理の上で納品(返品なし)が前提であった様ですが、「安全面に信頼性がないから返品したい点を販売元へ伝えてほしい」と申し出ると、これに反論する事なく聞き入れていただき、数時間後には返品を受理する旨の連絡をいただきました。
2012/10/02(火) 01:44:52 | ゴードン | URL | [ 編集]

(前コメント欄からの続き)
ここまでが、実際に行われたやりとりです。 ここに私の個人的な意見・感想を加えさせていただきます。

まず、ショップの方の対応にはとても満足しています。 当方の申し出はすべて聞き入れていただき、フィードバックが早かったです。

肝心の不具合箇所は、当初は『使用中(構造的には移動時にフレームが開いた状態)にネジが脱落するのは構造上の欠陥』だと思っていました。
しかし、調査の結果はネジを付け忘れであり、これは構造上の欠陥ではなく、作業上のミスによる可能性が高いことが分かりました。 そうであれば、この個体だけが初期不良品で、それ以外は正常品であろうと言えます。(ネジを忘れた個体が他にも存在するかもしれませんが)

これらに際し、ショップの方の対応は迅速で丁寧で満足がいくものでした。

本来はきちんと部品を装着すれば正常な状態で乗れるものであって、返品まで応じてもらわなくても問題がない案件だと思いますが、不具合を目の当たりにして安全面に信頼がないという感情を素に受け取っていただいた事をありがたく思いました。

自ら申し出たことが受理されたというのに、返品が決まったときは淋しい思いがしました。 いろいろ比べ、吟味した上で気に入って買ったものです。 短い間でしたが、LGS-POPは楽しい自転車でした。

ブログをご覧いただいている皆様にはお騒がせして申し訳ありません。 また、善処いただいたショップの方、販売元の方、ありがとうございました。
2012/10/02(火) 01:46:50 | ゴードン | URL | [ 編集]

ご報告有難うございました
ネジ1本でも命に関わるパーツですから、それを付け忘れたと
なると不信感も致し方なしですね。

私自身も初の折り畳み購入だった為、「一応」ルイガノブランドの安心感は選ぶ過程でそこそこ大きな要素でした。
多少なり裏切られた思いはありますね。お気持ちお察しします。
その分、販売店さんの対応が満足できるもので良かったです。

うちのPOPは取りあえず問題は無さそうですが、件のネジの存在は忘れないようにしようと思います(苦笑)。
2012/10/02(火) 23:47:43 | kasi | URL | [ 編集]

☆ kasiさん

過日は情報をいただきありがとうございました。 ご指摘いただいたネジの入れ忘れが原因だった様です。

作業ミスを目の当たりにし「名の通ったブランドなのだから、もうちょっと丁寧に作れないのか」という思いから商品に対する信用が持てなくなり返品を申し出る事にしてしまいました。 

同じ品をお持ちの方に不安を持たせてしまったら申し訳ないと思います。 個体の不具合からきた個人的な感情であって、LGS-POPが欠陥品というわけではありませんので、前向きにご理解をいただけると幸いです。
2012/10/04(木) 10:50:34 | ゴードン | URL | [ 編集]

参考になります
LGS-POPの記事を色々と拝見させていただきました。
自分も4月ごろこの自転車買ったのですが、ヘッドパーツの締め付けがゆるく2,3日乗ったらガタがきました。
自分は多少整備ができたので、締め直して点検して今は不具合ありませんが、ゴードン様のケースのようにネジの入れ忘れなどもあるというと安全性・信頼性には疑問がありますね……
2012/11/08(木) 20:51:58 | Sato | URL | [ 編集]

☆ Satoさん、ようこそ!

2~3日乗ったらガタというのは酷いもんですね。
パーツのどの部分がどうなったかにもよりますが、自転車というのは半完成で販売店へ納入されるものですから、製品自体が悪かったのか販売店の整備が不十分だったのか、どちらかなのでしょうか。

この作りの雑さは、Satoさんのようにご自身で自発的に点検・整備ができる方でないと、維持していくのは難しいのかもしれません。
 
2012/11/11(日) 14:47:28 | ゴードン | URL | [ 編集]

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。